2018 CENTURION CROSSFIRE GRAVEL 2000 ミリタリー系メンズファッション感覚で乗れそうなグラベルロード スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > CENTURION センチュリオン > 2018 CENTURION CROSSFIRE GRAVEL 2000 ミリタリー系メンズファッション感覚で乗れそうなグラベルロード

2018 CENTURION CROSSFIRE GRAVEL 2000 ミリタリー系メンズファッション感覚で乗れそうなグラベルロード


ci-62462jyt0_2.jpg
2018 CENTURION CROSSFIRE GRAVEL 2000 マットサンド(ダークグレー)
センチュリオン新型グラベルロード「CROSSFIRE GRAVEL」シリーズには、105仕様とティアグラ仕様があるんですが。
ドイツセンチュリオンは、2018年モデルにおいてグラベルロードのデザインにかなり熱が入っている様です。

(´・ω・`)この「CROSSFIRE GRAVEL 2000」シリーズは、リーズナブルなティアグラ仕様。
更に油圧ではなく、TRPメカニカルディスク仕様を採用し気軽にグラベルロードを楽しめる志向になっています。

街乗りなどを意識してマットサンドカラーを採用したのかな?
男女に人気なフランス軍ブルゾンF-2とか、MA-1などのミリタリーファッションってあるじゃないですか?
ミリタリージャケット感覚で、グラベルロードを楽しめるようにマットサンドカラーを選択するのも楽しそうですね。
ci-624619_2o97.jpg
2018 CENTURION CROSSFIRE GRAVEL 3000
CROSSFIRE GRAVEL 3000は105スペック&油圧ディスクブレーキ仕様。
仕様がワンランク上なので、20万オーバーですが。
ネイビーブルーのカラーリングが、ドイツ系レーシングマシンっぽい。
いつもストイックなデザインが特徴のドイツセンチュリオンにしては、かなりデザイン面で冒険している。
ci-624620_4.jpg
タイヤ KENDA フリントリッジ、700X40C、仏式バルブ
(´・ω・`)やはり注目すべきはグラベルライド用に、700X40Cと非常にボリュームのあるタイヤサイズを採用している点です。
低速でも安定しやすいグラベルのエントリーモデルとはいえ、まさかここまで太めのタイヤサイズを用意してくるとは……
(ちなみに700X40Cサイズですがオンロードでも、使い易いとの事)

逆にシクロクロスモデルの「CROSS FIRE 2000」などは、700×32Cサイズを採用。シクロクロス競技用に走破性と快速性を重視。
このグラベルロード版「CROSSFIRE GRAVEL 2000」は、やはり悪路走破性を重視したタイヤサイズですね。
競技重視ではなく、悪路を伴う長距離走破性を最重要視。
なんとなく、ドイツというよりは米国系のグラベルロードに近いタイヤサイズになるかな?

つまり悪路操作性をそれだけ重視したということは、街乗りではほぼ無敵の走破性を発揮する訳で。
だからこそ街乗りで生える様にマットサンドカラーを用意して、ミリタリーテイストを濃くしたデザインなのでは?
ci-624620_9.jpg
ブレーキレバー  SHIMANO ティアグラ、ST-4700
シフター SHIMANO ティアグラ、ST-4700

ハンドルバー PROCRAFT グラベル、リーチ81mm、ドロップ130mm、ベンド6.4°
ステム  PROCRAFT AL OS PRO、-7°ライズ、バークランプ径 31.8mm
シフター、フロント&リアディレーラーはシマノティアグラで固めている。
更にフロントは50/34Tコンパクトクランク、リアは11-34Tと非常にワイドな設定。
ロードに近いギア比ながら、地形への対応も十分に可能。上り坂にも、十二分に対応出来るグラベルです。
ci-624620_10.jpg
ゼロスタック テーパーヘッド
フェンダー&キャリアーダボ、リプレイサブル リアメカハンガー
フェンダーダボが設けられているので、バイクパッキングなどのツーリング用途にも対応。
ci-624620_8.jpg
フォーク  スポーツ アルミフォーク、テーパーコラム、フェンダーダボ
ci-624620_7.jpg
ブレーキ  TRP SPYRE C、MD-C610C、TR-160-1 160mmローター
フロントハブ PROCRAFT RX-300、32H、6ボルト ローターマウント
GRAVEL 3000は油圧ディスクのシマノBR-RS505ですが……
このGRAVEL 2000デュアルピストン方式のTRP SPYREを採用。

ci-624620_6.jpg
ci-624620_11.jpg
ci-624620_6.jpg
フレーム  クロスファイヤー グラベル アルミフレーム
ci-624620_13.jpg
クランク  SHIMANO FC-RS400、50/34T
クランクはシマノ製クランク(グループ外)
とはいえ、ドライブトレインはフルシマノ。
悪路走破性を重視しながらも、長距離を走破する為にロード系ドライブトレインを採用。
ci-624620_14.jpg
ci-624620_20.jpg
プレスフィットタイプ BBシェル(シェル幅 86.5mm)
さすが、センチュリオン。
BB周辺の溶接も見事に処理してありますよ。
ヘッド周辺も見て通り↓
ci-624620_12.jpg
(´・ω・`)うん、これはお見事。
メリダ兄貴分だけあって、エントリーグレードのグラベルロードながらアルミフレームもかなり凝った処理を行っていますよ。
ci-624620_18.jpg
ci-624620_19.jpg
ci-624620_16.jpg
リア ディレーラー  SHIMANO ティアグラ、RD-4700-GS
リア スプロケット  SHIMANO ティアグラ、CS-HG500-10、11-34T、10スピード
ci-624620_17.jpg
リア ハブ PROCRAFT RX-300、32H、6ボルト ローターマウント
ci-624620_15.jpg
サドル PROCRAFT レース(VL-1353)
シートポスト PROCRAFT SP67T.1、27.2mm

ci-624620_3.jpg
ミリタリージャケットとかを、ちょっと羽織るだけでもかっこいいですが。
このCROSSFIRE GRAVEL 2000も、ちょいと乗るだけでなかなかいけそうですね。
ミリタリー系メンズファッション感覚で乗れそうなグラベルロードです。

もちろんツーリングや、グラベル性能を強化した強力なエントリーグラベルモデルなのは分かりますが。
このマットサンドカラーは、街乗りをかなり意識しているユニークなミリタリーカラーですよね。
《在庫あり》CENTURION センチュリオン 2018年モデル CROSSFIRE GRAVEL 2000 クロスファイヤーグラベル 2000

スポンサードリンク

2018年02月19日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する