2018年モデルYAMAHA YPJ-R 今回の2018年モデルから初めてデザイン(カラー)チェンジ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > YAMAHA YPJ-R > 2018年モデルYAMAHA YPJ-R 今回の2018年モデルから初めてデザイン(カラー)チェンジ

2018年モデルYAMAHA YPJ-R 今回の2018年モデルから初めてデザイン(カラー)チェンジ

color_thumbs_002-1.jpg
color_thumbs_002-2.jpg
2018年モデル YAMAHA YPJ-R パールホワイト
(´・ω・`)いよいよ2018年モデルのYAMAHA YPJ-Rが出てきますね。
2017年モデルは特にモデルチェンジを行わなかったのですが。
今回の2018年モデルから初めてデザイン(カラー)チェンジを試みた模様。

今回の2018年モデルは、ブルーやシルバーのカラーをあしらった「パールホワイト」にデザインチェンジ。
バッテリーのグラフィックやハンドル(バーテープ)のカラーも変更。
基本的に105仕様路線は変更なし。
index_photo_002.jpg
またバッテリーなども従来の容量2.4Ahですね。
念願のバッテリー大容量化は無し。ただしグラフックが変更に。

重量はヤマハ製の電動アシスト自転車の中では最軽量の約15kg。
index_photo_001.jpg
アシスト性能を最大限に発揮する電動アシストの心臓部ドライブユニット。マットブラックカラーの上品な質感でデザイン性をも両立しています。
20161129145116cb2jy.jpg
(´・ω・`)これは2016年モデルYPJドライブユニット部だけど。
基本的にドライブユニットの仕様も特に変更はなし。
YPJ-Rのアシストパワーって、「HIGH」モード 「STD」モード 「ECO」モードってあるんだけど。
アシスト最弱の「ECO」モードでも、エアロロードみたいに脚力消費を抑えられるんですよね。
最弱な分アシストする距離も稼げるし。

街乗り系電動アシストモデルみたいに「HIGH」モードだと、バッテリー消費が激しいからな。
index_photo_003.jpg
フロント:50T/34T、リヤ:12T・25T
color_thumbs_001-1.jpg
2018年モデル YAMAHA YPJ-R ソリッドブラック/ダークグレー
ブラック×グレーのコンビネーションカラーにゴールドの差し色が大人の上質感を演出する「ソリッドブラック/ダークグレー」
(´・ω・`)よく考えたら、YAMAHA YPJ-R初のデザインチェンジとも言える。

確かに、YAMAHA社員の方が「来年からはYPJ-Rのデザインがどうのこうの」と言っていた記憶が。
「モデルチェンジはまだ先なんですよね」……みたいなニュアンスだった。
案外2019年モデルあたりから、仕様の変更や新型YPJ-Rモデルが登場してくると予想。
color_thumbs_001-2.jpg
2016年モデルの一代目、2017年モデルの二代目が順調に売り上げを伸ばし、いよいよ三代目ですよ。
年を追うごとに確かに、YPJ-Rの認知度が上がってきてる。
試乗車はどこの会場でも、人気が高いし。
color_thumbs_008-1.jpg
2017 (2016継続) YAMAHA YPJ-R トリコロール
2017 (2016継続)YPJ-R トリコロールカラーやブラック/ブルーカラーは在庫無くなり次第販売終了になるそうです。
こちらのカラーリングに惹かれる方は、逆に今の内に抑えておいた方がいいかもしれません。
(´・ω・`)なんだかんだで、記念すべきYPJ-Rのファーストデザインですし。
「ヤマハ」2019 YPJ-R 700C 電動自転車 ロードバイク

スポンサードリンク

2017年09月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する