SAVANE Carbon FDB20 SORA 試乗体験インプレ(評価)  スポーツ性能&衝撃吸収性を高めたカーボン折り畳みモデルだ! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > SAVANE > SAVANE Carbon FDB20 SORA 試乗体験インプレ(評価)  スポーツ性能&衝撃吸収性を高めたカーボン折り畳みモデルだ!

SAVANE Carbon FDB20 SORA 試乗体験インプレ(評価)  スポーツ性能&衝撃吸収性を高めたカーボン折り畳みモデルだ!



DSCN4498dswfr.jpg
2018 SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 SORA 20インチ カーボンフレーム

フルカーボンフォールディングモデルながら販売価格99,800円(税込)と激安で話題の、SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 SORAに試乗しました。
(´・ω・`)見た目がフォールディングモデルというよりは、まるでコンパクト版ロードフレームみたいだった。
結構高級感はありますね。
DSCN4499g54t3.jpg
それに、ボリュームのある20×1.75サイズのタイヤを装着しているもんだから。
なんだか、グラベルロードみたいな迫力がある。
DSCN4501fwe.jpg
2018 SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 105折り畳み時
これは105スペックですね、
( ;゚ω゚)……フルカーボンなのに、見事に折り畳まれておるのぅ……。
あまりフルカーボンが折りたたまれている実物って、見たことがないので興味津々。
ちなみに、試乗車は105が一番人気だった。
でも、販売台数はSORAのほうが数が出ているって。
お陰様で、かなりの反響だと営業さんが嬉しそうに答えてくれた。
DSCN4502f4w.jpg
アルミ鍛造フレームジョイント
16インチモデルのRENAULT Carbon8と同じく、アルミ鍛造フレームジョイントを採用。
強度の高い鍛造アルミジョイントを採用する事により、カーボンフレーム同志の密着度を高めている。
丸いボタンを押すと、ジョイントを展開できるシステムに。
(´・ω・`)確かに試乗時においては、フレームがたわんだりして不安ということはまるでなかった。
DSCN4504fww.jpg
アルミハンドルステムになっていた。
ハンドルステムはカーボンではないのですね。
(´・ω・`)105モデルは他の方が試乗中だったので、SORAの方を試乗することに。
DSCN4511frwwf.jpg
2018 SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 SORA試乗体験インプレ

( ;゚ω゚)……なんじゃこりゃ? すげー、スピードに乗り易い……
16インチのRENAULT Carbon8と感想が近くなるんですが。
凄くスピードを出すのに、適したフォールディングモデルですね。
しかも、16インチのRENAULT Carbon8とくらべて若干巡行性能もある。
やはり20インチホイールだから、スポーツ性は更にパワーUPしているな。

このカーボンフレームは、速度を出す為の適度な剛性を有しているのが特徴。
漕ぎ出しも軽いし、アルミフレームよりもあっさりスピードに乗ってくれる。
(´;ω;`)……アルミ系フォールディングモデルと比べて、脚力面での負荷が実に少ないんですよ。
気張らなくても、軽快にスピードを出せるんですね。

衝撃吸収性が、アルミモデルと比べて優れているのも特徴。
通常のフォールディングモデルだと一部の超高級モデル以外、快適性までにはなかなか手が回らないじゃないですか?
SAVANE Carbon FDB20 SORAのフレームはTORAY T700カーボンフレーム。
なので、最初からカーボンフレームクラスの衝撃吸収性を確保している。

街乗りにも使えるが、スポーツ性能を高めている折り畳みモデルですよ。
更に、速度を出している最中の安定感もある。
DSCN4531ver.jpg
DSCN4512fwfw.jpg
SHIMANO M315 油圧式ディスクブレーキ(前後)
( ;゚ω゚)……オーバースペックかと思っていた、油圧ディスクとの相性が抜群だった。
いや、かなり軽快に速度が出てしまうモデルなので、油圧ディスクブレーキの制動力が確保されていてたのもしい。
軽い力でブレーキがかけられるし、確かにブレーキ力が逃げるという事もない。
DSCN4522fw.jpg
SORAグレードの9速フラットバー用シフター SL-R3000と推測
これで、リア9Speedを変速操作。
DSCN4532veer.jpg
DSCN4520vw.jpg
高さ調整機能付きハンドルステム
DSCN4513fvwr.jpg
カーボンファイバー(TORAY T700)を使用
(´・ω・`)やはりフレーム形状がエアロカーボンロードの様なデザイン。
だから、あそこまでスピードを出す為の剛性を確保していたのか……
DSCN4540errfe.jpg
上から、カーボンフレーム同士の接合部を観察。
非常に密着している事が分かる。
DSCN4541ve.jpg
DSCN4529vrew.jpg
RENAULT Carbon8とは異なり、チェーンステーやシートステー部分が用意されている。
(´・ω・`)やはりカーボンロードっぽい流線型でした。
DSCN4514fwerv.jpg
フロントシングル仕様。更にペダルは折り畳み式。
DSCN4543frefe.jpg
DSCN4526frwwe.jpg
( ;゚ω゚)……エアロロードの様な風景。
でもエンド幅は、ディスクブレーキを取り付ける事が前提のデザイン。
DSCN4524ver.jpg
DSCN4525frew.jpg
シートポスト径 ティアドロップ型
シートポストにティアドロップ型を採用した理由は、エアロ性能というよりも強度を重視。
DSCN4523vrewrf.jpg
DSCN4518fewfew.jpg
DSCN4515ve.jpg
DSCN4528fredc.jpg
DSCN4539vwer.jpg
SAVANE Carbon FDB20 SORA は、走行性能やスポーツ性能を高めたカーボンフォールディングモデルだった。
(´・ω・`)てっきり、カーボンフレームを折り畳み式にしたことで走行性能が犠牲になっているかと思っていたら逆ですね。
SAVANEはレース用エアロカーボンロードを製造しているが、その技術を折り畳み自転車に投入してきた印象。
脚力的な負荷が軽減されている。自分にとって、このアドバンテージが衝撃的だった。

あと注目すべきは、カーボンフレームが有する衝撃吸収性ですね。上手くカーボンが生きている。
走行性能に関しては、見事に成功した設計をしていますよ。
後は実際に使用した場合、どの程度耐久性を確保しているのか気になる所。



DSCN4533fvre.jpg
SAVANE Carbon FDB20 SORA トップチューブ部
(´・ω・`)RENAULT Carbon8と同様のカーボン表記が、SAVANE Carbon FDB20 SORAにも記されていた。
やはりRENAULT CarbonフレームはSAVANEが担当している様です。
DSCN4334vdsvsf.jpg
RENAULT Carbon8
20171108100333478vffd.jpg
RENAULT Carbon8トップチューブ
(´・ω・`)ただRENAULT Carbon8はルノーブランドという事もあり実際の販売価格は148,000円 程だが。
SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 SORAは販売価格99,800円(税込)で買える所が、リーズナブルでいいですね。
「サヴァーン」2018 SAVANE(サヴァーン) Carbon FDB20 SORA 20インチ カーボンフレーム 折りたたみ自転車

スポンサードリンク

2017年11月14日 トラックバック(0) コメント(2)

サバのコスパは最高ですね。
ルノーカーボンはもう一声欲しかったが高級感出てるフォルムは素晴らしい

2017年11月20日 ばなな URL 編集

(´・ω・`)SAVANEいいですよー。
仮に折り畳みでないカーボンミニベロだとしても、走行性性能はかなりの完成度です。

おっしゃる通り、デザイン優先&持ち運び優先ならルノーですね。
ルノーカーボンはルノーカーボンで、なかなかいい走りでしたが。

2017年11月20日 管理人 URL 編集












管理者にだけ公開する