Calamita Due 軽量化を優先させたパーツ構成のおかげで、重量8.9kgを達成 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Calamita(カラミータ) > Calamita Due 軽量化を優先させたパーツ構成のおかげで、重量8.9kgを達成

Calamita Due 軽量化を優先させたパーツ構成のおかげで、重量8.9kgを達成

img62787770.jpg
なるほど、これが購入の際「奥様を説得し易い」10万前後と
いう価格帯を狙った「Calamita DUE」ですか。

(デザインや、走行性能もそうだけど、特にCalamita DUEは
奥様や相方を納得させる価格帯を重要視したそうだ。
確かに9万とか10万なら説得し易い。40万~50万だと、発狂
する奥方も多かろう)

コンポはシマノSORAとDIA-COMPE(ダイヤコンペ)製のWレバーで
変速操作します。

重量はクロモリながら、8.9kg!! これは10万クラスでここまで
軽いクロモリはちょっと凄いですね。
アルミでも、10万そこそこで8kgって至難ではないですか。
開発の際、以下にこの8kg台を実現するか、1つ1つパーツを吟味
し、悪戦苦闘してこの形になったらしい。

とりあえずロード重量8.9kgで、予算10万前後のクロモリモデル
をお探しならこのCalamita DUEって選択肢も面白いですよね。

まず、コンポありきでCalamita DUEを設計したのではなく、
Tig溶接を施したクロモリフレームと、軽量化及びデザインを優先
させた上で、このコンポが設定されたという点が面白いです。
img62787768.jpg
実際ブレーキレバーやWレバーなどにDIA-COMPE(ダイヤコンペ)製
を採用しているおかげで、デザイン的にも良質ではないですか?

まずコンポありきで、それからフレームたデザインが設計された
他社のモデルとはちょっと開発工程が違うのでは。
img62787767.jpg
このロゴはU字磁石と、方位磁石を組み合わせたもの。
Calamitaに乗って旅を! という意味だとか。
確かに、時速30km前後でのんびり流すのに向いている
かもしれない。
img62787760.jpg
軽量化の為に、カーボンフォークを採用。
とにかく重量8.9kgを達成する為に、あらゆる手段を
とっているクロモリロード。
img62787766.jpg
img62787765.jpg
DIA-COMPE(ダイヤコンペ)製のWレバー
細かい所で、国内パーツメーカーの製品を楽しめる。
img62787764.jpg
フレームやカーラーリングを、シマノソラに上手く融合さ
せている点に注目。
リアディレーラーがブラックだから、フレームも似た様な
カラーリングになったのだろうか。
クランクセット50/34T コンパクトクランク
img62787763.jpg

img62787762.jpg
アクションスポーツが開発するパーツブランドacor
のオリジナルサドル。
軽量サドルを用意しています。
img62787761.jpg
img62787769.jpg
リアディレ-ラー シマノSORA
ブラックとシルバー、ホワイトのカラーリングを楽しめる。
img62265876.jpg
マットブラックはブラックとレッド、シルバーの配色。

Calamita argentoは手間がかかるラグ溶接路線ですけど、
CalamitaDUEはTig溶接。むろん軽量化の為の、カーボンフォーク路
線は継続。

走行性性能は、やはり「軽さ」が前面に出ているクロモリモデルな
んですよ。
シルキーさや、乗り心地重視に徹したクロモリとは違い、「軽さ」
が後から効いてくるモデルだと思います。
むろん快適性も兼ね備えているのですが、走行中クロモリフレー
ムの「重さ」を感じさせない点はやはり凄いですよね。
【P最大20倍セール中!】Calamita(カラミータ)Calamita due(カラミタ ドゥエ)カラー:クリアホワイトクロモリロードバイク【送料プランC】

スポンサードリンク

2014年05月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する