2016年モデル MERIDA REACTOと SCULTURAのエントリーカーボンモデル(定価ベース20~30万程)を簡単に試乗し比較してみた。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2016年モデル MERIDA REACTOと SCULTURAのエントリーカーボンモデル(定価ベース20~30万程)を簡単に試乗し比較してみた。

2016年モデル MERIDA REACTOと SCULTURAのエントリーカーボンモデル(定価ベース20~30万程)を簡単に試乗し比較してみた。



20151218072813bbavsdvsd (1)
20151220170112828vsd.jpg
2016 MERIDA REACTO 4000(上)
2016 MERIDA SCULTURA 6000(下)

2016 MERIDA REACTOと2016 MERIDA SCULTURA
を簡単に比較してみました。

両モデル共に、20~30万クラスのリーズナブルな定価ベースで、
驚くべき性能を獲得した完成車モデルであると実感しました。
コストを抑えて、高性能なカーボンロードを手にいれたいなら
メリダという選択肢って、かなり美味しいと思います。
20151218073214272vdd.jpg
20151220170132230sdvsd.jpg
2016 MERIDA REACTO 4000(上)
2016 MERIDA SCULTURA 6000(下)

(加速性能について)
REACTOは非常に速度のノリが良い。軽快かつ、鋭い加速性能が特徴。
脚力に負荷がかかりにくいのが特徴。

SCULTURAは強力なレーシング性能を有した、強力な加速性能。
前方へ引っ張るかのような推進力が、強い。
脚力への負荷はSCULTURAの方がかかるが、逆に瞬間的な
爆発力的加速性能はSCULTURAの方が上。
20151218073211579vsd.jpg
2015122017011332avsdsvsd.jpg
2016 MERIDA REACTO 4000(上)
2016 MERIDA SCULTURA 6000(下)

(乗り易さ、扱いやすさ。衝撃吸収性)
REACTOとSCULTURA共に「乗り易い」
特にエアロロードREACTOの扱い易さは、通常のロードモデル
SCULTURAとそれ程差がないのが凄い。

また、衝撃吸収性は両モデル共に標準クラス。
両モデル共に、速度を出す為の性能を重視している姿勢が見える。

ただ、MERIDA REACTO 4000の方は恐ろしく脚力の疲労が少ない。
楽。とにかく乗っていて楽なのだ。
(それなのに、あれだけの速度が出る。つくづく最新エアロロード性能
の進化は凄い)
これは長時間乗った際、かなり体力が温存されるのではないだろうか?
そういう意味において、REACTOは快適性が高いとも言えるかも?
20151220170135a92vsdvsd (2)
DSCN0026bxcv (2)
2016 MERIDA REACTO 4000(上)
2016 MERIDA SCULTURA 6000(下)

(ブレーキ性能について)
MERIDA REACTO 4000 とMERIDA SCULTURA 6000の比較になってしまうが
MERIDA REACTO 4000の方が制動力&ブレーキ性能が高い。
SCULTURA 6000の方が、メリダオリジナルブレーキ? の様で
ブレーキ性能がREACTOと比べていくらか弱い。

メリダモデルは購入時において、出来るだけブレーキ性能を
強化しておいた方が良い。
(特にSCULTURA)
201512180733vsd5520avsd (2)
20151220170135a92vsdvsd (1)
2016 MERIDA REACTO 4000(上)
2016 MERIDA SCULTURA 6000(下)

(双方を比較した総合的な感想)

SCULTURAもREACTOも共にオールラウンダー的な万能性が高い。
どちらかを買うとすれば、個人的にはREACTOが大変魅力的。
さすがに短距離での試乗だからなんだけど、脚力に負荷がかか
らない上にこれだけの快速性はちょっとしたものだ。

また、繰り返し述べるが扱い易さ乗り易さ、誰にでも乗りこなせる
高性能なTT風フレームはちょっとしたものだと思う。

また20万程度で、SCULTURAもしくはREACTOの完成車が
手に入ってしまう事が驚異的。
特にREACTOは、前述したがこれで40万という価格帯でも全
然驚かない。

SCULTURAはエントリーカーボンモデルといえど、直進方
向に強引に引っ張られる様なスピード感覚が魅力的。

なんで両モデル共に、コストをかけずにこれだけの性能が
手に入るんだろうな? 
と不思議に思う。

いずれにしても、20万という予算内で万能性&高性能なエ
アロロードを手に入れたいなら、REACTO、強力な魅力のあ
るモデルではないでしょうか?
メリダ 2018年モデル REACTO 400 / リアクト 400 【ロードバイク/ROAD】【MERIDA】

スポンサードリンク

2015年12月22日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する