販売価格99,800円(税込)のエアロカーボンロード 2018 SAVANE Carbon ROAD SORA!  中国のSAVA社について調べてみた。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > SAVANE > 販売価格99,800円(税込)のエアロカーボンロード 2018 SAVANE Carbon ROAD SORA!  中国のSAVA社について調べてみた。

販売価格99,800円(税込)のエアロカーボンロード 2018 SAVANE Carbon ROAD SORA!  中国のSAVA社について調べてみた。



100000046673-l1.jpg
2018 SAVANE Carbon ROAD SORA
( ;゚ω゚)……もう、ね。
販売価格99,800円(税込)のカーボンエアロロードって衝撃的。
SORAスペックにしてコストを下げてきたのか……セミエアロと言える様な気もするが、それでもフルカーボンで9万円台というのも衝撃的過ぎる。


例のサヴァーン というブランドですが、フレーム素材にはなんとTORAY T700を採用。
カーボンフレーム&カーボンフォーク&カーボンシートポスト仕様。
欧州統一基準、EN規格合格モデルでもあるのか。

ルノーウルトラライトセブンシリーズを扱うジックは日本総輸入元・正規代理店として2017年よりSAVANE(サヴァーン)の取扱いを開始。
100000046673_01.jpg
SHIMANO SORA 18speed&デュアルコントロールレバーを装備。
GICが窓口になり日本国内でSAVANE のアフターフォローを管理する形になるとか。
しかも販売がサイクルベースあさひ。
フォークや、シートポストにも東レT700カーボンを採用する形になるのか。

100000046673_03.jpg
(´・ω・`)興味本位でSAVANE(ザヴァーン)の事を調べたら、ざっくりこんな感じでだった↓
SAVA.jpg
SAVANE(ザヴァーン)の開発はドイツ。中国のSAVA社カーボン工場で一貫製造。
じゃあ、販売はどうなっているかという↓
海外サイトでSAVAの販売ページがあったのですが。
エアロカーボン、チタンMTB、フォールディングモデルを中心に展開している模様。
中国市場では既に展開されていて、いよいよ今回日本市場に乗り込んできた流れか。

TB2rUr9.jpg

中国SAVA社の商品画像ですが……素直に上位モデルはデザインが洗練されている点が分かります。
(´・ω・`)これは欧州市場などを意識した広告仕様になっていますね。
最初から、海外展開を視野に入れている感じ。
TB2f6IjbLkm (2)
またSAVAは、チタン系MTBやエアロロードに力を入れている模様。アルミモデルはMTBが中心。
現時点で、品質や性能に関しては全くの未知数。
SAVAブランドに海外展開モデルがSAVANE(ザヴァーン)という事だろうか?

個人的に色々な点で興味があるので、お披露目があったらぜひお話を伺ってみたいですね。
TB1qxo0.jpg
TB2Jnu6y7q.jpg
(´・ω・`)このエアロロードなんかもやはり東レや、シマノ製コンポ、フィジーク製パーツを積極的に採用しているそうだ。
中国の欧州系バイクを製造しているOEM系工場が、自社販売してきたパターンだと予想。
だから、デザインもそれに近くなっているのかな。
しかしSAVAのラインアップって、豊富ですね。
100000046673_02.jpg
備考 Frame:Carbon(TORAY T700)
Frame Size:480/500
Fork:Carbon
Color:Gray Red/Gray
Component:SHIMANO SORA
Transmission:18Speed
Tire:700×23C
Weight:9.8kg

100000046673_05.jpg
100000046673_04.jpg
(´・ω・`)2018 SAVANE Carbon ROAD SORAはリーズナブルさを視野に置いて、日本に上陸してきたという事か。
でもそれなりに上位 SAVAモデルのデザインがいいので、今後がちょっと楽しみですね。
「サヴァーン」2018 SAVANE(サヴァーン) Carbon ROAD SORA カーボンフレーム ロードバイク

スポンサードリンク

2017年09月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する