2016年LAPIERREモデルに実際乗ってみると、全体的に性能が跳ね上がっているんだぜ!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LAPIERRE ラピエール > 2016年LAPIERREモデルに実際乗ってみると、全体的に性能が跳ね上がっているんだぜ!!

2016年LAPIERREモデルに実際乗ってみると、全体的に性能が跳ね上がっているんだぜ!!

201gfd51121093042ce9fyy (1)
201gfd51127094924d43bhbj (2)
2016 LAPIERRE XELIUS SL 500
まあ、記事というか雑談ですけど。

どうも、2016年モデルのLAPIERREは全体的にレベルアップが著しい印
象を受けたので、まとめてみました。

特に新型ゼリウス(2016 LAPIERRE XELIUS SL 500)についてですが。
剛性を桁違いに強化しつつも、3Dチューブラーテクノロジーのおかげ
で快適性まで強化
してきたですよね。

衝撃吸収性と剛性が融合した見事なフレームだったけど。

実際2014年モデルゼリウスあたりから、ラピエールの走行性
能がウナギ登りに向上
しているのを体感し「これはラピエールブランド
を定期的にチェックした方がいいな」と思いましたよ。

案の定、2016年モデルは当たり年……( ;゚ω゚)

(`・ω・´)b 2016年ラピエールさんはどのモデルも、外れたことがありませんな!
今後、ラピエールロードには期待していますぜ!!
201gfd51127094924d43bhbj (1)
201gfd51121093042ce9fyy (2)
2016 LAPIERRE AIRCODE SL Ultimate

AIRCODE SL Ultimateがフルオートで加速していく性能は、
ちょっとおぞましかった。

ま、このクラスになると勝手にフレームが走ってくれる感覚を
覚えますね。
201hdf41113102218c98cashbhj.jpg
2015  LAPIERRE AIRCODE 300 MCP

前モデル2015  LAPIERRE AIRCODE 300 MCPだと、走りが異常に軽くて、
抵抗感を削ぎ落とした加速が良かったけど。

2016 LAPIERRE AIRCODEの場合、やはり剛性が強化されているせいか、
体ごと前へ引っ張られてしまうのですよ。
この「前に突き動かされる」感覚は2015年モデルには無かったな。

2015 AIRCODE 300 MCP2016 AIRCODE SL Ultimateを比較してくると、
見た目が似ているが、走りの内容に進化が生じている。

2015年エアコードモデルと2016年エアコードモデルが、もし仮に
勝負したら……多分2016年モデルの勝ちじゃないかな?
20n15112418435202anjnj.jpg
2016 LAPIERRE AUDACIO 500 CP

2016年モデルLAPIERREモデルにおいて、なんとアル
ミモデルのAUDACIOまで性能が、劇的に良くなった
んですよ。

AUDACIO全シリーズを6061アルミから、7005化
たのは大きかったですね。
今までのAUDACIOになかった、加速性と速度の伸び
ちょっといいですよ。

しかもラピエールらしく、快適性も高めかつ高級感の滑らかさ
を有している。

どちらかというとラピエールって、万能性の高いロードが
多いという印象でしたが。
2016年モデルから、完全に認識が変わりましたね。
ラピエール 2017年モデル パルシウム 600 FDJ CP / PULSIUM 600 FDJ CP【LAPIERRE】

スポンサードリンク

2016年01月15日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する