2018年モデル DAHON HORIZE DISC  更にMTB化していくホライズ オーソライズドディーラー限定モデル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > DAHON ダホン > 2018年モデル DAHON HORIZE DISC  更にMTB化していくホライズ オーソライズドディーラー限定モデル

2018年モデル DAHON HORIZE DISC  更にMTB化していくホライズ オーソライズドディーラー限定モデル

ci-623654_2.jpg
2018年モデル DAHON HORIZE DISC
オーソライズドディーラー限定モデルという形で、DAHON HORIZEのDISC版が出るのか。
ハンドルポストがなんとディスクモデル限定で、外折れタイプになるらしい。
更にシフターがグリップ式シフターから、ラピッドファイヤーに変更(通常&限定共通)
内折り式だと折り畳み時になんからの形でハンドルポストが干渉するから、ディスクモデルだけ外折り式を採用したということか。
いずれにしてもホライズをフロントダブル化した時は、干渉を避ける為に外折りハンドルポストの方がいいに決まっている。

(´・ω・`)しかもタイヤサイズは、2017年から劇的に太目のサイズ変更になった「20X1.95」を継続して採用。
ci-623654_5.jpg
ブレーキレバー Avid FR5
従来のホライズよりも短い330mmステムは外折れタイプ。
フレームとの干渉を抑えハンドル周りのカスタムもし易い。

DAHON HORIZEのハンドル周りが、年々MTB化していきますね。
以前はコンフォート系グリップに、グリップ式シフターだったのですが。
グリップシフトに慣れず、結局スポーティーなラピッド化するオーナーが多かったせいかな?
ci-623654_3.jpg

フォーク Dahon Slip Stream straight aluminum fork
タイヤ Kenda K-90, 20 × 1.95, F / V

流石にフロントのエンド幅が100mmもあるだけあって、タイヤサイズの自由度が実に高そうだ。

……あ、そうか。今更だけど田舎の悪路を走破する為にホライズディスクという手もあるか。
都内での移動の事ばかり気にしていたけど、地元だとどうしてもホライズディスクあたりだと助かるんですよね。
ci-623654_12.jpg
ディスクブレーキはテクトロのAVID BB5
マグネットがこの位置にあるという事は、折り畳み時にブレーキローターが内側に来るように計算されているんですね。
なるほど……折り畳み時の事まで考えてディスクブレーキを配置しているのか。
ci-623654_4.jpg
フレーム Dalloy Sonus Aluminum, V-Clamp technology
ci-623654_6.jpg
クランク Dahon Ignis, 53T w / CNC chainguard
ci-623654_10.jpg
ci-623654_11.jpg
フロントホイール Dahon Comp406 20H, OLD:100mm
リアホイール Dahon Comp406 28H, OLD:135mm

リヤ135mm……相変わらずの大迫力。
ci-623654_7.jpg
リアディレーラー Shimano Altus, RD-310, 8spd
カセット Shimano CS-HG31, 11-32T

ci-623654_8.jpg
重量12.4kg ホイールサイズ 20inch(ETRTO) 変速数8段
折りたたみサイズ W85×H68×D42

(´・ω・`)2018年ダホンフォールディングモデルにおいて、最強クラスの制動力と走破性を誇る一台です。
元々街乗りにおいての、スポーティーさを追求していますが。
実は万人向けに、扱いやすい走行性能を有したモデルでもあるんですけどね。
扱いやすい走りの基本がしっかりしたフォールディングモデルであるからこそ、様々なカスタマイズを施してもきっちり対応してくれるのでは。
《在庫あり》[GWも営業中]DAHON ダホン、ダホーン 2019年モデル HORIZE DISC ホライズディスク [完成車]《P》

スポンサードリンク

2017年09月18日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する