2018 KUOTA KOBALT 長期に渡って愛されるロングセラーなカーボンモデルの秘密とは? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KUOTA(クォータ) > 2018 KUOTA KOBALT 長期に渡って愛されるロングセラーなカーボンモデルの秘密とは?

2018 KUOTA KOBALT 長期に渡って愛されるロングセラーなカーボンモデルの秘密とは?

43a4b980f2afb7f60_5.jpg
2018 KUOTA KOBALT グレー/イエロー
(´・ω・`)もはや「伝統」になりつつある、エントリーカーボンモデル「KUOTA KOBALT」。

2015年モデルに一度モデルチェンジ、丸形シートポストに見られるようにオーソドックスなカーボンフレーム形状を採用。
当時としては、圧倒的なコスパを誇るエントリーモデルでしたが、その傾は現在でも変わらず。
クセの無い、素直なライディングフィールが持ち味。
見ての通り、上半身上向きのアップライドな姿勢で楽しく走る事が出来る。

とはいえエントリーモデルながら、BB386仕様を2015年モデル当時からいち早く取り入れた機種だ。
更に完成車だとコンポーネントはミックスではなく、徹底してフルシマノ路線なので好感が持てる。
2017年モデル採用の7色に及ぶカラーリング展開が好評だったので、2018年モデルも7色を引き継いだ形に。

2015年モデルは、当時新型として登場したSHIMANO 105仕様で定価 ¥219,800だった。
(´・ω・`)今2018年モデルの価格を見てきたけど196,992円 (税込)。
リーズナブルなカーボンモデルとしての地位は健在ですね。
もし仮に2019年モデルもこの仕様のままなら、長期に渡って愛されるロングセラーなエントリーカーボンモデルになりそうです。
cc-kuota-kryon105_20htehyr.jpg
2018 KUOTA KRYON
快適性を重視したエンデュランスロード&エアロ形状デザインの KUOTA KRYON。
価格は246,024円 (税込)
KUOTA KOBALTの価格に4万円程プラスすれば、エアロ性能と快適性を重視したフレームが手に入る訳だ。
(´・ω・`)逆に定番&オーソドックスなカーボンフレーム形状を重視したい方は、KOBALTですね。
43a4b980f2afb7f60_4.jpg
2018 KUOTA KOBALT  グレー/レッド
カラーリング的にはやはりグレー/レッドが一番人気。
43a4b980f2afb7f60_7.jpg
トップチューブは乗り易い様にスローピング形状を採用。
最近エアロ性能が重視されがちなイタリアンカーボンモデルながら、乗り易さを重視したフレーム。
43a4b980f2afb7f60_8.jpg
重量 フレーム:1,090g、フロントフォーク:470g
1000g程度のカーボンに、フルで105仕様というのも、2018年モデルにおいてもなかなか美味しいのでは?
現行のKUOTA KOBALTモデルが登場してきた2015年モデル当初は、まるでミドルグレードカーボンモデルの様な仕様とコスパでしたが。
2018年モデルにおいても、KUOTA KOBALTはやはりコスパが高い印象を受けます。
コスパが高く&仕様が真面目一筋だからこそ、これだけ長い期間続いてきた秘密な訳で。

エントリーモデルながら、ハンドルとステムはイタリアDeda製。
コストを抑えたエントリーモデルというには、何気に豪華な仕様です。
43a4b980f2afb7f60_12.jpg
ヘッドセット  トップ:1-1/8、ボトム:1-1/2
43a4b980f2afb7f60_10.jpg
メインコンポ 105コンパクトクランク仕様、又はTiagraコンパクトクランク仕様
43a4b980f2afb7f60_11.jpg
43a4b980f2afb7f60_9.jpg
ホイール SHIMANO WH-R010(105仕様、Tiagra仕様共通)
トップチューブから繋がる、モノステー形状。
かつては、上位カーボンフレームのみに採用していた形状でしたが。
今ではエントリーモデルにも、普通に採用される時代に。
43a4b980f2afb7f60_6.jpg
2018 KUOTA KOBALT  グレー/ブルー
ハンドル、ステム、サドル  Deda&prologo
《在庫あり》KUOTA(クォータ) 2018年モデル KOBALT (コバルト) TIAGRA

スポンサードリンク

2018年02月16日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する