電動クロスバイク系ジャンルにおいて、アシスト可能距離が国内最大級じゃないか!? 2018 YAMAHA YPJ-ECの仕様をチェックしてみる。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > YAMAHA YPJ-R > 電動クロスバイク系ジャンルにおいて、アシスト可能距離が国内最大級じゃないか!? 2018 YAMAHA YPJ-ECの仕様をチェックしてみる。

電動クロスバイク系ジャンルにおいて、アシスト可能距離が国内最大級じゃないか!? 2018 YAMAHA YPJ-ECの仕様をチェックしてみる。

DSCN4429nfx (2)
YAMAHA YPJ-EC(参考出展車)
き、記録更新!?
こっ、更新している……!!??
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル アシスト可能距離、実に222km!!??
電動クロスバイク系ジャンルにおいて、アシスト可能距離が国内最大級じゃないか!?

この数字を越えるスポーツ系電動クロスバイクや、クロスバイク系ebikeってそうそうないはずですが。
これが、本格ebikeの実力か……
本格スポーツ系YAMAHAパワーユニット「PW-SE」を搭載したebikeと、通常電動アシスト系クロスバイクと

( ;゚ω゚)……とっ、とりあえず、メジャーな電動クロスバイクの最大アシスト可能距離を簡単に一覧にしてみました↓



gfwrfew4532.jpg
パナソニック ジェッター ロングモードで約85km
imgrc0068011989.jpg
ブリヂストン リアルストリーム オートエコモードで90km
DSCN4551gte.jpg
MIYATA CRUISE ECOモードで115km


(´;ω;`)メジャーブランド系電動クロスバイクやebikeって、どんなに頑張っても100kmが限界じゃないですか?
YAMAHA YPJ-ECの222kmというアシスト距離が怖すぎる……いかにとんでもない数字を叩き出しているかが、良く分かります。
えー!? まさか、電動系クロスバイクにおいていきなり200km越えが早速出るなんて予想していなかったな。
せいぜい150kmが限界かと思っていたのですが。
なんでこんなに距離を稼げるかというと、やはりYAMAHAが自前で用意したアシストユニットの存在が大きすぎる訳ですよ。
gallery_pict_003.jpg
欧州で流通しているYAMAHAパワーユニット「PW-SE」。
「YPJ-EC」には、海外で実際に使用されているパワーユニットをそのまま採用。
PWseries SEは、第1世代PWシリーズの一般的な機能をすべて継承&バージョンアップした、最新鋭新型ユニット。
( ゚∀゚)アハハ
これがEUでガチに勝負しているYAMAHAブランドの性能か!
YAMAHAパワーユニット「PW-SE」をそのまま「YAMAHA YPJ-EC」に投入したからこそ、オーバースペックなebikeが完成されたわけですね。
やっぱり、自前でアシストユニットを生産しているメリットてデカいんですね。
du_pict_002.jpg
YAMAHAパワーユニット「PW-SE」トリプルセンサーシステム
トリプルセンサーシステムは、「スムーズかつパワフル」な性能を発揮する為に3つのセンサーシステムを採用。
(1)ペダル踏力を検出するトルクセンサー
(2)自転車の速度を検出する速度センサー
(3)ペダル操作による回転数を検出するクランクセンサー。

これらの3つのセンサーのおかげで、システムはライダーにすべての乗車条件で継続的なアシストを提供してくれる。この一定のアシストは、「滑らかで強力な」アシスト性能を発揮する。

DSCN4432nf (1)
人間工学に基づいたエルゴノミック形状 コンパクトマルチファンクションメーター
SHIMANO SORA ラピッドファイヤーシフト
YAMAHA YPJ-ECは基本的に、SORAスペックの電動クロスバイクですね。
例のエルゴノミック形状の液晶ディスプレーなどを搭載。
SORAスペックのラピッドファイヤーシフトに見られる様に、フラットバーロードに近い変速機構を持っています。
DSCN4432nf (2)
SHIMANO製SORAスペックメカニカルディスクブレーキを前後に装着(φ160mmディスクローター)
通勤~ツーリング対応の700×35Cタイヤ

( ;゚ω゚)……なんと、前後スルーアクスル仕様。
グラベルロード的なebikeを狙っているのだろうか?
DSCN4429nfx (1)
36V-13.3Ah大容量バッテリーを搭載

1充電あたりの走行距離
ハイモード 89km
スタンダードモード109km
エコモード 148km
プラスエコモード 222km
アシストオフモード-

(´・ω・`)注目すべきは、ハイモードですら89kmというアシスト可能距離を叩き出している訳ですよ。
悪路や坂道が多い、路面でも普通に長距離対応してくれそうですね。
DSCN4430nf (1)
SORAスペック外装変速18段
フロントディレイラー SHIMANO SORA
リヤディレイラー SHIMANO SORA
クランク 50T/34T
歯数11T~30T

ソラスペックのロード歯数と変わらない、ドライブトレイン。
ちなみにこの展示車のタイヤは「CST Sensamo Sumo ロードシティタイヤ」を装着してありました。
5mm と厚めのゴム層により、ガラス、tact、釘などのとがったものを原因とするパンクから最大限保護するのを目的としている。
非常に丈夫で長持ち。
(´・ω・`)グラベルロードやアドベンチャ―ロード風に、Clement製シクロクロスタイヤを用意してあげたら楽しそうだな。
折角のメカニカルディスク仕様だし。
DSCN4430nf (2)
ヤマハ [YAMAHA] 【お店で受取り選択可】【ご予約・6月上旬頃】 2018 YPJ-EC 電動自転車 クロスバイク 機械式ディスクブレーキ

スポンサードリンク

2018年03月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する