RENAULT ULTRA LIGHT試乗比較。管理人が一番欲しいと思った、ルノーウルトラライトモデルは? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > RENAULT ULTRA LIGHT > RENAULT ULTRA LIGHT試乗比較。管理人が一番欲しいと思った、ルノーウルトラライトモデルは?

RENAULT ULTRA LIGHT試乗比較。管理人が一番欲しいと思った、ルノーウルトラライトモデルは?


RENAULT ULTRA LIGHT各モデルを試乗比較してみました。
( ;゚ω゚)……今回は使用目的や、コスト面を重視しての比較です。
いつも比較記事を書くときは、性能面を重視しての比較が多かったのですが。
今回初めて、使用目的やコスト面を個人的に考えてみました。
20171127095520692ki7.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7 7.4kg
重量は7.4kg。基本的にこのクラスの重量だと、片手で持ち歩ける。
(´・ω・`)14インチホイール系ルノーウルトラライトシリーズは、7kg~6kg台なので普通に片手で持ち歩けるほどの軽さです。
(ただし、RENAULT Carbon8は16インチホイールなので8.7kg)
100000037118_05cdskut.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7
(´・ω・`)基本的にこの元祖ULTRA LIGHT7は街乗り用です。多少ハンドルはクィックだが、タイヤサイズが14 x 1.75と太目なのでカーブに強い。
また、街中の多少の凹凸もこなせるのでは?(縁石は流石に避けたいが)
ブレーキもディスクブレーキ程ではないですが、Vブレーキ仕様なので街中でのブレーキパワーも申し分ない。
坂道を登るのが異常に楽です。

ギア無しのシングルスピード(変速無しです)なので、トラブルも最小限に抑えられそうだ。
持ち運びの際も、ギア付きよりは気楽に運搬可能。

弱点は、流石に街中➝郊外などの遠乗りには向いていないかも?
あくまで街中を快適に走る為の設計になっていると思う。
DSCN4266grjuy.jpg
販売価格49,800円(税込)なので、コストを抑えて購入可能な点もありがたい。
確かにマグネシウムフレームやフルカーボンモデルも存在するが、どうしてもクロスバイクやロードバイクに近い価格帯になり、コストが跳ね上がってしまう。
(´・ω・`)やはり気楽に購入できる点が、RENAULT ULTRA LIGHTのいい所ですよね。
ルノー[RENAULT] ULTRA LIGHT7 (ウルトラライト7) 14インチ 変速なし 折りたたみ自転車



DSCN4277graehju6.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT7 TRIPLE 7.8kg
TRIPLEは3段変速仕様なので、ギア変速が可能なモデル。

(´・ω・`)注目すべきはタイヤサイズが、14×1.35と細くなった点です。
タイヤ:14×1.75→タイヤ:14×1.35と細くなった事で、通常のULTRA LIGHT7よりもスピードに乗り易くなっています。
DSCN4286graeageji7t.jpg
なんとグリップシフターではなく、トリガーシフトによって変速可能!
「ULTRA LIGHT7 TRIPLE」における最大の特徴は街乗り前提のスピード性能と、変速性能を保有しているという事だろう。
特にローギアに設定した場合、坂道などにかなり強そうだ。

(´・ω・`)街乗りにおける路面状況に応じて、ULTRA LIGHT7 よりも対応し易い印象を持ちました。
街乗りにおける対応力が増したというべきか。
タイヤサイズが細くなったことでULTRA LIGHT7 よりも若干速度を上げて走れるし、逆にギア府をロー側にして低速でも快適に走行可能。
DSCN4279graeju6.jpg
管理人的には、都内で使用する分に適していると思う。てか、ULTRA LIGHT7 TRIPLEが一番欲しい。
なんだかんだで、変速機構のありがたみが分かるモデルでもあった。
販売価格も54,800円(税込)に抑えられているのが、好印象。
(´・ω・`)なんといえばいいのか。
コストを抑えつつ、街中での走行性能を強化してくれた点を評価したいです。
ルノー[RENAULT] 2018 ULTRA LIGHT7 TRIPLE(ウルトラライト7トリプル)14インチ 折りたたみ自転車



DSCN4367fewfk7i.jpg
RENAULT MAGNESIUM6 超軽量7.0kg
MAGNESIUM6の特徴は、レーシングカーホイールに使用される軽量マグネシウム合金を、フレームに採用。
( ;゚ω゚)……この事により加速と衝撃吸収性能を、比較的に強化したモデル。

まあ、即スピードに乗ってくれますよ?
14インチホイールながらビュンビュン飛ばせる。
しかも、マグネシウムフレームが路面からの衝撃を、確実に吸収。
多少荒れた路面でもフレームが対応してくれるので、走行中に高級感があります。
DSCN4381vdsju6.jpg
路面からの衝撃すら、速度に変換されるような感覚でして……。
スポーツ性能に関して、ULTRA LIGHT7やULTRA LIGHT7 TRIPLEを圧倒する能力を有しています。

(´・ω・`)ルノーウルトラライトシリーズ(14インチホイールクラス)において、街中での機動性やスポーツ性を求めるならこれですね。
一見重量7.0kgと言う数値に惹かれますが……実はフレームの機能性の高さに注目すべきモデルです。
ただ、コストがかかる点が難点といえば難点。


DSCN4334vdsjt.jpg
RENAULT Carbon8 8.7kg
東レT700カーボンフレームならではの剛性と、衝撃吸収性を楽しむ為のフォールディングモデル
タイヤサイズが16×1.5、油圧式ディスクブレーキに競技用ロードコンポーネントSHIMANO SORA 9speed採用。

( ;゚ω゚)……普通に郊外用。遠乗りもこれならいけますよ
街中ではなく、クロスバイク代わりに使用も可能。
流石16インチホイールフルカーボンと言った所。

フルカーボンフレームの特性を生かし、衝撃吸収性も今までのミニベロではありえないレベルで確保してある……
衝撃吸収性を高めつつ、スポーツ性能や巡行性能も高め。

20171108100321106ky.jpg
RENAULT Carbon8の弱点。
(´・ω・`)うーん、個人的には性能面において申し分ないモデルだけど。
ULTRA LIGHT7程、気楽に購入可能ではないな。販売価格147,999円(税込)ですよ。
ULTRA LIGHT73台分の価格ですね。
DSCN5381grgeer.jpg
(`・ω・´)……ただ、RENAULT Carbon8って他ブランドのスピード系ミニベロとバトル出来る、革命的な走行性能を保有しているんですよ。
仮に「ロードやクロスバイクに、ウルトラライトシリーズでバトルしろ!」と言われたら、間違いなくRENAULT Carbon8を投入しますね。勝てないまでも、勝負位は出来るのではないかと。
街乗りというよりは、遠乗りやスポーツ目的に使用したいです。


(まとめ)
(´・ω・`)結局「使用目的別に、ルノーウルトラライトシリーズを選択すればいいのでは?」というのが、一番有効な選択手段ですね。

街中を走りたいなら、RENAULT ULTRA LIGHT7かRENAULT ULTRA LIGHT7 TRIPLE。
街中を高級感&スポーティーに走りたいなら、RENAULT MAGNESIUM6。
郊外をクロスバイク代わりにスポーティーに走りたいなら、RENAULT Carbon8。


以上の点を抑えておけば、色々楽しいチョイスが出来るかと。
DSCN4276graecfedcfe.jpg
2018 ULTRA LIGHT7 TRIPLE

( ;゚ω゚)……試乗時に個人的に一番欲しいと思ったのは、2018 ULTRA LIGHT7 TRIPLEでしたね。
販売価格が54,800円(税込)と抑え目だし、なにより街中とか仕事で都内を移動する際に一番使えそうな印象だった。

電車にもこれなら気楽に持ち込めそうだ。
コストをどこまでもかけられるなら、RENAULT MAGNESIUM6とかRENAULT Carbon8になってくるんですけどね。
ルノー(RENAULT) 軽量・コンパクト 7.4kg 14インチ 折りたたみ自転車 ULTRA LIGHT 7 F アルミフレーム 鍛造フォーク 47T×10T

スポンサードリンク

2018年01月14日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する