めでたい事に、2015年モデルもフルカーボン&油圧ディスクのLGS-RSR LEが継続して出るそうです!! しかもリア11速化!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > めでたい事に、2015年モデルもフルカーボン&油圧ディスクのLGS-RSR LEが継続して出るそうです!! しかもリア11速化!!

めでたい事に、2015年モデルもフルカーボン&油圧ディスクのLGS-RSR LEが継続して出るそうです!! しかもリア11速化!!



imgrc0063497623.jpg
ルイガノが総力を挙げて開発したフルカーボンクロスバイク、
LGS-RSR LE。
めでたい事に、2015年モデルも継続して出るそうです!!

しかも、、とうとうリア11速化している!!!
新105を採用してきたか!!
リア11速カーボンクロスバイクな上に、シマノ油圧ディスクまで採用したモンスターモデル!!

ルイガノ内でも、秘中の秘みたいなクロスバイクで、とうとうサイクルモードや他の展示会
では、試乗車として出てこなかったんですよ。
アルミフラグシップのRSR-1はよくお披露目されるのですが。

(どういう訳か、ルイガノカーボンクロスバイクって滅多に試乗車としてお披露目されない。
例のチタンモデルは積極的に展開してくれるのですが)

ボトムブラケットも BB30なんぞを採用して、かなかなのパワーのあるフルカーボンクロス
バイクなのでは?
imgrc0063497622.jpg
ハンドル ALLOY CARBON FLAT
imgrc0063497620.jpg
油圧ディスクブレーキ レバーはBL-M445みたいですね。
2014年モデルみたいにSLXじゃなくなったのかな?
いずれにしても、8.6kgの軽量クロスバイクに、油圧ディスクブレーキ
なんて、オーバースペック。
いいんだろうか? 
贅沢すぎる……クロスバイクもディスク化が進んでいる印象。
imgrc0063497614.jpg
カーボンフレームはマットクリア塗装。
てかてかしていない、大人の仕上がり。
なんかリッツとかハイアットとか外資系ホテルの玄関に普通にありそうな
高級感。
imgrc0063497621.jpg
上下異径ヘッドか……しかもBB30だから仕様は、ミドルグレードクラスの
ロードと同様のスペック。
imgrc0063497619.jpg
imgrc0063497618.jpg
imgrc0063497617.jpg
リムにはエアロな60mmハイトのアルミディープリム。
やっぱりディスクブレーキ採用を採用しているので
リムのデザインにも自由度が増しています。
Vブレーキなら、こうはいかなかったかな。
imgrc0063497616.jpg
ケーブルは内臓(インターナル)しかもあくまでクロスバイク専用の
カーボンフレーム設計ですからね。
imgrc0063497615.jpg
クランクSHIMANO NEW 105 50/34
シフトSHIMANO NEW 105 11-28T 22speed
フロント&リアディレーラー SHIMANO NEW 105

油圧ディスク&5800系新105のコラボというだけでも
ちょっとやばいクロスバイク。
それでも
重量を8.5kg台まで抑えているんですから。
imgrc0063497613.jpg
imgrc0063497611.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700 X 23c
imgrc0063497612.jpg
シートポスト CARBON 31.6mm


そういえば全然話は違うけど、LGS-RCNというフルカーボン新105
スペックのロードが定価19万クラスとういう、スーパーリーズナブ
ルな価格帯らしいですね。

割とカーボン系も2015年モデルの場合充実しているのかな。

あと、どうしてもルイガノ系クロスバイクの場合、4~5万円クラスのモデ
ルに目が行きがちですが。
高級上位モデルの場合性能がまるで違ってくるので、チェックしてみる
となかなか面白いですよ。
中身が全然ちがいますから。
【エントリでP最大3倍(10/19 10時まで)】 【2015モデル 】LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-RSR LEカーボンクロス・スピードバイク【送料プランC】

スポンサードリンク

2014年10月18日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する