2018 BIANCHI SEMPRE PRO SHIMANO SORA 9SP 遂にロングセラーカーボンモデル センプレシリーズがSORA化!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2018 BIANCHI SEMPRE PRO SHIMANO SORA 9SP 遂にロングセラーカーボンモデル センプレシリーズがSORA化!!

2018 BIANCHI SEMPRE PRO SHIMANO SORA 9SP 遂にロングセラーカーボンモデル センプレシリーズがSORA化!!

ci-240363_2.jpg
2018 BIANCHI SEMPRE PRO SHIMANO SORA 9SP
( ;゚ω゚)ビアンキのロングセラーカーボンモデル「SEMPREシリーズ」が、SORA化している……
かつてのビアンキフラグシップカーボンモデルだったんですけどね。

今ではオルトレ、スペッシャリマなどのカーボンモデルが登場してきてから、ミドルグレード扱いでしたが。
今回のSORA化という事で、エントリーカーボンモデル扱いになったのかな?
いずれにしても、色々な意味でショックだ。
20170301100831c39kgu.jpg
2017 Bianchi SEMPRE PRO Tiagra

( ;゚ω゚)……うーん。ただここ最近のセンプレの走行性能って、一気に走行性能が向上してきているんですよね。
レースに使用可能な、レーシー寄りの性能になってきたというか。

以前のセンプレとは、全然走りがより軽く、加速性能も鋭くなったんですよね。
むむ……フレーム性能は本格的にグレードUP化したのに、コンポはSORA化か。

とはいえ、新型SORA R3000 4アームクランクにモデルチェンジしたばかりだから、これはこれでいいのかな。
ci-240363_1.jpg
人気定番カラーのチェレステ、マットブラックの他に、ビアンキでは珍しい青基調のラピスブルーの3色を展開。
使い込んでからコンポーネントなどのパーツを強化していきたい人向けの、ソラスペックということですが。
フレーム性能的には105位が一番釣り合いが取れていると思う。

とはいえ、現在のSEMPRE PROフレームの高い戦闘力が、格安販売価格51,470円 (税込) で手に入るのはありがたい。
(´・ω・`)個人的にはミドルグレード性能のフレームが、エントリーモデルカーボンで手に入る感覚ですよ。

ci-240363_10.jpg
新型SORA R3000を持ってきたことで、上位と同じ中通し。
逆に触覚版センプレも見て見たい気もするが……

デザインも良くなったし変速タッチも軽めになったから、一気にセンプレプロに持ってきたんでしょう。
しかもバーテープがチェレステですね。
ドイツロードとイタリアンロードの混血みたいなデザインに、なんか萌える。
ci-240363_5.jpg
とりあえず、ブレーキも含めてフルSORA仕様か。
ci-240363_9.jpg
うむむ……こうなったら……。

(`・ω・´)b レース時エントリーモデル面して、こっそりミドルグレード性能の「SEMPRE PRO フレームパワー」を発動させていまえばいですよ!

兎に角、最新のSEMPRE PRO フレームって速いですから。
まだ旧センプレのイメージが強すぎて、誰も新型SEMPRE PROフレームの性能の高さに気が付いていないと思う。
ci-240363_3.jpg
ci-240363_6.jpg
新型SORA R3000はチェーンリングの上に樹脂のカバーが付いています。
105の様にチェーンリング一体成型ではありませんが。

(´・ω・`)しかしまあ、SORAモデルでもなかなかのイケメン。
デザイン的にはバランスがとれているか。
ci-240363_15.jpg
新型SORA R3000のアームの形状は上位と同様。
確かに旧SORAよりも軽い力で変速可能なので、SORAスペック自体パワーアップしている。

ci-240363_12.jpg
ci-240363_13.jpg
ci-240363_7.jpg
ci-240363_11.jpg
もちろんケーブルはインターナル!
いいな、新型は……以前のセンプレは外付けでしたよ。IMGP2211vs.jpg
2012 BIANCHI SEMPRE 105
この頃のセンプレの乗り心地はソフトな感覚。コンフォート性重視。
ある程度速度に乗ってから、当時においてはそれなりの推進力&剛性を発揮していた。

(´・ω・`)ある意味、長年ビアンキを支えたロングセラーモデル。
それが、SORA化したというのは感慨深いものがあります。
ci-240363_14.jpg
ci-240363_16.jpg
ci-240363_17.jpg
ci-240363_18.jpg
ci-240363_8.jpg
先程も解説しましたが新型SEMPRE PROフレームは走りが軽快で、加速感まで「軽い」。
ですので、目的とする速度まで非常に軽快にスピードコントロールが可能です。

(´・ω・`)ここだけの話、あまり脚力が無くても快速で走れるビアンキカーボンロードですぜ?
初めてロードに挑む方において、性能面でも、価格面においても、うってつけの完成車仕様だと思います。
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPREPROSORA (センプレプロアソラ)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2017年06月25日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する