2018 GIOS FELUCA 10年以上の長きにわたり、セカンドグレードを貫いてきたクロモリミニベロモデル。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス) > 2018 GIOS FELUCA 10年以上の長きにわたり、セカンドグレードを貫いてきたクロモリミニベロモデル。

2018 GIOS FELUCA 10年以上の長きにわたり、セカンドグレードを貫いてきたクロモリミニベロモデル。


cc-gios-feluca_12.jpg
2018 GIOS FELUCA
このGIOS FELUCAはGIOSクロモリミニベロラインナップにおいて、長年にわたりセカンドグレードを貫いてきたモデル。
(;゚ω゚ )……既に販売され続けてから10年以上? 流石にこのブログでも、2007年より前のデーターはない……
メインコンポーネントはSHIMANO SORAで、フロントダブルにリア9速仕様。
伝統的に、SORAグレードを継続して採用し続けているのが特徴。
それも、10年以上に及ぶのだから凄いですね。
cc-gios-feluca_13.jpg
長期に渡り販売されている「ロングセラー系ダイヤモンドフレーム型」のクロモリミニベロは、完成度の高いモデルが多いです。
アルミ系ダイヤモンドフレーム型ミニベロだと、少々フレームが硬くなる傾向がありますね。
(もちろん、アルミ系ダイヤモンドフレーム型でも「当たり」がある。コーダーブルームのレイル20とか、ダホンのダッシュアルティナとか。基本的に快速性&スピードを出す事が得意なモデルが、アルミ系ダイヤモンドフレーム型ミニベロの場合多い傾向にある)

(´・ω・`)クロモリ系ダイヤモンドフレーム型ミニベロの場合、快適性を上手く稼いでいるモデルが多いですね。
しかも、スポーツ性能も稼いでいる傾向もある。
基本的にダイヤモンドフレーム型ミニベロの場合、アルミよりもクロモリの方が相性がいい気がします。
だからこそ、各ブランドのクロモリ系ダイヤモンドフレーム型ミニベロモデルは、GIOS FELUCAの様に長期に渡って販売されているのですね。
ci-230264_6.jpg
2018 GIOS FELUCA PISTA
2017年モデルより、FELUCAはシングルスピード化。
シングルスピード化した事により 9.5Kgと軽量に成功。ミニベロが得意とするストップ&ゴー性能を重視し、タイヤは35Cのブロックパターンタイヤを装着。
街乗りの際の、悪路走破性も強化した。
(´・ω・`)街乗りなどの際は、 GIOS FELUCA PISTAも楽しそうですね。
でも遠乗りなら、間違いなく元祖GIOS FELUCAが良さげ。
cc-gios-feluca_16.jpg
ハンドルバー GIOS ORIGINAL Φ26.0
ステム GIOS ORIGINAL 80mm

フレーム 4130 CR-MO SPECIAL TUBING FOR GIOS
2010年モデルの資料を確認してみると、やはりフレーム「4130 CR-MO SPECIAL TUBING」を採用。
変わらない事が、逆にFELUCAの強味かもしれませんね。
cc-gios-feluca_6.jpg
シフトレバー SHIMANO ST-R3000
メインコンポーネントは、SHIMANO 新SORA を搭載。
よく考えたら、ずっとSTI変速機構を貫いてきたクロモリ系ミニベロでもある。
cc-gios-feluca_4.jpg
cc-gios-feluca_7.jpg
cc-gios-feluca_8.jpg
ブレーキ TEKTRO 510A
cc-gios-feluca_9.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK 1” JIS
フロントハブ RB-91F 32H
リム ALEX DA-22 (451) 32H
タイヤ KENDA K-WEST 20×1-1/8
フォークは上位モデルのPANTOはカーボン。だがこのFELUCAはクロモリを採用しているので、衝撃吸収性を稼ぎつつ価格のリーズナブル化に成功。

またホイールは前後共に32本のスポークで組まれている。
上位モデルであるPANTOはエアロホイール装備なので、高速性を重視。
このFELUCAは、耐久性を重視したホイール仕様になっている。
cc-gios-feluca_11.jpg
cc-gios-felucaygj_5.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-R3000
チェーンホイール CHAINWHEEL: SOLID-320 52/42T 165mm

(´・ω・`)やはりFELUCAはフレーム&フォークがフルクロモリなので、あえてクランクもレトロなシルバーに。
上位モデルのPANTOは、よりスポーツ性を重視しているので、4アームクランク仕様。
ジオスクロモリフレームのデザインを生かそうとしているのは、実はセカンドグレードのFELUCAだったりする。

またギア比はフロントギアが52-42T、リアカセットが12-23T。
坂道を上るよりも平坦な道を走るほうが得意。
車重は10.5kgと、フルクロモリではあるが軽量さも確保してある。
cc-gios-feluca_17.jpg
BB  TH-7420 (BSA)
cc-gios-feluca_20.jpg
cc-gios-feluca_18.jpg
cc-gios-feluca_19.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R3000SS
カセット SHIMANO CS-HG400-9 11-25T

cc-gios-feluca_14.jpg
サドル GIOS ORIGINAL
シートポスト GIOS ORIGINAL Φ27.2

メインコンポーネントを2018年モデルからSHIMANO 新SORAにしてきたとはいえ、基本的なデザインはあまり変わらないロングセラーモデルだから、安心感があるクロモリ系ミニベロですね。
《在庫あり》【大人気!イタリアブランドのミニベロ】GIOS(ジオス) 2018年モデル FELUCA(フェルーカ)

スポンサードリンク

2018年02月20日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する