BESV JR1(ベスビーJR1)試乗体験インプレ 快適な操作性を極めた新型電動ロード! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > BESV JR1(ベスビーJR1)試乗体験インプレ 快適な操作性を極めた新型電動ロード!

BESV JR1(ベスビーJR1)試乗体験インプレ 快適な操作性を極めた新型電動ロード!


DSCN4974xs (2)

BESV JR1(ベスビー)
ドイツGerman Red Dot Awardや二本JAPAN GOOD DESIGN AWARD など、各国のデザイン賞を受賞し続けた、電動アシストブランド「BESV」。
今回BESVの電動アシストディスクロードバイクの試作機が試乗できました。
(´・ω・`)電動ロードとしての快適な操作性を極めた、新型ですぜ?

モデル名:JR1(仮称)
フレーム:アルミ
フォーク:アルミ
発売予定:2018年夏
変速 :シマノ105
ブレーキ:シマノ105 油圧Discブレーキ
重量 :16kg
バッテリー :7.0Ah(252wh)
走行距離:100km
価格 :275,000円(予価)

20171210062402653htr (2)
20171210062402653htr (1)

(なんと、電動アシストモードをハンドルから手を放さずに行える)
ハンドルから手を離さずにスイッチで、アシストモードの変更ができるシステムになっていました。
つまり変速操作そのものはSTI使用。さらにその付近にアシストモード変更用のスイッチが用意されている。
変速操作を行う感覚で、アシストモードを変更できるシステムだ。

ちなみに、右スイッチでアシストモードは↑
左スイッチで、アシストモードは↓。

アシストモードはまさに手元のスイッチによって「パチパチ」気楽にコントロールできる。
DSCN4968ca (2)
アシストモードを示す表示(インジケーター)はステム付近に設置してありますが。
DSCN4968ca (1)
なんとトップチューブ上部にも、アシストモードを示す点灯がある。
ちなみに「アシストモードの強弱によってカラーが変化」するシステムだ。
DSCN4962cdad.jpg
「赤」アシストMAX
「紫」AUTO
「ブルー」ECO

(´・ω・`)つまり、色によって瞬時に現在のアシストモードを判断できる。
このシステムが、実に走行中助かるのよ。
DSCN4970da.jpg
個人的に、お勧めのアシストモードは「紫」AUTO
ロードの走行感を残しながら、適度にアシストが加わったり、解除されたり。
(´・ω・`)必要な時に、適度がアシストが提供されるんですよね。
あくまで人間が主役で、アシストパワーが状況に応じて適切かつ最適化されて加わる。


なんでもBESVが独自に開発した「スマートモード」は、乗る人のペダリングパワーを感知し、もっとも快適と感じる踏力で走行できるように 自動で出力レベルを調整だそうだ。


アシストの最適化は「BESV」のお家芸という訳か。
正直このアシストシステムは「パワー」だけに頼らない、実に繊細で完成度の高い設定になっていると思う。
DSCN4960cd (2)
変速操作や、アシストモードの操作が実にアクセスし易い。
その上、ブレーキにも油圧ディスクが用意されている。
(´・ω・`)ブレーキ操作も、かなり気楽に行える。
アシストモードMAXの時、このディスクブレーキはかなり頼もしい。
DSCN4958cds.jpg
なんとYPJ-Rと同様にフロントダブル仕様。
重量は16kgだし(YPJ-Rは15kg)、かなりヤマハを意識したモデルだ。
DSCN4957cda (1)
バッテリー :7.0Ah(252wh)
走行距離:100km

( ;゚ω゚)100kmいけるのか!?

バッテリーがダウンチューブへスマートに収納。
DSCN4959xs (1)
DSCN4960cd (1)
モーターはBB付近ではなく、リアにホイールに設置されているタイプ。
横から見ると、モーターがカセットに隠れている。
だから最初、どこにモーターがあるのか分からなかった。
DSCN4974xs (1)
BESV JR1(ベスビー)は機械式ロードバイクの乗り手が、一番扱いやすい電動ロードかもしれない。
特に前述した通り「紫」のAUTOモードで走った際の、適度なアシスト感は◎。

ディスクも採用されているし、バッテリーも大容量。更にはディスクですよ。
操作性の快適化に、かなりの部分成功している電動ロード。

これなら、ツーリングや長距離走破する際に使えそうだ。
DSCN4973ds (1)
しかし、電動アシスト自転車市場の急成長ぶりは目を見張りますね。
いつの間にかオートバイの出荷台数を、電動自転車が抜き去りましたし。
ヤマハもとうとう、電動アシストモデル完成車の「輸出」が、来年から本格化するそうですよ?
ビアンキも春頃にBoschアシストユニットを搭載した、新型が出るとかいう話ですし。
ベスビー JR1 電動アシストロードバイク e-Bike

スポンサードリンク

2017年12月10日 トラックバック(0) コメント(4)

新幹線のようなダウンチューブですね。
来年はボッシュとシマノとあれやこれで国内電アシの革命期到来。価格競争も期待w

AmazonサイバーマンデーでA2Bが売りに出てましたが

2017年12月12日 ばなな URL 編集

(´・ω・`)確かに見事な流線型ダウンチューブ。
なんだかんだで、BESV代表の方が「BESV JR1」のテストライドもしていました。
良くこんなデザインを、電動ロードに持ってこれたもので。
操作性も含めて、なかなかのデザインセンスかと。

2017年12月14日 管理人 URL 編集

サイクルエキスポで試乗してきました。
欲しすぎて8月まで半年も待つのが辛いです。

16kgでも十分軽いですが、PS1みたいにカーボンフレームでさらに軽い上位モデルも出して欲しいなぁ。

2018年02月26日 バールのようなもの URL 編集

JR1試乗されたのですか! 
そりゃ、欲しくなる気持ちも心の底から良く分かります。
(´・ω・`)あ、なるほど。フルカーボン仕様という手もありましたか。魅惑的ですね…… 
「JR1」の人気が出たら、将来的に出てくるんじゃないですか?

2018年02月27日 管理人 URL 編集












管理者にだけ公開する