2013 TREK 7.7FX(トレック 7.7FX)に試乗してみる。マドン3.1フレームをクロスバイク化した、高性能モデル。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > TREK > 2013 TREK 7.7FX(トレック 7.7FX)に試乗してみる。マドン3.1フレームをクロスバイク化した、高性能モデル。

2013 TREK 7.7FX(トレック 7.7FX)に試乗してみる。マドン3.1フレームをクロスバイク化した、高性能モデル。

DSCN3737.jpg
トレックのエントリーカーボンロード、マドン3.1のフレームをなんと
フラットバー化してしまった、クロスバイクですね。
クロスバイクをお探し中、これが目についたので試乗しました。


いや、夢のフルカーボンクロスバイクですよ。
元々カーボンロードのフレームなんだから、後日ドロップハンドル化す
れば、なんとロードになってしまうという……。

だから、ロード購入予定の場合でも対応出来るクロスバイクなんですよね。

(2011年にマドン3.1に試乗した事がありましたが、今回はクロスバイク目線で)


(感想 ほとんど、ロード)まあ当然過ぎる感想ですが、
走行性能はほとんどカーボンロードそのままでした。

ハンドルは若干クイックですが、常に路面状態を的確にとらえる事が出来ます。

(プレスフィットBB86なので、軽く登りを走ってしまう)
特に登りの軽さと、下りの機動力は通常のクロスバイクにはない走行性能ですね。
これなら、アップダウンが激しい路面でも対応出来るのでは。

(上級者向きか? 初心者向きか?)
多分、どっちもOK。
しっかりとした剛性のあるフレームなので、脚力がある方でもいける。
逆に、脚力のない方でもこのフレームならすいすい走れるのでは。

(走行安定性よりは、機動力重視)ぶっちゃけ、クロス
バイク離れした機動力。
特に、速度に乗ってからの運動性能がかなりやばい。
ゼロ加速も速いし、速度の乗ってから軽い脚力でどんどん前進してしまう。
はっきり言って、このクロスバイクは反則だと思う。
DSCN3724.jpg
コンフォートグリップを握りながら、トリガーシフトで変速する。
姿勢はまったりクロスバイクなのに、機動力がロードという反則めいた
性能。
路面からの衝撃は、相当レベル緩和されていた。

DSCN3729.jpg
テーパーヘッドチューブ。
ブレーキはキャリパーブレーキだったが、特に不安はなかった。
DSCN3723.jpg
DSCN3719.jpg
マドン3.1シリーズに採用されている物と同等のロードカーボンフレーム。
300 Series OCLV Carbon
なんだか、ロードに乗っている錯覚に陥る。
DSCN3722.jpg
フロント2枚のコンパクトクランク。
さすがにフロントトリプルではない。
フロント2×リア10=20速

DSCN3733.jpg
フロント2枚のコンパクトクランク。
さすがにフロントトリプルではない。
とはいえ、フレームが優秀なのですいすい登りを走ってしまう。
DSCN3730.jpg
やはりプレスフィットBBの恩恵が絶大で、ゼロ加速力やパワーがある。
この性能は、ちょっと通常のクロスバイクにはない走行性能。
DSCN3732.jpg
やはりカーボンフレームなので、衝撃吸収性が高い。
短時間でも、長時間でも相当身体への負荷が軽そうだ。
DSCN3721.jpg
街乗りには十二分な、ティアグラスペック。
DSCN3726.jpg
(感想)
遠乗りでもいけるし、街乗りでもOK。万能性が高いので、ぶっちゃけ何
にでも使えると思う。

やはりカーボンフレームの恩恵が絶大なので、あまり体に負荷をかけずにク
ロスバイクに乗りたい方にもお勧め。
プレスフィットBBなど、最近のロードバイクの性能をクロスバイク化してし
まった反則技なバイク。
わざと、万能性が高いマドン3.1をクロスバイク化したんでしょうね。
ずるい。これは高性能過ぎて、ずるいモデル。

ただし、うちのシクロクロスですら悲鳴を上げる程の、過酷な路面状況には多
分厳しいかなという気もした。
やはり舗装されていないと……うーん。

性能はいいだけどねえ。
【Sale】トレック TREK 7.7FX Tiagra 2015年モデル カーボン クロスバイク 56サイズ 10速 ブラック フラットバーロード

スポンサードリンク

2013年04月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する