これが噂の海外ダホン電動アシストモデル Dahon Ikon Electric(ダホンイコンエレクトリック)って奴ですか! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > DAHON ダホン > これが噂の海外ダホン電動アシストモデル Dahon Ikon Electric(ダホンイコンエレクトリック)って奴ですか!

これが噂の海外ダホン電動アシストモデル Dahon Ikon Electric(ダホンイコンエレクトリック)って奴ですか!

i07.jpg
うおおお、これが噂のDahon Ikon Electricって奴ですか!
海外でのダホンブランドにおいて、現在電動アシストモデルが存在す
るのですよね。
過去パナソニックに電動アシストフレームを供給していた経験からか、
DAHONは電動アシストや電気機器のノウハウを持っているフォールディ
ングメーカーなのですよ。
なにが凄いかって、このダホンイコンエレクトリックは他のダホン
モデルと比べてもまるで見た目が同じという点ですね。
(それなりに、電動アシストモデルなので重量そのものは増しているけど)


しかしよくよく見てみると、重量のあるモーターはフロント部、同じく
重量のかさむバッテリー部はリア部に配置。
前後に重量系アシストユニットを効率良く配置している。
i06.jpg
うわ、ディスプレーが普通にかっこいい!
周囲が暗くなると、各コントリールボタンが自動点灯する機能が付い
ているそうだ。
(変速は右側のツイストシフターで行う)
i05.jpg
フロントに36V250ワットのモーターを搭載。
クイックコネクターが付いているけど、これは前輪を取り外す際に使用する
のかな?
i01.jpg
電動アシストユニットにTranzX PSTを採用。
バッテリーはリアラック部。
ディスプレー、バッテリー、モーターを効率よく分散して
配置する事に成功したそうな。
ちなみにフレームはDAHON Mu P8の変形版。
そのおかげで、価格を合理的に抑える事にもなった。
i04.jpg
リアディレーラーは Dahon Neos 8速仕様。
スポーツと言うよりは、都市部の走行を想定しているそうな。
i03.jpg
Dahon Ikon Electricnの強みは、DAHON Muシリーズよりも
コンパクトボリュームサイズに折り畳み出来る事にある。
(その点はどうかな? と言う気もするが)

イコンのバッテリーはリチウムイオン電池36V 8.8Ah。
街乗りや道路などで55km~90km程度の範囲を走破出来る。
i02.jpg

他のダホンモデルと、このダホンイコンエレクトリックの一番の違いは、
電動アシスト自転車に必要なケーブル類を、フレーム内に内蔵している
点にあるそうです。
そうか、通常のフォールディングモデルに比べてケーブル類が増えてしま
ったので、電気系統のケーブルを内蔵しちゃったんですね!

なんというスタイリッシュな配線!
配線萌えって奴ですか?
まさか、ケーブルのかっこ良さにやられるとは思わなかった。


Dahon Ikon Electriの仕様
フレーム、フォークはアルミ製。
ブレーキはVブレーキ
街乗り、アーバン、ツーリングに対応。
身長193cmまでOK
20インチホイール(406)
タイヤ20×1.75
重量21.2kg
クランク 52T
リアディレーラー NEOS 8SPEED
カセット 11-32T

うわっ! 21.2kg! これはさすがに、重そう……。
駅などで折り畳んだ際、どうやって運搬するかが勝負
になるかな。
実際は、車などに積載する事になりそうですね。
TERN ターン 2019年モデル VEKTRON S10 ヴェクトロンS10【折りたたみ自転車】BOSCH製ユニット搭載電動アシスト [完成車]《P》

スポンサードリンク

2014年05月13日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する