2018 FUJI NAOMI マットブラック (クロモリモデルBALLAD Ωの兄弟的な、アルミモデルか?) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2018 FUJI NAOMI マットブラック (クロモリモデルBALLAD Ωの兄弟的な、アルミモデルか?)

2018 FUJI NAOMI マットブラック (クロモリモデルBALLAD Ωの兄弟的な、アルミモデルか?)

ci-240557_2.jpg
2018 FUJI NAOMI マットブラック
(´・ω・`)これがFUJIの新型アルミロード2018 FUJI NAOMI。同じアルモデルのFUJI ROUBAIXは、ティアグラとか105を採用したレーシなモデルだけど。
NAOMIはストリート系&エントリー系アルミという事になるの? 

A2-SLアルミニウムを採用したカスタム バテッド フレーム。
強度が必要とされる場所、力を逃がす場所等必要に応じてパイプの肉厚を変えている。
ちなみに軽量で高い耐久性を誇る上に、重量はなんと9kgを切っているそうだ。

溶接跡もスムースウェルディング加工を施し、ケーブル内臓のインターナル仕様。
FC-770 C-5のハイモデュラス カーボンをストレートカーボンフレームに使用。
コンポはブラックのSORA仕様。ハンドルとステム、サドル、シートポストはOVAL製。
R3000系SORAをケーブル配置での、カラーリングの面でも生かしています。

(´・ω・`)しかし、カラーリング面でもエントリー系アルミモデルながらかなりの冒険をしていますね。
FUJIモデルの中においても、更に大胆なマットブラックではないですか?
ci-240557_3.jpg
BB付近の溶接跡も、処理してあります。
フジはエントリー系アルミやエントリー系クロモリモデルの場合、わざと5アームクランクを好んで採用していますね。
クロモリFUJI BALLAD Ωは、スギノ製クランク。アルミNAOMIはシマノ製5アームクランク。
4アームクランクを採用して、競技色を出したくないからか、もしくはレトロデザインを取り込みたいのか……

(´・ω・`)あと新型2018 FUJI NAOMIのチェーンステー形状が気になる。
FUJIのアルミモデルはチェーンステー形状を左右非対称にしたりして、エントリーモデルといえどかなりこだわってくるブランドでもありますし。
重量面も軽量そうだし、毎年軽量さにこだわった「FUJI ROUBAIXシリーズ」の伝統をこのナオミも引き継いでいる感じがします。
ci-240557_4.jpg
(´・ω・`)ホイールとブレーキは、FUJIオリジナルになる模様。
シートステーに、謎のスパイラル模様をあしらっていますね。
単純なブラックだけのデザインではないということか。
マットブラックはレース仕様のデザインというよりは、ストリート系仕様のデザイン。
ci-607129_2.jpg
2018 FUJI BALLAD Ω OMEGA(バラッドオメガ)  マットブラック
(´・ω・`)2018年モデルクロモリBALLAD ΩとアルミFUJI NAOMIって、カラー展開がそっくりではないですか?
両モデル共に、ポリッシュカラーやマットブラックが用意されているという……
更に、両モデル共にSORA STI仕様な訳ですよ。
これは面白い展開かもしれない。

アルミ好きのユーザーはナオミ、クロモリ好きならバラッドオメガを選択すればいい訳か。
クロモリBALLAD ΩとアルミFUJI NAOMIって、フレーム材質は異なるけど兄弟というかブラザー的なモデルなんでしょうね。
【先行予約受付中】FUJI(フジ) 2018年モデル BALLAD Ω OMEGA (バラッドオメガ、バラードオメガ)[ホリゾンタル][スチールフレーム]

スポンサードリンク

2017年09月04日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する