2014 STORCK VISIONER G1 アルミフレームながら、フルカーボンフレームやクロモリフレームを超えた快適性 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > STORCK > 2014 STORCK VISIONER G1 アルミフレームながら、フルカーボンフレームやクロモリフレームを超えた快適性

2014 STORCK VISIONER G1 アルミフレームながら、フルカーボンフレームやクロモリフレームを超えた快適性

DSCN8964.jpg
DSCN8965.jpg
STORCK VISIONER G1

ドイツSTORCKのアルミモデルSTORCK VISIONER G1
アルミモデルと一言で書きましたが。
溶接部が大変滑らかで美しいのですよ。スタッフ様に聞いてみたら
アルミフレームながら極限までカーボンフレームに近付けたモデル
だそうです。

アルミフレームながら、あまりに美しいので思わず試乗しました。

(試乗した感想)
??????????????
おおおおおおおおおお????????
今回試乗コースを一周したのですが、初めて一周してからコースを
出ました。
「アルミ???? これアルミフレームだよね??? あれ???」
もしかしてカーボンフレームと勘違いしてしまった? と思って
急いでコースの外でフレームを確認。
DSCN8973.jpg

あれ? 確かにアルミフレームだ……
ちなみにフレームは7005 alloy tubing スローピングトップチューブジオメトリー
DSCN8979s.jpg
ケーブルは内臓式

(異常過ぎるというか、どこか狂った魔法の様な快適性)
快適性が高すぎて、まるで綿で出来た弓矢のような乗り心地。
カーボンに近いというより、試乗中「カーボンだっけ?」と何度も自問
してしまった。

もちろん異常過ぎる快適性の中に、アルミならではの剛性が隠れて
いるとは思う。

アルミフレームにしては滑らか過ぎるので、どうレビューしていいのか
戸惑ってしまった。
DSCN8976.jpg
BBはPressFit 86.5 mm

BB付近の溶接具合を見て驚愕しました。
昔、私が大学の研究室で扱っていた真空検査機器と同クラスの丁寧かつ
精密な溶接。
確かこういう溶接を出来るのは日本でも、数少ない技術者しか
いないはず。
あの真空検査機器に施してあった溶接跡と同じだ……半導体製造装置
じゃあるまいし。
これは凄い。

このフレームの溶接をしたのは誰なんだろう?? 台湾?ドイツ?
凄い腕だ……。
自転車に関係ない話ですいません。
DSCN8966.jpg
ヘッドチューブ,  1-1/8" integrated headset
ギアシフト方式も機械式、エレクトロニック(Di2)両仕様対応
DSCN8968.jpg
どうもフレームやフォークを見ていると、アルミフレームながら
エアロ性能と快適性にこだわりぬいたモデルだと思う。
DSCN8969.jpg
DSCN8970.jpg
DSCN8971.jpg
完成車モデルではなく、フレーム売りの様です。
105スペックでした。
DSCN8982s.jpg
シートステーが平手打ち麺というか、きしめんみたいだ。コンフォートシートステイだそうで。
あの異様な快適性はここからきているのかな。
ぶっちゃけ、VISIONER G1の快適性はクロモリフレームやコンフォート
フルカーボンフレームと勝負出来てしまうと思う。
【Sale】STORCK ファシェナリオ0.7 FASCENARIO 0.7 フレームセット 2014年 47サイズ カーボン シートクランプ部分カーボン欠け

スポンサードリンク

2013年12月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する