2018 FUJI BALLAD Ω OMEGA(バラッドオメガ)  クロームカラー&マットブラック!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2018 FUJI BALLAD Ω OMEGA(バラッドオメガ)  クロームカラー&マットブラック!!

2018 FUJI BALLAD Ω OMEGA(バラッドオメガ)  クロームカラー&マットブラック!!

ci-607129_3.jpg
2018 FUJI BALLAD Ω OMEGA(バラッドオメガ)  クロームカラー

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル すっげー、滅茶苦茶カッコいい!! これがあのBALLAD Ωクロームカラーか!! 
想像以上に光沢感が前面に出ていますね……さすがFUJIだ。
クロームカラー、マットブラックが、凄まじい人気の様ですね。
楽天ランキングで、いきなりBALLAD Ωがランクインしていて驚いた。

(全体的にFUJIクロモリは、STI仕様の流れか?)
このBALLAD ΩはシマノSTI仕様ですが。
(´・ω・`)FUJIのクロモリがどんどんSTI仕様が増えている……
2018年モデル新型FUJI BALLAD R(バラッドR)もSTI仕様(クラリス)になるそうで。
2018 FUJI SINARIも105STI仕様。
Wレバー路線のクロモリから、STI仕様のクロモリ完成車で販売される傾向になってきました。
ci-607129_4.jpg
いいなぁ……この光沢感。
メッキラグ仕様の2018 FUJI SINARIとはまた違った魅力がありますね。

トップチューブにあしらわれているBALLAD Ωって、刻印してあるのだろうか?
ダウンチューブ上部に変速用Wレバーマウントが用意されていますね。
ということは、後日ダウンチューブにWレバーをマウントする事も可能な訳か。
ci-607129_10.jpg
ci-607129_2.jpg
2018 FUJI BALLAD Ω OMEGA(バラッドオメガ)  マットブラック
(´・ω・`)2017年モデルにおいて、驚異的な人気を誇ったオールブラック路線を継続か……
Sugino製ブラック系クランクなどを採用。
あえて4アームクランクにせず、雰囲気の出るクラシックなクランクにしたそうです……
確かにクラシックだ……でも攻撃的なブラックという所がドSですね。
ci-607129_9.jpg
FUJI BALLAD Ωマットブラックの場合、確かにSTIの方が様になるかもしれない。
ci-607129_7.jpg
フォークはラグ組みされたバテッドクロモリチューブ。
ベントフォーク仕様にすることで、剛性を稼ぎつつ衝撃吸収性も重視。
やや大きめのトレール設定なので直進安定性に優れ、快適なライドフィールを
得られる様に設計されている。
ci-607129_8.jpg
数十年前から続くFUJI伝統のヘッドバッジデザインも健在!!
これはたまらんですね!!
オールブラックの中に、富士山のブルーが目立ちまくり。
ci-607129_6.jpg
リムもエアロスポークもオールブラック!!!!
チェーンとかボルト位しかシルバーが存在しないではないですか?
不気味な程にブラックにこだわっていて、クロームカラーに全然マットブラックも負けていないですね。
ci-607129_5.jpg
ci-607129_11.jpg
サイズ展開も43~58cm全6サイズ用意されている。
背の小さな方から大きな方まで幅広く対応可能。
( ;゚ω゚)いずれにしても現在2018年モデルFUJIにおいて、BALLAD Ωが一番人気の模様……。
これはまたいきなり在庫が厳しい状況がまた続くんだろうか……
2018年モデルにおいても、人気は健在の様です。
《在庫あり》[GWも営業中]FUJI フジ 2019年モデル ROUBAIX AURA ルーベーオーラ [完成車]《P》

スポンサードリンク

2017年09月03日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する