【速報】2018 RITEWAY SONOMA ADVENTURE&GLACIER-SW MTB代わりに普通に使えそうだ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > riteway > 【速報】2018 RITEWAY SONOMA ADVENTURE&GLACIER-SW MTB代わりに普通に使えそうだ

【速報】2018 RITEWAY SONOMA ADVENTURE&GLACIER-SW MTB代わりに普通に使えそうだ

(´・ω・`)引き続き、2018年モデルRITEWAYの速報です。

k18rit_glacier-sw.jpg
k18rit_glacier-sw2.jpg
2018 RITEWAY GLACIER-SW MINIVELO-BIKE


2018年モデルの RITEWAY GLACIER-SW もタイヤは極太路線で、耐パンクベルトを内蔵している極太1.95インチ幅
TEKTRO Novera メカニカルディスクブレーキを採用しているので、太目のタイヤとの相性もいいのでは?

乗り降りしやすいスタッガードフレーム仕様。シートチューブとトップチューブとの接合部にサポートチューブが付いているので、その部分を持ち手にすることが可能。
(´・ω・`)運搬性能も高いミニベロでもありますが……相変わらず走破性が高そうなミニベロですね。
フロントサスペンションにSWING SHOCKを装備。

先日紹介した2018 RITEWAY SHEPHERDもそうですが、タイヤのボリュームをしっかり確保している新型モデルが見受けられます。
2018年モデルのライトウェイは、走破性を重視したモデルが増えているのかな?
カラーリングも少し、攻撃的な感じになっています。
k118rit_sonoma-adv.jpg
2018 RITEWAY SONOMA ADVENTURE
(´・ω・`)2017年モデルではツーリングに使用可能なスチールフレームだったSONOMA ADVENTUREですが。
どうやら、2018年モデルでもその頑丈なスチールフレーム路線は継続の模様。
2017年モデルはツーリング性の高さを歌っていましたが、2018年モデルからは「街でも山でも」。

ただ29erタイヤを装備したディスクブレーキ仕様!?  
その気になれば、山でも乗れるのか……山……とうとう山か。

登板性能を重視しフロント3段ギアを装備しているので、ツーリングにも対応可能。

クランク SHIMANO FC-A073(50×39×30T)
スプロケット SHIMANO CS-HG200(12-28T)
フロントディレイラー SHIMANO FD-A073
リアディレイラー SHIMANO RD-A070
3×7=21段変速

リーチの短いハンドルバーにすることで、ドロップハンドルのメリットを残しながら握り易いポジションに。
ベンドしたフロントフォークと細身のシートステーにより、しなやかな乗り心地を実現。
コントロール性に優れるメカニカルディスクブレーキ(TEKTRO Mira、メカニカルディスク)。
雨の日でも安定した制動力を発揮します。

k118rit_sonoma-adv2.jpg


 ( ;゚ω゚)ただ、2018年モデルのカラーリングがグロスブラックとグロスチタンシルバー???
あのレトロ感満載のアドベンチャーグリーンやセツゲンホワイトは継続されなかったか……
ツーリングモデルなカラーリングというよりは、グラベルロードの様な攻撃的なカラーリングにイメージチェンジした模様。

アスファルトでは転がり抵抗が低く、オフロードでは強力なグリップ力が得られるKENDA製MTBタイヤ(KENDA SMALL BLOCKS8 29×2.1)を採用。
29erタイヤを装備……税込 77,565 円だそうだから、過酷な環境下でロードを使いたい場合はSONOMA ADVENTURE ならリーズナブルに走れるか。

MTBから乗り換え➝グラベルロード&シクロクロス&アドベンチャーロードという流れが最近出来つつありますが。
その層をSONOMA ADVENTUREは狙っているのかもしれませんね。

【予約受付中】グラベルロードバイク ライトウェイ 2018年モデル ソノマアドベンチャー マウンテンバイク【29インチ×2.1インチ】 RITEWAY 2017 SONOMA ADVENTURE GRAVEL-ROADBIKE MTB【26er】自転車【ワイヤーロックプレゼント】【送料無料】【期間限定防犯登録無料】

スポンサードリンク

2017年05月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する