(´・ω・`)エアロアルミロード2018MERIDA REACTO 400と、2018 MERIDA SCULTURA 700を簡単に比較してみました。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > (´・ω・`)エアロアルミロード2018MERIDA REACTO 400と、2018 MERIDA SCULTURA 700を簡単に比較してみました。

(´・ω・`)エアロアルミロード2018MERIDA REACTO 400と、2018 MERIDA SCULTURA 700を簡単に比較してみました。



(´・ω・`)エアロアルミロード2018MERIDA REACTO 400と、2018 MERIDA SCULTURA 700を簡単に比較してみました。

ci-604069_8.jpg
2018 MERIDA REACTO 400
ハイドロフォーミング製法により、理想的なNACA FASTBACK形状を手にいれたアルミニウムフレームを採用したアルミエアロロード。元々MERIDA REACTO はエアロロードながら加速性能が優秀。


ある程度加速した後、軽快かつ快適に高速域まで引っ張っていってくれる能力をREACTO は有しています。
REACTO 400はアルミフレームなので、高速性や加速性を重視していますね。
ただし、アルミなので快適性はある程度犠牲になっています。

コンポに目をやると105のミックスで、ギヤクランクにノーマルクランクFSA Gossamer 52-36 Megaを採用。
BBセットはプレスフィットではなく、ネジ切りのFSA Mega Exo BSA
またリアブレーキはエアロ性能を重視して、ダイレクトマウント仕様に。
更にはMERIDA製エアロホイールを採用し、徹底的にエアロ性能をアルミフレームながら追求しています。
ci-604069_10.jpg
フォーク Reacto Carbon Race
シートピラー Reacto carbon

見ての通り、シートステー、シートチューブ、カーボンフォークに至るまで徹底的にエアロ形状を取り入れています。
ci-604069_4.jpg
フレーム Reacto direct-super BSA
NACA FASTBACK 形状を採用したアルミニウムエアロフレームを採用。
ゼロ加速性能はアルミ剛性が担当。加速後の巡行時にエアロフレームのエアロ性能が生きてきます。
ci-604069_5.jpg
見ての通り、ケーブルの収納率はSCULTURAより高いですね。
ケーブルを露出させず、いかにエアロ性能を稼ぐかに念頭を置いたエアロフレーム。
ci-604069_3.jpg
F.ブレーキセット Shimano 105
R.ブレーキセット Shimano 105

ブレーキセットは105仕様。

ci-604069_9.jpg
リム Merida Comp 30 CW
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold
重量 9.2kg(50cmサイズ)

アルミエアロホイール仕様。更に上位カーボンリアクトモデルと同様にBB下へブレーキを配置。
もちろんカーボンパーツを採用してはいますが、徹底的にエアロ性能を強化したアルミモデルと言っていいでしょう。
メリアクトアルミモデルはエアロ性能、カーボンモデルにはエアロ性能+快適性を持たせた設計になっています。
アルミフレームでどこまでエアロ性能を追求出来るか? その辺がリアクト400のテーマですね。



ci-604069_6.jpg
2018 MERIDA SCULTURA 700

トリプルバテッド・ハイドロフォーミングアルミフレームを採用した、Sculturaアルミフラッグシップモデル。
完成車重量8.5kgを誇り、リヤ11速のShimano 105をクランクセットにまで採用したドライブトレインとFulcrum製ホイールを採用した実戦仕様。
リアクト400 BB部はネジ切ですが、スクトゥーラはPF86仕様。
ホイールやドライブトレインのパーツ仕様を強化しつつ、スクトゥーラお得意のスピード性能を楽しめる一台。
基本的にアルミリアクトはエアロ性能と加速性を追求したモデルですが、スクトゥーラ700はレースに使用可能な実戦仕様と言っていいでしょう。

ci-604069_18.jpg
フレーム Scultura lite-single [PF86]

アルミSCULTURA 700は、2017年モデルからデザインのみならず、フレーム形状までフルカーボンのScultura CF2カーボンモデルに酷似してきています。

2017年モデルはDT SWISS製ホイールでしたが、2018年モデルにはFulcrum Racing Expertを採用。
ci-604069_19.jpg
「アルミREACTO 400はどこまでエアロカーボンフレームに近づけるか?」 がテーマになっていますが。
アルミSCULTURA 700も「どこまでスクトゥーラカーボンフレームに近づけるか?」 がテーマ。

ですので、両モデル共にカーボンフレームモデルに近い走行性能を獲得しています。
ただ、前述した通り快適性や衝撃吸収性だけはカーボンの方が上に。
ci-604069_17.jpg
ハンドルバー Merida Expert Compact road 31.8
ハンドルステム Merida Expert OS -5
シフター Shimano 105

(´・ω・`)こうして見て見るとSCULTURAの方が、リアクトよりもケーブル類が露出していますね。
リアクトはエアロ性能を最大限まで追求しているから、ケーブル配置まで収納性を重視しているのか。
ci-604069_20.jpg
F.ブレーキセット Shimano 105
フォーク Road carbon Race

ci-604069_11.jpg
F.ディレーラ Shimano 105 DF
ギヤクランク Shimano 105 52-36

スクトゥーラ700の方は、クランクが105仕様のノーマル。
REACTO 400とは違い、フル105仕様になっています。
ci-604069_15.jpg
BBセットShimano Pressfit BB71
PF86用のBBセット。
スクトゥーラ700の様に、シェル幅86mmのScultura lite-single フレームに対応。
ci-604069_14.jpg
ci-604069_16.jpg
(´・ω・`)うーん、エヴァ初号機カラー……もしくはガンダムマークⅡティターンズカラーっぽい。
バーレーン・メリダチームカラーって、SFっぽくていいな。

ま、そんな話はどうでもよくて。
レーシーなSCULTURAのフレーム形状や仕様って、走行時強力な前方推進力になって体感出来ます。
もっと簡単な言葉でいうと、馬鹿みたいに「前へ、前へ」進んでいってくれますよ。
兎に角前方に、高速で進む事がSCULTURA の持ち味。
フレームはリアクトの様なエアロ性能よりも、剛性や推進性を最重要視している。
ci-604069_13dcs.jpg
R.ブレーキセット Shimano 105

スクトゥーラ700の場合、シートステー位置にリアブレーキを配置しています。
カーボンフレームでスクトゥーラとリアクトを比較すると、スクトゥーラのほうがやはりブレーキ性能が上。
あとシートピラーがカーボンなので、リアクトよりは軽量化と衝撃吸収性に配慮してはいる。

(´・ω・`)ま、スクトゥーラ700は即レースで使用することが求められているモデルだから。
これだけの仕様は最低限必要ですね。
ci-604069_12.jpg
R.ディレーラ Shimano 105 SS
ギヤ Shimano CS-5800-11 11-28
8.5kg(50cmサイズ)

(´・ω・`)前々から思っていたんだけど。メリダモデルってフレーム形状が、そのまま走行性能になって体感出来る所がいいな。
フレーム形状からイメージ出来る走行性能が、ほぼ実際の走行性能と思っていいのでは。
基本的に期待を裏切らないのがメリダ。

逆に他ブランドだと露骨にエアロフレームなのに走行感がソフトで快適だったり、逆に見た目コンフォートモデルなのに爆速だったりするモデルもありますし。
それはそれで、予想を裏切られて楽しいんですけどね。
《在庫あり》[GWも営業中]MERIDA メリダ 2018年モデル SCULTURA700 スカルチュラ700 スクルトゥーラ700《P》

スポンサードリンク

2017年09月22日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する