2018 YAMAHA YPJ-TC 自然と地球を愛するなら、環境に優しい電動トレッキングバイクで旅をするのが正解。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > YAMAHA YPJ-R > 2018 YAMAHA YPJ-TC 自然と地球を愛するなら、環境に優しい電動トレッキングバイクで旅をするのが正解。

2018 YAMAHA YPJ-TC 自然と地球を愛するなら、環境に優しい電動トレッキングバイクで旅をするのが正解。


DSCN4442t34t3 (2)
YAMAHA YPJ-TC
YAMAHA eBIKEシリーズであるYPJシリーズにおいて、初の電動トレッキングバイクモデルである。
(´・ω・`)この地球でトレッキングバイクを使って旅する場合、地球と環境に優しい移動手段の一つですよ。
二酸化炭素は出さない、静音性が高く、なおかつパワフル。


トレッキングバイクって?
荷物を運搬する為のキャリアー、泥除け、駐輪の為のスタンド、悪路や天候にも左右されないディスクブレーキ、フロントサスペンションなどを搭載した長距離走行を目的としたEUで流行しているバイク。
EUなどでは日常的な移動などに使用され、街乗りなどに使い勝手がいい。
DSCN4449gegew (1)
どちらかというとYPJ-TCって、ツーリング時に走破しなくてはならない、山系や坂道を意識したバイクなんですね。
(´・ω・`)トレッキングバイクというと、自転車文化が発達した国で愛用されるバイクモデルではないですか?
ヤマハとしてはそれだけ日本市場の未来性に賭けた結果、電動トレッキングバイクを出してきたんじゃないかと思うのですが。


実はヤマハは、電動トレッキングバイク開発に以前から力を入れているブランドでもあるのですよ↓
img03frrwger.jpg
feasfe2332.jpg

YAMAHA オフロードタイプ電動バイク コンセプトモデル「エレクトリック・マウンテントレール PED2」
YAMAHAはオフロードタイプ&山系オートバイの分野においても、電動化に力を入れている。
これは、そのコンセプトモデルです。

自然の地形を相手にする電動トレッキングバイクなら、確かに排気ガスを出さないのでエコであるんですよね。
更に電動モーターは、静音性も高いのでより自然に溶け込みやすい。
fafea43535.jpg
ゼロスタート時に最大トルクを提供し、走行時安定した出力を常に提供な能な「電気モーター」はトレッキングバイクにも最適なのだ。
YAMAHA YPJ-TCもエコ志向でパワフルに走れる、トレッキングバイクなのかもしれない。
自然と地球を愛するなら、電動トレッキングバイクで旅をするのが正解。
DSCN4439fer (1)
YAHAMAは電動オフロード系オートバイとリンクさせるつもりで、電動アシストトレッキングバイクに力をいれているのかもしれない。
いずれにしても、電動トレッキングバイクのノウハウは有しているはずだ。
(´・ω・`)しかしこうして見て見ると、ガソリンエンジンの時代は本当に終わりを迎えつつあるんだな……。
DSCN4441gtr.jpg
コンパクトマルチファンクションメーター
様々な情報が表示可能な液晶ディスプレイを採用。
(速度やペダリングパワー、消費カロリー等)
更にマイクロUSBポートも搭載し、スマートフォン等への給電が可能。

誰にでも親しみやすい&操作性が用意なフラットバー仕様になっている。
また街乗りの際、アップライドな姿勢で走行可能。
index-photo_0ik10-6.jpg
バッテリー供給式の新型バッテリーランプ
(´・ω・`)夜間などの走行に対応出来る幅広さは、トレッキングバイクならでは。
DSCN4439fer (2)
SHIMANO Acera油圧式ディスクブレーキを前後に装着。(φ160mmのディスクローター)
電動クロスバイクの「YAMAHA YPJ-EC」は、メカニカルディスク仕様。
長距離やツーリングにも対応可能なトレッキングバイク「YPJ-TC」はより強力な油圧ディスク仕様だ。
また凹凸に対応可能なフロントサスはYPJシリーズにおいて、初搭載になる。

タイヤは700×35Cサイズを前後に装着。
舗装路での快適性を高めた700×35Cサイズタイヤ。
EUのトレッキングバイクの標準タイヤサイズである、「700×35C」サイズをヤマハは採用してきましたね。
タイヤサイズは、EU標準か。
DSCN4444fw (2)
(´・ω・`)地味な話だが、最初から専用泥除けを用意してきたという点は評価してよいのでは?
後付けオプションで、更に追加料金を払わなくて済むし。
DSCN4447t343 (2)
シマノSORAスペック外装18速(前2速×後9速)
リヤディレイラーには、スポーツ走行で高い実績を誇るSHIMANO SORAを採用。
gallery_pict_003tgr.jpg
欧州で流通しているYAMAHAパワーユニット「PW-SE」を搭載。
(´・ω・`)ちなみに、海外でYAMAHAパワーユニット「PW-SE」はeMTBなどに使用されていた。
山系MTBにすら採用されている、強力なアシストシステムをトレッキングバイクに持ってきた事になる。
DSCN4444fw (1)
EUで流通している「PWseries SE」ドライブユニット&36V-13.3Ah大容量バッテリー搭載!!
長距離を想定した電動アシストトレッキングバイクだけあって、プラスエコモードプラスで実に237kmを走破可能。
237kmも走破可能なんだから、電動トレッキングバイクとしての機能は十二分に有しているのだ。
DSCN4448t33t (1)
DSCN4448t33t (2)
サイドスタンド
サイドスタンドを標準装備。(´・ω・`)何気に日常性が高いebikeでもある。
サイドスタンドにしては、流線型かつ強靭そうだった。
DSCN4449gegew (2)
LEDライト付リヤキャリア・フェンダー
LEDライト付リヤキャリアとフェンダーを標準装備。
フェンダーとキャリア後方に、LEDライトの付いたリヤキャリアを標準装備。
後方を走る車などに対する被視認性も配慮。
ヤマハ [YAMAHA] 【お店で受取り選択可】【ご予約・6月上旬頃】 2018 YPJ-TC 油圧式ディスクブレーキ 電動自転車 クロスバイク

スポンサードリンク

2018年03月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する