2014 LOUIS GARNEAU LGS-MVTI R (ドロップハンドル) チタンフレームミニベロの詳細について続報 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 2014 LOUIS GARNEAU LGS-MVTI R (ドロップハンドル) チタンフレームミニベロの詳細について続報

2014 LOUIS GARNEAU LGS-MVTI R (ドロップハンドル) チタンフレームミニベロの詳細について続報

img61879393.jpg

今度ルイガノから、LGS-MVTI-Rというチタンフレームを使った
ミニベロモデルが出るじゃないですか? という記事を書きましたよね。
その際この様なコメントをいただきました。


これ、チタニアのミニベロモデルがベースでは無いでしょうか。
チタニアの会社が製造請負ならば加工の難しいチタンでこれだけの溶接
の綺麗な処理も納得がいきます。
チタニアのものとフレームセットの価格も似通っていますし。



そういえば去年サイクルモードで、チタニアのブースにお邪魔
したのですが。


メーカーの方は、ユーザーに積極的にPRしていましたし。
同時に、このチタン系モデルを作れるという技術力を他社のメーカーにもP
Rしていたっけ。
(多分チタニアを、取り扱いしてくれるメーカーを探していたのだと思う)
自分なりに、高品質なチタンモデルを作るメーカーという印象を受けました。



ま、現時点で本当にチタニア製かどうだか分りませんが。
本当にチタニア製フレームだとしたら、今回のルイガノチタン系ミニベロモデルは
、ルイガノの皮を被った大阪発チタンミニベロという事にもなるのかな。

(ちなみにチタニアは大阪のチタン専門メーカーです。チタン加工
にかけては、かなりの技術を持った企業様らしい)
img61879401.jpg
ハンドルバー IDX FULL CARBON
ブレーキレバー SHIMANO 105
シフター SHIMANO R460
img61879400.jpg
なるほど。ハンドルもフルカーボンだったのか……。
さすが、重量8.0kg。
img61879398.jpg
やっぱりこのヘッドバッジが大変かっこいい!
結局なんの素材で出来ているんだろう?
img61879399.jpg
見た目通り、フロントフォークはカーボン。
しかもホイールサイズは451でいくんですか。
フロントフォークがハの字に、ベントしているのも衝撃吸収性を
持たせる為だとか。
img61879396.jpg
ブレーキ IDX ALLOY CALIPER
img61879397.jpg
それにしても、何度見ても美しいチタンフレーム。
(フレーム 3AL-2.5V TITANIUM DB)
型番を調べてみたのですが、なんと航空機用チタンと同じ材質なんですよ。
航空機用のチタンなんて、本当に高品質なのを使用しているんですね。
img61879395.jpg
クランク SHIMANO 105 52/39T
シフト 105 11-28T 20speed
フロントディレーラー シマノ105
リアディレーラー シマノ105

ベントさせたシートステイとカーボンフォークの相乗効果により、
衝撃か吸収され長距離のライディングに強い。
しかも451ホイール。こいつは走りそうだ。
img61879394.jpg
シートポスト IDX CARBON 27.2MM(300mm)
LGS-MVTI Rって、チタンフレームとカーボンパーツのハイブリッド
ミニベロモデルでもあるのか。
img61879402.jpg
この展示モデルって、何度か試走した形跡がありません?
チタンミニベロモデルが気になって、みんな試乗したんだろうなあ……
うん、うん、分かる、分かる。
こんなモデルが目の前にあったら、誰でも乗りたくなりますよ。
【2014モデル/ご予約受付中】LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-MVTI-Rチタニウム小径車・ミニベロ【送料プランC】【RCP】

スポンサードリンク

2013年10月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する