2014 COLNAGO WORLD CUP SL(ワールドカップSL) デザインはイタリア国旗をイメージ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > COLNAGO(コルナゴ) > 2014 COLNAGO WORLD CUP SL(ワールドカップSL) デザインはイタリア国旗をイメージ

2014 COLNAGO WORLD CUP SL(ワールドカップSL) デザインはイタリア国旗をイメージ

img61822598.jpg
2014 COLNAGO WORLD CUP SL(ワールドカップSL) 

コルナゴのアルミシクロクロスモデル、COLNAGO WORLD CUP SL
いつ見ても担ぎやすそうなアルミフレームですよね。
フレームも丸型から、多角形になり剛性や堅牢性もパワーUP。
その上200gの軽量化にも成功。
(極太のフレームになったなあ……と思ったら軽量化にも成功している)

ホイールCOLNAGO ARTEMIS CW28 ALU
img61822599.jpg
タイヤKENDA 700X32C
リムとタイヤがオールブラックでカッコいい。
リムをいくらか高くして、泥に埋もれない為の計算もしている。
平地を走った際、32Cというボリュームを生かして衝撃を
和らげる効果も。
img61822602.jpg
もう見ただけで、肩で担いで下さいと言わんばかりの形状。
気象条件や地形などに左右されず、担いで走る事が出来る訳です。
さすが、シクロクロス競技を前提に設計されているだけはありますね。

ディスクブレーキも率先して、採用していたメーカー様だから当然の
様に搭載。
ディスクブレーキ化する事で、リアのエンド幅を自由にコルナゴ側
で設定(ディスク化する事でリアのエンド幅が130mm→135mmへ)
出来る様になった点も大きいと思います。
ホイールはコルナゴオリジナルのディスクホイール。
img61822607.jpg
シフター Shimano 105

シクロクロスモデルなので、剛性を高めてきた事は良く分かります。
軽量化を頑張った理由は、やはり担いだ際に体の負荷を軽くしたい
為。
コンポも105を採用し、やはりシクロクロス競技を意識したコンポ
構成になっています。

img61822606.jpg
クラブエンブレム&世界選手権チャンピオンを表す5色のレインボーライン
img61822604.jpg
ハンドル DEDA RHM EL
ステム DEDA EL
img61822605.jpg
ブレーキ AVID メカニカルディスクブレーキ

フォークWorld Cup Carbon
おお、ここにもイタリア国旗のカラ―をカーボンフォークに
あしらっています。
img61822603.jpg

軽量アルミロードストラーダSLと同じ、COLNAGO スーパーライトアルミ
をフレームに採用。
2014年モデルから多角形になっている。
ちなみにトップチューブにイタリア国旗をイメージしたカラ―デザイン
を施している。何気にデザイン性も高いシクロクロスモデル。

img61822601.jpg
img61822600.jpg
クランクFSA CK-C4001SS 46/36T
スプロケットSHIMANO 105 10S 12-25T
フロントディレーラー Shimano 105
リアディレーラー Shimano 105 10Speed
img61822608.jpg
担ぐ事まで本気で考えた軽量フレームか。ホイールが泥に埋もれた場合まで
も想定しているんだから、さすが競技用ですね。
28Cサイズのスリックタイヤを装着して、街乗りしてもこれだけデザインが
優秀なんだから面白そうじゃないですか?
【表示価格より割引!価格はメールにて】2014モデルWORLDCUP SL105(ワールドカップSL)COLNAGO(コルナゴ)シクロクロスバイク【送料プランC】【02P02Mar14】

スポンサードリンク

2014年03月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する