2016 Bianchi Specialissima (ビアンキ スペシャリッシマ) 新型超軽量ヒルクライムモデル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2016 Bianchi Specialissima (ビアンキ スペシャリッシマ) 新型超軽量ヒルクライムモデル

2016 Bianchi Specialissima (ビアンキ スペシャリッシマ) 新型超軽量ヒルクライムモデル



bianchi_17_670.jpg
2016 Bianchi Specialissima

これが、2016年新型ビアンキロード「スペシャリッシマ」ですか。
超軽量ヒルクライムモデルで、フレーム重量は780g!

そういえば、ビアンキカーボン仕様のクライムモデルって、ここ最近
出ていなかったよな……とうとう出るんだ。
これで、オルトレなどのエアロロードと共に、クライムモデルが加わる
事になるのか。
DSCN6548hijodsfgd.jpg

しかも上画像のビアンキ最強の傑作機「インフィニートCV」の
振動除去システム、「Countervail®(カウンターヴェイル)」
を新型スペシャリッシマにも、採用しているらしい!
(しかもスペシャリッシマ専用に進化したカウンターヴェイルだとか)

よし!よし! やった!
あの滑らかだけど、全然パワーが減らない衝撃吸収システムが
とうとう新型ヒルクライムモデルにも採用されるんだ!

FUJI ALTAMIRAもそうだったけど、最近のヒルクライムモデルはかなり
衝撃吸収性が強化されているのに、圧倒的な剛性を有した平地でも
バンバン使える優秀なモデルが増えつつありますからね。
これは、かなり期待してしまう。

bianchi_13_670.jpg
bianchi_05_670.jpg
なるほどなあ。Bianchi Specialissimaのフレームのカーボン層に、
Countervail®(カウンターヴェイル)のカーボン素材が埋め込ま
れているという事か。

なるほどなあ。Bianchi Specialissimaのフレームのカーボン層に、
Countervail®(カウンターヴェイル)のカーボン素材が
埋め込まれているという事か。

さすがに乗らなきゃ分からない部分が多いかもしれないけどインフ
ィニートCVの圧倒的なパワーを、「スペシャリッシマ」が引き継い
でくれたら嬉しい。
bianchi_24_670.jpg
登りも強いが、同レベルの軽量ロードよりもレーシングマシン
として、スペシャリッシマが優れているとか。
カンパニョーロスーパーレコードEPSで6.19kg。
bianchi_12_670.jpg
ケーブル類は、完全にインターナル。
ヘッドは上下異形タイプ。
スペシャリッシマの矢じり形状のヘッドは、TTモデルAQUILA CV の形状が応用されている。
エアロ形状も考慮されているのか……。
bianchi_10_670.jpg
このトップチューブは微妙なダイヤモンド形の断面を有している。
トップチューブ後部に行くにしたがって、次第に細い形状になっていく。
bianchi_16_670.jpg
スペシャリッシマのデザインって、ちょっと今までのビアンキモデル
において、見た事がないテイストですね。
へえ……チェレステグラフィックスを色違いで表現しているんだ・・・・・・

スペシャリッシマの塗装は、イタリアの施設内でハンドメ
イド塗装されるそうです。
国内販売モデルは、どういう塗装になるんでしょうね。
インフィニートは、いくらか優雅だけど攻撃的なデザイン
だったけど。
スペシャリッシマは女性的な印象を受けます。
bianchi_14_670.jpg
BIANCHI ビアンキ 2019年モデル SPECIALISSIMA スペシャリッシマ フレームセット ロードバイク

スポンサードリンク

2015年06月15日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する