2018 GIOS NATURE デザイン面で他ブランドとの差別化を図った、細身のフレームが美しいグラベルロード スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス) > 2018 GIOS NATURE デザイン面で他ブランドとの差別化を図った、細身のフレームが美しいグラベルロード

2018 GIOS NATURE デザイン面で他ブランドとの差別化を図った、細身のフレームが美しいグラベルロード


ci-230250_3.jpg

2018 GIOS NATURE
(´・ω・`)スチールフレームが得意なジオスらしく、COLUMBUS社製クロモリフレームを採用したグラベルロードGIOS NATUREです。
(ブロックパターンタイヤと、メカニカルディスクを採用)
2017年モデルに、グラベルロードとして復活したモデルでして。

かつてのGIOS NATUREはアルミシクロクロスモデル路線➝クロモリグラベルロード路線として2017年モデルとして復活。
タイヤサイズもグラベルロードということで、走破性重視の35Cサイズを用意。
あと見逃せないのが、華麗なビジュアル性。
良質なコロンバス社製クロモリ鋼を採用しているおかげで、長期間楽しむ事が出来そうなグラベルロードとなっています。
なんだかんだで、堅牢なクロモリフレームはグラベルとも相性がいいですし。
ci-230250_9.jpg
コロンバス社製「Columbus Cromor」を採用
アルミ系グラべルロードが多い中で、ジオスとして特色のあるグラベルロードを出したかった様で。
それがコロンバス社製クロモリ鋼「Columbus Cromor」の採用に繋がったとか。
ニバクロやマンガン等を混ぜない、純粋なイタリアンスチールクロモリブテン鋼を採用。
(´・ω・`)衝撃吸収性もありますが、それなりに剛性も確保しているのでグラベルロードらしくスポーティーな走りもこなせそうです。
しかも、若干肉厚でもあるからグラベルロードに求められる堅牢性も確保してある。

ci-230250_14.jpg
シフトレバー SHIMANO ST-4700
SHIMANO TIAGRAを積極採用しているので、コストパフォーマンスが高いのもGIOS NATUREの特徴。
(´・ω・`)しかも販売価格13万円台で、ジオスオリジナルのグラベル用カーボンフォークまで用意してくれていますからね。
通常アルミフレーム+カーボンフォーク+ TIAGRAスペックのグラベルモデルだと14~15万円台はしますし。
個人的に13万円台でこれだけのイタリアンデザインと、豪華な仕様をナチュールはやってのけている。
ちょっとコスト面でも魅力的に映る、イタリアングラベルモデルですね。
ci-230250_15.jpg
ヘッドチューブが長いフレームジオメトリーを採用。
悪路にも対応可能な、アップライドなハンドルポジションも可能。
(´・ω・`)悪路に強いジオスモデルって、2018年モデルにおいても希少。
ci-230250_17.jpg
ci-230250_16.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CARBON FORK
最近のジオスはクロスバイクのミストラルとか、エアロライトなどのカーボンモデルが注目されていますが。
以前から、スチールフレーム+カーボンフォークの組み合わせを得意とするイタリアンブランドだった。
その長所が、まさかグラベルロードで生かされるとは。
ci-230250_19.jpg
フロントハブ SHIMANO HB-M475 32H
ディスクブレーキ対応MTB用フロントハブを採用。
ci-230250_18.jpg
ブレーキ MD-C500 φ160
ブレーキ MD-C500 メカニカルディスクをカーボンフォークの台座に設置。
ブレーキ部には、ワイヤー引きMTB用メカニカルディスクブレーキを採用。
( ロードで良くみられるフラットマウント方式ではなく、ハブ軸に対し直角方向にボルトを通して固定するポストマウント方式)
ci-230250_12.jpg
フレーム  COLUMBUS SPECIAL TUBING FOR GIOS
ci-230250_13.jpg
ci-230250_20.jpg
クロモリフレームに、クラシカルな胴抜きデザイン。
クロモリシングルスピードモデル「VINTAGE PISTA」やクロモリフレームツーリングバイク「SPAZIO」同様に、クラシカルなデザインを採用している。
ここ最近のジオスモデルはジオスブルーを前面に出した最新デザインが多い中で、あえてクラシカルデザインをグラベルロード系に持ってきている点が、ナチュールのユニークな点だ。
他ブランドのグラベルロードとの差別化が、デザイン面でも重視されている。
ci-230250_11.jpg
チェーンホイール SHIMANO FC-4700 50/34T L170mm
チェーン SHIMANO CN-HG54
フロントディレーラー SHIMANO FD-4700
リアディレーラー SHIMANO RD-4700SS
フリーホイール SHIMANO CS-FG500 12-28T

クランクなどにシクロクロス系パーツをあえて用いず、ロード系コンポをフル採用。
ci-230250_5.jpg
BB SHIMANO BB-RS-500 (BSA)
ci-230250_4.jpg
BB SHIMANO BB-RS-500 (BSA)
ci-230250_10.jpg
リム ALEX GD26 700C 32H
タイヤ KENDA K-1047 700×35C

ci-230250_8.jpg
ci-230250_6.jpg
ci-230250_7.jpg
良質なコロンバス社製クロモリ鋼を採用しているおかげで、長期間楽しむ事が出来そうなグラベルロードだ。
(´・ω・`)オンロードやオフロードをロードの様にこなせる、クロモリ系ジオスロードという点もちょっと面白そうですね。
GIOS ジオス 2019年モデル NATURE105 ナチュール105 [完成車]

スポンサードリンク

2018年01月21日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する