2018 FUJI ROUBAIX1.3 今モデルの重量は8.4kg! TT系のカーボン素材や、TT専用パーツパーツブランドのノウハウをこっそり投入した最新鋭アルミモデル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2018 FUJI ROUBAIX1.3 今モデルの重量は8.4kg! TT系のカーボン素材や、TT専用パーツパーツブランドのノウハウをこっそり投入した最新鋭アルミモデル

2018 FUJI ROUBAIX1.3 今モデルの重量は8.4kg! TT系のカーボン素材や、TT専用パーツパーツブランドのノウハウをこっそり投入した最新鋭アルミモデル



imgrc0068330457.jpg
2018 FUJI ROUBAIX1.3 レッドブラック
( ;゚ω゚)2018年モデルのROUBAIX1.3は、ホイールがOvalになったのか。
パーツ面におけるエアロ性能とか、更に強化されていそうでなんだか怖いな。

元々ハンドルステム、サドルまで米国OVAL CONCEPTSをROUBAIXは積極採用していますが。
その傾向を更に強めてきています。

OVAL CONCEPTS……元々TT専用パーツが得意な米国パーツブランド。(エアロバーハンドルなど)
imgrc0068330437.jpg
フレーム単体重量1,080g台を実現(56cmサイズ、未塗装時)  
( ;゚ω゚)……2018年モデルは車体重量8.4kgをマークしています!
重量面だけ見ても廉価版フルカーボンロードに匹敵する軽さですが。
あの2017年モデルからモデルチェンジした、狂気のAL6066-T6ベース A6-SL ROUBAIXフレームを採用したアルミモデルですからね。

(カーボンモデルの走りを現実に「FUJI ROUBAIX1.3」は再現&コピー)
高速性やアルミフレームの特性を生かした、強力極まる加速性も新型ROUBAIX保有していますので。
とりあえず、走りの面において勝利を掴みたい方はFUJI ROUBAIX1.3に乗ればいいのでは?
最小のコストで、圧倒的な性能が手に入りますから。
このレッドブラックはカラーリングが強烈ですが、まだまだ走行性能の方がデザインにも勝ってしまっていますね。
(上級グレードのROUBAIX 1.3は日本限定パッケージで、特別に2カラーが追加された全3色ラインナップ)
imgrc0068330428.jpg
2018 FUJI ROUBAIX1.3 マットブラックレッド
( ;゚ω゚)……うーん、105仕様か。まだ足らない。
シマノ 新型アルテグラR8000系シリーズ位、ROUBAIXシリーズに用意してあげても良かったのでは……。

衝撃吸収性は普通だけど、スピードへの変換効率が非常に高度なバイクです。
高速に持っていっても、体力的な消耗がかなり抑えられるはず。
imgrc0068330427.jpg
imgrc0068330426.jpg
カスタム次第で7kg 切りも可能なハイスペックプラットフォーム。
ロングライドからクリテ、ヒルクライムまでこれ1 台でOKとは歌われていますが。
いざとなれば週末のホビーレースに実戦投入可能な実力を有しています。
とりあえず私が予算が15万程度で、レースに参加可能なバイクを探す事になったらFUJI ROUBAIX1.3を選択肢の一つとして上げると思う。
imgrc0068330410.jpg
2018 FUJI ROUBAIX1.3 マットブラックイエロー
imgrc0068330409.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 310 Ergo, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 133mm drop, 4°swee
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°

imgrc0068330407.jpg
シフター Shimano 105, STI, 11-speed
imgrc0068330408.jpg
ブレーキ Shimano 105
imgrc0068330406.jpg
フォーク FC-440 carbon w/ tapered carbon steerer & alloy dropout
TTバイクNORCOM STRAIGHTにも採用されている、超高剛性C10ハイモジュラスカーボン採用のフルカーボンフォーク。
同じくTT専用パーツを得意とする米国OVAL CONCEPTSのパーツも積極採用している。
FUJI ROUBAIX1.3にはTT系のカーボン素材や、TT専用パーツパーツブランドのノウハウが「こっそり投入されている」恐ろしい最新鋭アルミモデルなのだ。ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 

(ちなみに2018 年モデルの全FUJI ROUBAIXシリーズは、フルカーボンフォーク路線)
imgrc0068330405.jpg
メインフレーム A6-SL custom-butted alloy, integrated 1 1/2" lower head tube
PF30 shell, double water bottle mounts

imgrc0068330404.jpg
imgrc0068330403.jpg
imgrc0068330402.jpg
フロントディレーラーShimano 105
リアディレーラー Shimano 105, 11-speed
クランク Oval Concepts 300, forged 6066 arms, Praxis rings, 52/36T
カセット Shimano 105, 11-28T, 11-speed

imgrc0068330401.jpg
サドルOval Concepts 438, steel rail
シートポスト Oval Concepts 300, 6061 alloy, 27.2mm diameter

imgrc0068330400hte.jpg
ホイールセット tOval Concepts 327, 700c 20/24H rims
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro, 700 x 25c, 60tpi, folding

公式では、追求したのはスプリントにも耐える剛性と、長距離サイクリングをサポートする快適性の両立を歌われていますが。
快適性は標準ですが……確かに体力消費は少なくて済みそう。
スプリントや長距離サイクリングの際、性能面でのバックアップがROUBAIX1.3の場合強力だと思います。
【楽天ポイントアッププログラム開催中】【店頭お引渡しのみ】2018モデルFUJI(フジ)ROUBAIX1.3(ルーベ1.3)105搭載ロードバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

スポンサードリンク

2017年09月13日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する