2018 GIOS MISTRAL  前後1万円程度のシマノ製エントリー系ロードホイールを、4万円台のクロスバイクに採用! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス) > 2018 GIOS MISTRAL  前後1万円程度のシマノ製エントリー系ロードホイールを、4万円台のクロスバイクに採用!

2018 GIOS MISTRAL  前後1万円程度のシマノ製エントリー系ロードホイールを、4万円台のクロスバイクに採用!

imgrc0066275593.jpg
2018 GIOS MISTRAL
アンダー5万円ながら、2018年モデルミストラルもフルシマノ&シマノ製ロードホイール採用と驚異的なコスパを見せつけています。
しかも、今回の2018年モデルからブレーキレバー付きのトリガーシフトが変更になりました。
(´・ω・`)限定クロモリバージョンが出たり、グラベル風ミストラルが出たり。
ここ最近ミストラルの派生モデルが、増えつつありますが。
ジオスミストラルの長所である「コスパ」に関しては、元祖アルミモデルが一番美味しいですね。
imgrc0064972346.jpg
ホイール SHIMANO WH-R501
前後1万円程度のシマノ製エントリー系ロードホイールを、なんと4万円台のクロスバイクに採用。
アンダー5万円台のクロスバイクとしては、2018年モデルもかなり良心的。
(´・ω・`)ミストラルは、ロードホイールを生かした巡行性が高いモデル。
そんだけこのホイールの存在が大きいクロスバイクと言えます。
この路線は、ずっと継続して欲しいですね。
imgrc0066275592.jpg
ハンドルバー XDS 540mm
ステム XDS 90mmm
シフトレバー SHIMANO ST-EF500-8

フォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK
frw43342.jpg
(´・ω・`)シフターが2018年モデルから、新型になったんですね。
シフトレバー&ブレーキレバー一体型の「SHIMANO ST-EF500-8」にモデルチェンジ。
変速段数をよりインジケーターから、確認し易い仕様に。
201602281024097eacd.jpg
2016 GIOS MISTRAL グレー
2016022810250055fcdscd.jpg
シフトレバー SHIMANO ST-EF51
旧ミストラルだと、この画像にあるようにシマノST-EF51-8 2フィンガータイプだった。
円盤状のインジケーター(目盛り)が回転しながら表示。
(´・ω・`)ビジュアル的にも、2018年モデルの方がスポーティーになりましたね。
imgrc0064972350.jpg
2018 GIOS MISTRAL ジオスブルー
サドル GIOS ORIGINAL COMFORT SADDLE
新型クロモリ版MISTRAL CHROMOLY VERSIONと、このアルミ版GIOS MISTRALのコンポーネントの仕様は同一ですね。
(´・ω・`)つまりクロモリもアルミモデルも、フルシマノ路線。

アルミ版GIOS MISTRALは、アルミフレームの反応性の高さを生かしたスポーツモデルというよりは、安定性と巡行性を重視したアルミフレームモデルなんですよ。
例えばビアンキのクロスバイク「ローマ」シリーズなんかは、キビキビとした走りで間違いなく街乗り重視。

でもミストラルは街乗りよりは、遠乗りに対応出来るクロスバイクなのでは?
imgrc0064972346.jpg
ホイール SHIMANO WH-R501
(´・ω・`)繰り返しますが、クロスバイクにしては採用されているのが珍しい、ロード系700Cホイール「SHIMANO WH-R501」の恩恵が実に大きい。
フレームそのものも、まるでドイツロードみたいに安定性重視なのでやはり遠乗り向きかな?
加速性能よりは巡行性能が高いタイプのクロスバイク。

ただ、700X28Cと多少ボリュームのあるタイヤサイズを選択しているので、街乗りの際の走破性があります。
街中での多少の凹凸や段差にも、それなりに対応出来るのでは?
特に速度を落として街中を走ると、28Cサイズのタイヤボリュームが生きてきますね。

連続したストップ&ゴーでの加速性を生かした、街乗り系クロスバイクではないです。
一定のペースで走ると、安定感発揮したミストラル本来の走りが楽しめますね。
imgrc0064972345.jpg
フレーム ALUMINUM D.B. SPECIAL TUBING FOR GIOS
imgrc0064972344.jpg
imgrc0064972342.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-TY710
チェーンホイール SHIMANO FC-TY701 48/38/28T 170MM 
リアディレーラー SHIMANO RD-M310
フリーホイール  SHIMANO CS-HG31-8I 11-32T

imgrc0064972340.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-T4000 Vブレーキ
タイヤ KENDA K-193 700×28C
VブレーキもSHIMANO製で固めています。

(´・ω・`)4万円台ながら、一定のペースで走行する事を得意とするクロスバイクですね。
個人的に、遠乗りでクロスバイクを使用する際にミストラルとか乗りたいですね。
あと、デザイン性の高さは4万円台クロスバイクにおいて、最強です。
ぶっちゃけ目立つし、かなりカッコいい。
(近距離からだと、いくらかリーズナブルなパーツが目立ってくるが)
普通にロードと比較してもフレームデザインに関して、ジオスブルーの恩恵で見劣りしません。
【年末年始P最大10倍(1/5 9時まで】2018モデルGIOS(ジオス)MISTRAL(ミストラル)クロスバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

スポンサードリンク

2018年01月04日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する