2016 GARNEAU AXIS SL2試乗体験インプレ このアルミフレームは ある意味カーボンと言っていい。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 2016 GARNEAU AXIS SL2試乗体験インプレ このアルミフレームは ある意味カーボンと言っていい。

2016 GARNEAU AXIS SL2試乗体験インプレ このアルミフレームは ある意味カーボンと言っていい。

DSCN8664hsr (1)
コンフォート系アルミロードバイクGARNEAU AXIS SL2
に試乗しました。
うーん、ちょっとこれは良く出来たアルミロードかも。
最新鋭アルミロードの快適性は……ここまでいいのか。
GARNEAUをちょっと侮っていたかもしれない。
DSCN8665ndg (2)
そういえばサイクルモード2015 ガノ&ルイガノブースの試乗車は
全てロードに切り替わっていて驚いた。
小径車やクロスバイクが一台もない……。
この現象、ここ数年間における初の出来事なのでは。
小径車ブームの時は、所狭しとルイガノミニベロが陳列されていたのですが。

弱虫ペダル効果によるロードバイク人気が、こんな所にまで波
及しているとは。
(とはいえ、ルイガノのクロスバイクとかミニベロも試乗しておき
たかった)
試乗車も二日目辺りから、頻繁に動いていた様子。
DSCN8665ndg (1)
GARNEAU AXIS SL2試乗体験インプレ

快適性がアルミにしてはかなり高い。高い。高すぎる!
アップライドな姿勢になるのはいいとしても、このアルミフレームは
ある意味カーボンと言っていい。
ほとんどコンフォート系カーボンフレームと同クラスの快適性だわ。

実は試乗中あまりに乗り味がカーボンしていたので、一度試乗コース
から出てフレームを確認。
「もしかして間違ってカーボンフレームモデルに乗ってしまった?」
と勘違いしてしまった。
それくらい、衝撃吸収性がいいのだもの。
でも、AXIS SL2のフレームを確認すると確かにアルミフレームだった。


軽量6066ダブルバテッドチューブと剛性に長けた6061ダブルバテッ
ドアルミチューブを組み合わせつつハイドロフォーミング成形にした
事で、剛性と快適性を両立しているそうだけど。
まるであるフレームが、カーボン化してしまったかの様だ。
DSCN8669ber (2)
シフター&ブレーキ SHIMANO 105
DSCN8670hrs.jpg
フレーム MATERIAL 6066 DB&6061 ALUMINUM
フォーク UD CARBON

しかも、実に愉快なことに異常な快適性をAXIS SL2は有している上に
強力なアルミ剛性もあるんですよ。
通常クラスのアルミ系ロードよりも、よっぽど加速性もありますね。
勘違いしていたんですが、快適性重視のロングライド系アルミロード
とAXIS SL2はまた全然違います。
メインコンポーネントSHIMANO 105 (22SPEED)を有しているだけ
あって、レーシーな戦闘力も有しています。

個人的にカーボンの代わりにAXIS SL2でも全然いいと思う。
(能力的には、ミドルグレードクラスのカーボン完成車とそんなに変わらない)
DSCN8669ber (1)
トップチューブとダウンチューブはインターナル。
非常に角ばったアルミフレームが印象的。
ついでに、このレッド・ホワイトカラーは会場でも人気が高かった。
DSCN8667btre (2)
フロントフォーク UD CARBON
DSCN8666bre (1)
クランク SHIMANO 105 50X34T
フロントディレーラー SHIMANO 105
DSCN8664hsr (2)
ダウンチューブとBB接合部に補強リブの様なものを確認。
これが、あのパワーの秘密か?
しかし、アルミフレームなのにミドルグレードカーボンフレーム
クラスのボリューム。
DSCN8666bre (2)
ブレーキ SHIMANO 105
DSCN8667btre (1)
リアディレーラー SHIMANO 105
フリーホイール SHIMANO CS-5800 11-28T 11SPD
ホイール SHIMANO WH-RS010
タイヤ CLEMENT STRADA LGG 700X25C

コンポーネントには11スピードのSHIMANO 105をアッセンブル。
妥協のない高スペックコンプリートモデル。

コンフォート系アルミロードバイクGARNEAU AXIS SL2と最初書いた
けど、実際はレーシング性能の方が高い様な。
それだけ、アルミの快速性を生かしたモデルだと思う。

GARNEAU AXIS SL2の価格は 163,296円 (税込)。
コストを抑えて、高性能のアルミロードを手に入れるにはうってつけ。

あと最新鋭アルミモデルって、他ブランドも含めて全体的に性
能が急速にUPしている傾向がある。
(体感的な話だけど、一昔前のアルミロードの性能と、全然別物
になってきた。下手なカーボンモデルよりも圧倒している場合が
ある!)
やはり各社2016年アルミロードに力を入れているという話は本当だったんだな。
ルイガノ 2017年モデル LGS-CRC【ロードバイク/ROAD】【LOUIS GARNEAU】

スポンサードリンク

2015年11月22日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する