ブルックスC17 Cambium非革サドル登場(天然ゴムとファブリック) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 自転車ニュース > ブルックスC17 Cambium非革サドル登場(天然ゴムとファブリック)

ブルックスC17 Cambium非革サドル登場(天然ゴムとファブリック)

CAMBIUM.jpg
英国サドルメーカー・ブルックスから、今までにない新しい非革のサドルが
出るそうですね。
C17 Cambiumという名称だそうで、なんと天然ゴムとオーガニックコット
ンからなるファブリックで構成されるそうです。

皮の代わりに、天然ゴムと生地で代用するという試みですか。
しかも全体的に、防水処理を耐久性を強化。
デザイン的に古典的要素を保持しています。
ブルックス純粋主義者は失望するかもしれませんが、牛さんは
手を叩いて喜ぶでしょう。
そうか、世界的な流れにそったサドルという事でしょうか。

1366370785666-1dsmnujl1i2cy-280-75.jpg
1366370785654-14xz5gsy3pqz-360-70.jpg
手入れも少なくて済みそうですし、重量も牛革に比べて抑えられる
のでしょうか?
だとしたら、ミニベロと結構相性が良いかもしれません。

例えばブロンプトンにブルックスを採用すると、重量が増してしまう
場合がありますし。
見た目の愛称はいいんですけどね。

cambium4.jpg

硫黄で処理された天然ゴムが裏地なのでしょうか。
新製品C17は全てがブルックスにとって新しい試みだったそうです。
cambium3.jpg

これは綿カンバス? 
もっと柔らかいレトロな印象だったのですが、デザインはシャープなのでしょうか?
いずれにしても、6月17日が楽しみです。

ブルックス22
RUDER RAD City GL

ブルックスって、アーティストや建築家などと組んで色々な試みに挑ん
でいたりもするんですね。
もっと保守的なメーカーかと思っていましたが、なかなかアグレッシブ
ではないですか。

WELTRAD Original Damen
このあたりは世界の市販車に採用されたブルックスです。
RALEIGH USA Clubman
RALEIGH USA Clubman
さすがにラレーも米国の場合、雰囲気が異なりますね。
ブルックスサドルで、全体のデザインを締めているのかな。
RALEIGH GERMANY Devon
なんと、ドイツラレー!
独逸と英国が融合すると、こうも大人のデザインになるのですか。
バニアバッグが、やばすぎです。
MERCIAN Paul Smith
MERCIAN Paul Smith
ポールスミスのロードにも使われていたのか……
KOGA SIGNATURE KS-TR 28
ブルックスって世界中で実用的に使われていたりするんですね。
いいなあ。
B17 STANDARD SBROOKS(ブルックス)

スポンサードリンク

2013年05月29日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する