海外でのDAHONモデルにおいて、ベルトドライブ採用モデルがテスト&販売されている。(魅惑のDahon Spainモデル「 Dahon Mu Rohloff」紹介) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > DAHON ダホン > 海外でのDAHONモデルにおいて、ベルトドライブ採用モデルがテスト&販売されている。(魅惑のDahon Spainモデル「 Dahon Mu Rohloff」紹介)

海外でのDAHONモデルにおいて、ベルトドライブ採用モデルがテスト&販売されている。(魅惑のDahon Spainモデル「 Dahon Mu Rohloff」紹介)

dahon_IMG_6626.jpg

先日紹介した2015 Dahon Clinch(海外発表モデル)についてですけど……。
どうも前々から、ベルトドライブ化のテストが行われていたみたいです。
ベルトドライブにする事により、低メンテナンス化低コスト、高耐久性を
狙っているのでしょうか?
最近ベルトドライブを搭載したクロスバイクが増えているけど。
その流れが、ミニベロにも来ているのかな。
dahon_IMG_6628.jpg
ちなみにドライブトレインは、米国ゲイツ社のカーボンベルトドラ
イブをテスト的に採用している。
軽量だし、静音性もあるから街乗り目的のミニベロにはうってつけ。

それをLockJawシステムを採用した、クリンチフレームと組み合わ
せたんですね。

なんか恐ろしくシンプルな、フィールディングバイクに仕上がって
います。
むむ、こういう感じになるのか。

同じデ・ローザのカーボンベルトドライブ搭載クロスバイクモデル
とは雰囲気が違う……全然違和感がない……。

ちなみにベルトドライブとは関係ないけど、次期2015モデルダホンク
リンチのシートステー部って、まるでロードみたいですね。
ここだけ見ているとまるで、アルミ系ロードではないですか。
あえて、モノステーなんだ。
思わずクリンチの走行性能に期待してしまう。
dahon_IMG_6625.jpg
フォークからフレーム、ステムへ繋がる部分がつるつる。
こんなに滑らかだとは思わなかった。
ダホンクリンチって、とことんノーレバーなんですね。
1024px-Moulton_TSR2_01.jpg
よくよく考えたら、英国モールトンも以前からベルトドライブシ
ステムモデル出していたっけ。

このモールトンTSR-2は、スタメアーチャー内装2段変速にコー
スターブレーキをベルトドライブに組み合わせています。
あとそうそう、ストライダもベルトドライブでした。

ベルトドライブを採用しているモデルが水面下で増えているん
だな……。
7662_200127990164554_1072539227_n.jpg
このダホンモデルは、日本で未発売の「 Dahon Mu Rohloff」
(スペイン販売モデル)です。

ダホンスペイン! スペインのダホンモデルか!
今さらながら、スペインにもダホンって進出しているんです
ね。
ハイパワーなペダリングにも耐えられる様に
米国ゲイツ社のカーボンドライブを採用。


ブレーキ部はなんとマグラMT6油圧ディスク!
マグラのディスクブレーキと、カーボンベルトドライブとい
う魅惑の組み合わせ!

長距離トレッキングや小旅行に使えるそうだ。
やはり旅用と言う事で、低メンテナンスなベルトドライブを
組み合わせたのでしょうね。

折り畳みモデルながら、高い耐久性と比類のない乗り心地が
特徴だそうです。

Dahon Mu Rohloff日本仕様モデルが発売される可能性も
ゼロではないと思うので、2015年モデルに期待してしまう。

しかし、ベルトドライブってこうしてみるとなかなかカッコ
いいですね……
折りたたみ自転車 ダホン DAHON 2019 Clinch D10 /クランチD10 /期間限定ポイント10倍!!

スポンサードリンク

2014年05月11日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する