現在40%OFFセールだが、2017年センチュリオンモデルHYPERDRIVE DISC 4000のパーツの充実度に思わず唸ってしまいますね。  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 大特価情報 > 現在40%OFFセールだが、2017年センチュリオンモデルHYPERDRIVE DISC 4000のパーツの充実度に思わず唸ってしまいますね。 

現在40%OFFセールだが、2017年センチュリオンモデルHYPERDRIVE DISC 4000のパーツの充実度に思わず唸ってしまいますね。 



grsgseet34634.jpg

(´・ω・`)徹底した機能美が持ち味のドイツブランドがセンチュリオンです。

1976年ドイツにて誕生したセンチュリオン。数々の賞を受賞し、EUブランドの1つですが、ここ最近においても数々のタイトルを受賞しています。

2014年 バックファイヤー カーボン アルティメイト 27「バイク」誌から最高級のハードテイルMTBとして「スーパー」の称号を授かる。
2015年度ギガドライブ ディスク デザイン賞「フォーカスオープン」「金賞」を受賞。

(`・ω・´)……そんなドイツセンチュリオン2017モデルが、現在40%OFFセールで販売されています。

どうしても最初は価格が気になりますが、仕様を一部確認しただけでも相当ハイグレードなコンポ仕様なのが確認出来ます。
値引き価格よりも、パーツの充実度に思わず唸ってしまいますね。
17cen-driv-hyp4dhtr.jpg
2017 CENTURION HYPERDRIVE DISC 4000

メーカー希望小売価格270,000円 (税込 291,600 円)
➝40%OFF価格162,000円 (税込 174,960 円)


6061 バテッドアルミフレーム+-6800系ULTEGRAグレードコンポーネント 油圧ディスクロード
rgdsese54456.jpg
(´・ω・`)ドイツCENTURIONの特徴として、メリダと技術開発において提携した実績のあるアルミ成型技術と製法が挙げられます。
ロングライドや長距離走行する事に強いバイク造りを目指しています。
(6061アルミフレームながら、カーボンモデルの様にボリュームの強弱がついている)

6061アルミ合金によって軽量かつ高剛性。
油圧アルミディスクバイクの設計に応じて最適な形状に成型しています。
特にトップチューブの優雅なアーチやベントしたシートステーなどが機能的に衝撃を吸収。
乗り心地の良さ強度を両立させた機能的なディスクアルミフレームです。



(´・ω・`)以前にも触れましたが、HYPERDRIVE DISC 4000のパーツは全て高グレードでして。
ざっとパーツなどの仕様を確認しただけでも、かなり凄い事になっています。

例えばフォーク部は真面目にフルカーボンフォーク(カーボンテーパーコラム)
フロントハブは15mmスルーアクスル仕様になっています。
(15mmフロントスルーアクスル&135mmエンド)
こういう地味な所で軽量化を図っているので、アルミディスクモデルながら重量8.9kg (50cm)を達成。
wheelsetwrqt.jpg
DT SWISS R24 SPLINE DB

HYPERDRIVE DISC 4000のホイールには、スペインブランドディスクブレーキ「DT SWISS R24 SPLINE DB」 シマノ10-11s対応を採用。
シクロクロスやツーリングにも使用可能なアルミクリンチャーホイールセット。
高回転性能&高剛性を有しており、あらゆる天候でのトレーニングに適したディスクホイールセットです。
(耐久性と強度の高いチューブレス互換ホイール)

(´・ω・`)更にタイヤにはSCHWALBEを採用。
br228e00hr.jpg
6800系ULTEGRAグレード油圧ディスク「Shimano BR-RS785」を採用。
HYPERDRIVE DISC 4000はドライブトレインだけではなく、油圧式ディスクブレーキキャリパーもULTEGRAグレードなのだ。
(´・ω・`)そういう意味においては、ドイツ系ディスクロードらしく非常に真面目な仕様と言える。
ツーリング時、長い下り坂での制動力を維持。
jtdjys.jpg
SHIMANOS RT68 160mmローター
制動性を重視して、160mmローターを採用。
fewe5325.jpg
機械式変速&油圧ディスクブレーキ対応 SHIMANO ST-RS685
デュアルコントロールレバー内に、変速機構とマスターシリンダーを収納。
基本的にメカニカルディスクよりも、引きの軽さを重視していますね。

( ;゚ω゚)……ざっと見ただけで、本来ならHYPERDRIVE DISC 4000は29万円台のハイエンドアルミモデルだけあってかなり高グレードのパーツを採用している事が分かります。
例え40%OFF品でも、質実剛健なセンチュリオンモデルですね。
17cen-driv-hyp4dhtr.jpg
センチュリオンの弟分メリダにも、油圧105&アルミディスクモデル「MERIDA SCULTURA DISC 700」というモデルがあるんですが。
油圧アルミディスクモデルに関して、弟分メリダはアルテグラスペックが存在しないんですよ。
あえて油圧アルミディスクのハイエンドモデルは、センチュリオンがこの「HYPERDRIVE 4000」という形で担当しているのでは?

( ;゚ω゚)……いずれにしても、パーツに大変なコストがかかった油圧アルミディスクロードですね。
現在40%OFF価格162,000円 (税込 174,960 円)は、個人的にかなり美味しい価格かと思いますよ。
【40%OFF!】CENTURION(センチュリオン) 2017年モデル ハイパードライブ ディスク 4000 / HYPERDRIVE DISC 4000【ロードバイク/ROAD】

スポンサードリンク

2018年01月13日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する