2018 CENTURION SPEED DRIVE 1000  10万円台のクロスバイクは「そのブランドが本当にやりたかった仕様」を、落とし込んでいるモデルが多い スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > CENTURION センチュリオン > 2018 CENTURION SPEED DRIVE 1000  10万円台のクロスバイクは「そのブランドが本当にやりたかった仕様」を、落とし込んでいるモデルが多い

2018 CENTURION SPEED DRIVE 1000  10万円台のクロスバイクは「そのブランドが本当にやりたかった仕様」を、落とし込んでいるモデルが多い



ci-604412_2.jpg
2018 CENTURION SPEED DRIVE 1000
基本的に10万円台をオーバーするクロスバイクは、コンポーネントのグレードがレベルUPしているモデルが多い。
エントリーモデル系クロスバイクに比べて、10万円台はフレーム剛性やフレーム強度も高いレベルで獲得している。
この油圧ディスク仕様の「CENTURION SPEED DRIVE 1000」は、「次世代のクロスバイクはこうあるべき!」 と主張しているかの様なクロスバイクモデルですね。
(´・ω・`)しかし、油圧ディスクタイプのバイク人気が高まっていますが。
センチュリオンは上手く油圧ディスクを、クロスバイクへ取り入れる事に成功したな……。

(基本的に10万円台のクロスバイクは、メーカーの理想とするクロスバイクモデルが多い)
特にスピードドライブシリーズは、ロードの速度域をクロスバイクながらに獲得した高性能アルミフレームを採用。
プレスフィットタイプ BBシェル(シェル幅 86.5mm)を有するなど、ロードに近い仕様になってくる。
8万、9万、10万とクロスバイクの価格がUPしていくにつれ、カーボンフォークになったり、ティアグラスペックが登場したり、重量が軽量になったりと急激にパーツと性能がパワーUPしていく価格帯。それが10万円台前後だ。

SPEED DRIVE 1000 は販売価格が12万円台ですが。
センチュリオンはそれだけコストをかけてようやく、本来やりたかった油圧ディスク仕様のクロスバイクを市場へ投入してきたのでしょう。
(´・ω・`)やっぱり、ディスクブレーキにセンチュリオンは賭けていますね。
963020565506b285f_6.jpg
2018 CENTURION CROSSLINE 30 RIGID
例えばSHIMANO アルタス7速(21SPEED)&Vブレーキ仕様の「CROSSLINE 30 RIGID」
5万円台のクロスバイクだけあって、どうしてもSPEED DRIVE 1000に比べてコンポーネントが厳しい仕様になる。
【(´・ω・`)もちろん機能的には問題ないレベルでしょうが】

ただ、やはり人気は5万円台クロスバイクモデルという事になるだろう。
5万円台クロスバイクの中でも、CROSSLINE 30 RIGIDは人気モデルの一つだ。
ci-604412_3.jpg
CENTURION SPEED DRIVE 1000の場合はティアグラスペックに、シマノ油圧ディスクブレーキSHIMANO BR-M446を採用。
なんとなくフレームデザインも、仕様も乗りに乗っている感がある。
高いフレーム強度や油圧ディスクを有した、アドベンチャーロード的な要素を獲得したクロスバイクとも言える。

(´・ω・`)ですので、10万円台のクロスバイクを各ブランドチェックすると傾向や「そのブランドが本当にやりたかった仕様」を、落とし込んでいるモデルが多いです。

例えばロードブランドの10万円クラスのクロスバイクになってくると、軽量化の為にカーボンフォークを採用したり、ホィールがメジャーブランドになったりと、やはりロードに近い走行性能の向上を狙った仕様が多くなる傾向にありますし。

性能面で重視したいなら10万円台のクロスバイクをチェックしてみるのも、なかなか楽しいです。
ci-604412_8.jpg
なんとグリップは、ロードの様にバーテープを巻き付けたものになっている。
クロスバイクとしては、異色のグリップだ。
ci-604412_7.jpg
シフター SHIMANO ティアグラ、SL-4700
ブレーキレバー SHIMANO BL-T445

ci-604412_6.jpg
ゼロスタック テーパーヘッド
ヘッドチューブ下部を大径化(1-1/2インチ)したテーパーヘッド
剛性重視路線。
ci-604412_4.jpg
ci-604412_5.jpg
アルミフォーク、テーパーコラム、フェンダーダボ
下ワン1.5インチのアルミフォーク仕様。カーボンに次ぐ軽さのあるフォーク素材でもある。
剛性を重視したアルミフォーク路線だ。
ci-604412_19.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-M446、SM-RT54 160mmローター
ポストマウントのディスク台座。前後共に9mmのクイックアクスル仕様。
ci-604412_9.jpg
フレーム スピードドライブ D アルミフレーム
ci-604412_10.jpg
ci-604412_11.jpg
フロント ディレーラー SHIMANO ティアグラ、FD-4700-F
クランク SHIMANO ティアグラ、FC-4700、50/34T
リア スプロケット SHIMANO ティアグラ、CS-HG500-10、11-34T、10スピード
リア ディレーラー SHIMANO ティアグラ、RD-4700-GS

基本的にドライブトレインやブレーキパーツに、コストをかけている上位クロスバイクモデルと言っていいだろう。

ci-604412_18.jpg
ボトムブラケット SHIMANO BB-RS500-PB
ゼロスタック テーパーヘッドにプレスフィットBB……クロスバイクとしての仕様を越えていますな。
流石センチュリオン。
ci-604412_17.jpg
駐輪を考慮した専用キックスタンド用台座を用意。
ci-604412_13.jpg
ci-604412_16.jpg
タイヤ CONTINENTAL コンタクトスピード、700X32C、仏式バルブ
ci-604412_14.jpg
ci-604412_15.jpg
サドル PROCRAFT レース(VL-1353)
シートポスト PROCRAFT SP-DC1、27.2mm

CENTURION(センチュリオン) 2018年モデル SPEED DRIVE 1000 (スピードドライブ 1000)[ディスクブレーキ仕様][クロスバイク]

スポンサードリンク

2018年03月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する