2014 KONA WOファットバイク試乗体験インプレ これがアルミフレーム版FAT BIKEか!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KONA(コナ) > 2014 KONA WOファットバイク試乗体験インプレ これがアルミフレーム版FAT BIKEか!!

2014 KONA WOファットバイク試乗体験インプレ これがアルミフレーム版FAT BIKEか!!

DSCN9098.jpg
今度はKONAのファットバイクに試乗してみました。

2.6X4.0という極太タイヤを採用。しかも6061アルミフレーム版です。
こっちは、少しコンパクト感があります。
クロモリフレームSURLY MOONLANDERと同じタイヤサイズですが、全然乗り味が違うんですよね!

FAT BIKEはどのモデルもあまり乗り味が変わらないと思いこんで
いたら逆で、どのモデルも極端に性格が違うんですよ。

このKONA版は、直進性が強烈でした。SURLY MOONLANDERはもう
少しおおらかな感じでしたけど。

まあ、走行中はのっしり爆音を立てながら、ゴゴゴゴゴゴゴゴっ! 
と戦車みたいに驀進していくんですけどね。
DSCN9099.jpg

ハンドル幅は、SURLY MOONLANDERに比べてコンパクト。
(これだけ巨大なのに、ファットバイクと比較するとコンパクトと
いう単語が出てしまうのだから恐ろしい)
どちらかというと、KONAのモデルの方がクロスバイクに近い
操作性がある気がしました。
実に以外でしたけど。
DSCN9102.jpg
フロントディレーラー SHIMANO SLX
クランクFSA ALPHA DRIVE 36/24T
慣れていないからかもしれないけど、速度に合わせて頻繁に変速操作
をする機会が多かった。
ギア比ごとに、走行性能が巨大に変化していくダイナミックさがある。

ま、普通にコナのファッティバイクも、雪なんか平気で走破してしまう
頼もしさがある。
DSCN9101.jpg

アルミフレーム版のFAT バイクは、アルミならではの推進力が直に発揮される。
なんか戦車みたいな、攻撃的かつ鋭いイメージ。
対して、サーリーのクロモリFAT バイクば、クロモリならではの大らかさが
前面に。
トラクターとかブルドーザーみたいだった。
クロスバイクやロードよりも、フレームの材質のせいで性格が極端に変わる。
なんども言うけど、実に意外だった。
DSCN9100.jpg
ブレーキ TEKTRO メカニカルDisc
タイヤ VEE RUBBER MISSION 26 X 4.0
操作性に関しては、特に難しいという感覚はなかった。普通にクロス
バイクに乗れるなら、すんなりこのモデルも乗りこなせるのでは。

なんだか走っていて、あまりに直進性が強烈だったのでふとフェルト
のクロスバイクに似ているかな?とは思いましたけど。
結構生真面目な走行性能を持ったバイクなんですね。
DSCN9097.jpg
ぶっちゃけ、15万程度でここまでファッティバイクが楽しめるとは思わな
かった。
MTBとは完全に別世界なバイクなんですね。

舗装路では見た目よりも軽やかに走れるので、ファッティバイクの入門
用にも最適だと思う。

とはいえ、やはり一度雪の上とか、氷上をコナのファッティバイクで爆走し
てみたいのですよね。
ただ、デザイン的にはブラックでちょいと街乗り向きかな? という
気もする。
KONAブースでも男女共に一番人気だった様で、もしかしたらこれはくる
かもしれませんよ。
2014モデルKONA(コナ)WOファットバイク

スポンサードリンク

2013年11月22日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する