2015 GIOS LESTA   ジョブインターナショナルが円安対策を有効に打っているおかげで、新105仕様ながら、15万円台をキープ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス) > 2015 GIOS LESTA   ジョブインターナショナルが円安対策を有効に打っているおかげで、新105仕様ながら、15万円台をキープ

2015 GIOS LESTA   ジョブインターナショナルが円安対策を有効に打っているおかげで、新105仕様ながら、15万円台をキープ



imgrc0063406274.jpg
2015 GIOS LESTA は、7005系アルミフレームに問答無用でシマノ製
コンポとホイールで固めたアルミロード。
リア11速フル105スペックに、ホイールにはSHIMANO WH-RS31を採用。
(このあたりのパーツ構成は、ジョブインターナショナルの意地ですね)
imgrc0063406263.jpg
シフトレバー シマノ 新105

ここ最近一環して105スペックを意地で採用している、良心的な名アルミ
モデル。

6061系アルミフレームではなく、あくまで7005系ダブルバテッドなので
重量を8.8kgに抑えています。

BBはJIS規格のネジ切り
SM-BBR60 ボトムブラケット(シマノアルテグラ) JIS-68mm

サドルはセライタリア製。
価格は15万円台ですが、ほぼパーフェクトに105スペックを実装して
いるピュアなアルミロード。

一見普通のアルミフレーム形状に見えますが、ダウンチューブがエアロ
形状になっていたりします。

初めてアルミロードを乗る方でも、出来るだけ良質なパーツ構成を!
というのがコンセプト。

ジョブインターナショナルが円安対策を有効に打っているおかげで、価格も
フル新105仕様ながら、なんとか15万円台を維持している。

最近は11~12万でリア11速アルミロードが手に入りますが
クランクがShimano RS500だったりやブレーキがテクトロだったりと
コストダウンの跡があるんですよね。
imgrc0063406273.jpg
エアロ効果を体感できるリムハイト30mmのエントリーホイールセット 
SHIMANOO RS31を採用。
ドライブトレインからホイールまでシマノ製で固めている。
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700X25C
imgrc0063406270.jpg
ブレーキ 新105 SHIMANO BR-5800

imgrc0063406271.jpg
GIOS ORIGINAL CARBON FORK(コラム部分はアルミ)
imgrc0063406268.jpg
丸型トップチューブ後部にLESTAのロゴ入り。
7005系アルミの溶接面も実に滑らか。
imgrc0063406266.jpg
トップチューブはエアロ形状
クランク SHIMANO FC-5800 50/34 L170mm
フリーホイール SHIMANO CS-5800 12-25T
フロント&リアディレーラー SHIMANO FD-5800
imgrc0063406265.jpg
サドルはジオスロゴ入り。(セライタリアSL)
imgrc0063406264.jpg
GIOS LESTA は見ての通り、クランクやブレーキにいたるまで新
105なので、やはり安心感があります。

やっぱりジョブインターナショナルは円安対策を有効に打っているお
かげで、大幅な価格上昇を抑えているとは思うのですが。
リア10速時代の2013年モデルと比べても、販売価格の大幅な
上昇を抑えていると思いますし。
imgrc0063396388.jpg
また以前紹介したけど同じジョブインターナショナルが取り扱う
アルミロードBASSO MONZAなら、フル105&ホイールSHIMANO WH-RS010
を実装して、14万円台で購入可能。

フル105のアルミロードとしては、格安の部類に入ると思うので
お探しの際は頭の片隅に置いておくと、他社のモデルとの比較を
し易いかもしれません。

【マラソン+P最大6倍(2/12 2時まで)】2015モデルGIOS(ジオス)LESTA(レスタ)アルミロードバイク【送料プランB】【02P08Feb15】

スポンサードリンク

2015年02月11日 トラックバック(0) コメント(1)

このコメントは管理者の承認待ちです

2015年02月12日 編集












管理者にだけ公開する