ORTLIEB WATERPROOF TOUGH ULTRA LIGHT(新型オストリーブ バイクパッキングシリーズ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > メッセンジャーバッグ類 > ORTLIEB WATERPROOF TOUGH ULTRA LIGHT(新型オストリーブ バイクパッキングシリーズ)

ORTLIEB WATERPROOF TOUGH ULTRA LIGHT(新型オストリーブ バイクパッキングシリーズ)

DSCN5760vfd (1)
ORTLIEB WATERPROOF TOUGH ULTRA LIGHT(オストリーブ バイクパッキングシリーズ)
ドイツ完全防水&耐久性が自慢のバッグブランド「オストリーブ」の最新バイクパックモデルです。
2018年春頃予定のオストリーブ新型モデルのお披露目がされていました。
「オストリーブ バイクパッキングシリーズ」という名称で、バイクパッキング用新型オストリーブモデルが追加されたそうな。

(´・ω・`)あのオストリーブをバイクバッキングスタイルで、使用出来るとは知らなかった。
今までのバイクパッキングシリーズが好評だったので、ラインナップを更に追加したそうだ。
水とか、汚れに対して鉄壁のドイツバッグですからね。
人間がびしょぬれになっても、リアルにバッグ内は一滴の水の侵入も許さないところが頼もしい。
DSCN5765vf.jpg
ハンドルバーバッグSH16×W45×D16 9L 375g 耐荷重5kg
両側にロールクロージャーを採用。(要は折り畳んで両端を収納)
内部への素早いアクセスが可能な大容量ハンドルバーパック。
なんでも、ドロップハンドルへの取り付けに適している。

DSCN5766vf (2)
軽量かつ耐久性と防水性に優れ、どんな状況であっても中身をドライにキープ。
(´・ω・`)主に折り畳み用テントとか布系を、収納するのに向いているそうな。
DSCN5769eqf.jpg
ハンドルバーとヘッドチューブに面ファスナーとストラップで確実に固定でき、安定性を確保。
様々なハンドルバーに対応する、発砲素材のスペーサーを付属。
いきなりロードレーサーでも普通にバイクパッキングが出来る。
(´・ω・`)というかMTBだろうが、クロスバイクだろうがサイズさえ合えばどんな車種でもいけますね。

↑ちなみに現行のハンドルバーパックは、「ハンドルパーパックM」に名称変更だそうだ。
DSCN5760vfd (2)
フレームパック トップチューブH13×W50×D6 4L 170g 耐荷重3kg

(´・ω・`)なんでも、ボトルスペースに干渉しないために開発された新型フレームパック。
防水性の高いジッパー(タイジップ)を採用。
ポイントは軽量性で、容量4Lながら170gしかないそうだ。
DSCN5766vf (1)
ダウンチューブとシートチューブに、ボトルスペースを確保したい方向けか。
でも、これで4Lも容量あるんだ。

↑確かに、通常の3角形フレームパックだとボトルスペースが無くなってしまいますものね。
DSCN5764kjf (1)
コックピットパック H8×W18×D8 0.8L 82g
トップチューブ上に装着し、片手でジッパー操作出来る。
スマホや、エナジーバーなど頻繁に取り出したいものに最適。
やはり軽量性にこだわり、82g程度しかない。
DSCN5764kjf (2)
シートパックM H26×W40×D15 11L 325g 耐荷重5kg
大人気のシートパックに、一回り小さいMサイズが新登場。
シートポストへの取付必要スペースは約6cmで最大容量は11L。
見ての通り空気抜けバルブも付いているので、用途に応じて圧縮する事も可能。
小さなフレームへのバイクへの取り付けも用意。

↑(´・ω・`)ちなみに現行モデルの「シートパック」は「シートパックL」へ名称変更するとか。
こっちは、より大型で最大16.5Lいけます。



DSCN5760vfd (1)
(´・ω・`)以上の4つのオストリーブ新型モデルでバイクパック化した場合、重量は1kgより軽い、合計952gで済みます。
更に一気に合計24.8Lの容量を、確保できるわけですね。
しかもキャリアーなどを増設しなくても、バイクに直接取り付け可能なシステムになっているので重量増も防げる。
特にキャンプをするわけではなくとも、積載目的で楽しんでも良さげ。
あと、デザインが統一されているのもいいですね。
かなりシャープなデザインなので、バイクに導入してもデザインが引き立ちそうだ。
ゴミも付着しにくいし、完全防水なので雨天時に強いバイクパッキングスタイルだと思います。
(レインカバーは全く必要無し。少し汚れたら叩くなり拭くなりすればいい)
今回の新型モデルの発売は2018年春頃予定だそうです。

更に2017年10月より発売された、グラベルパック(ペア)25Lを増設すれば合計49Lまで容量を増設可能。
これもアドベンチャー向けに開発されたパックで、オンロードやオフロード双方に適している。
ただ、その場合はキャリアーなどを用意する必要があります。

スポンサードリンク

2017年12月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する