2018 ANCHOR RL3 EX  (´・ω・`)真面目に作ったロングライド系アルミロードモデルを、そのままクロスバイク化しちゃった スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > ANCHOR アンカー > 2018 ANCHOR RL3 EX  (´・ω・`)真面目に作ったロングライド系アルミロードモデルを、そのままクロスバイク化しちゃった

2018 ANCHOR RL3 EX  (´・ω・`)真面目に作ったロングライド系アルミロードモデルを、そのままクロスバイク化しちゃった



imgrc0068632895.jpg
2018 ANCHOR RL3 EX
ブリヂストンアンカーがクロスバイクを出してくるなんて、実に久々ですね。
しかも、アンカーらしくロングライドモデル仕様のクロスバイクですよ。
なんと、ロングライド用ロードバイクANCHOR RL3をそのままフラットバー化。
なのでシマノSORAをそのまま持ってきていますので、クロスバイクといえど長距離に強い本格派の設定になっています。

(´・ω・`)エントリーグレードといえどフレームにPROFORMATという解析技術を用いているので、実に推進力を重視した走りを見せてくれる点に注目。
最近のアンカー系アルミモデルは、PROFORMATのお蔭でサクサク前に進む性能がありますからね。
快適性重視から、推進力重視へ舵を切ったお蔭でエントリーグレードといえど侮れない性能を有しています。

PROFORMATとは?
ブリヂストン中央研究所とは、自動車用タイヤの原料ともなるゴム、ウレタンをはじめとするさまざまな素材の試験や分析開発研究を行っているブリヂストンの研究部門
ブリヂストン アンカーが関連会社であるブリヂストン中央研究所と共に造り上げた解析システムが「PROFORMAT」。
車体にかかる応力や空気抵抗、車輪の高くなどの物理現象を解析し、理想の性能を実際のフレームとして再現している。
この解析システムは、人と自転車が前へ進む力を最大に高める事に成功。
imgrc0068632835.jpg
2018 BRIDGESTONE ANCHOR RL3 EX
これがロードモデルのBRIDGESTONE RL3 EX。
これがフラットバー化したのが、RL3 FLAT EXという訳です。
( ;゚ω゚)…… しかもANCHOR RL3 EXのフォークはなんとフルカーボン。コンポーネントも最初からロングライドを想定しているのでSORAスペックを採用。
ロングライドアルミモデルこだわりの仕様がそのまま、クロスバイク化! これはたまらんな……
ステアリングコラムもカーボンなので、ロングライドの際の乗り心地も追及。
フレーム自体は共通なので、後日RL3 FLAT EXをドロップバー化すればそのままロードとしてもいけますね。
imgrc0068632557hyt.jpg
2018 BRIDGESTONE ANCHOR RL6 Epse
(ただの余談)エントリーグレードロードモデルのANCHOR RL3シリーズは、ミドルグレードアルミロングライドモデルRL6の設計を引き継いだアルミモデルでもある。
(またRL6もロングライドモデルということで、輪行などの扱いにも耐えるアルミの強度を誇るアルミフレーム)

つまりRL3 EXはミドルグレードモデルRL6の特性を活かしながら、製造工程における加工を必要最小限に抑えたエントリーモデルと言っていいい。
長距離走行性能を維持しつつ、高いコストパフォーマンスを誇るクロスバイクなのだ。
imgrc0068632894.jpg
ハンドル アルミフラット
ANCHOR RL3 EXは「クロスバイクでどこまで長距離走れるか?」 というテーマに挑んだクロスバイクモデルと言える。

またエントリーユーザーは筋肉が発達していないため、クロスバイクの様な前傾姿勢のゆるく浅い腰の角度の方が乗り易い。
慣れてきたら、前傾姿勢を強調したポジションが可能なドロップハンドル化で楽しむ事も可能。
乗り手に合わせて、変化対応可能なクロスバイクなのだ。
imgrc0068632893.jpg
シフター SHIMANO SORA SL-R3000
imgrc0068632890.jpg
ブレーキ SHIMANO SORA
元々RL3はヘッドチューブを高めに設定して、アップライドなポジションを取り易い様に設計されている。
imgrc0068632891.jpg
ヘッド小物 TANGE IS227EP ダイレクトインタイプ 上1-1/8 下1-1/4
フレーム PROFORMAT ST-SHAPE Aluminium A6061 インテグラルヘッド
imgrc0068632892.jpg
フロントフォーク Carbon Monocoque カーボンコラム  クラウンレース一体成型 ベンド形状 スーパーオーバーサイズ

フレームサイズに合わせた4種のフォーク 上位ANCHOR RL6と同様のカーボンフォークを採用
アンカーは、それぞれのフレームサイズに合った設計の「オフセット値」異なるフォークを4種用意している。
4種のフォークをフレームサイズごとに使い分け、どのサイズでも適切な操作感を得られるよう設計。
ハンドル操作に関わるキャスター角度(ヘッド角度)が、フレームサイズにより変化しないための配慮だ。

ヘッド角度やオフセット値が、サイズごとに細かく設定されているのでどのサイズでも乗り易い設定になっています。
この辺の日本人ならではの細かい配慮は、アンカーならでは。
また、ANCHOR RL3 EXは、上位ANCHOR RL6と同様のカーボンフォークを採用している。
imgrc0068632888.jpg
フレーム重量 フレームセット2,060g(490mm)
imgrc0068632887.jpg
ボトムブラケット SHIMANO BB-UN26 110L 68W
ギアクランク SUGINO XD2D 50-34T 390mm:160L/440-490mm:165L/540mm:170L
フロントディレーラー SHIMANO SORA FD-R3000 直付 SM-AD91(φ31.8 アダプター)
リアディレーラー SHIMANO SORA FD-R3000-SS
スプロケット SHIMANO CS-HG50 9S 13-25T

SUGINO製クランクや、タンゲヘッドセットなど日系ブランドを採用したモデルでもある。
やっぱりアンカーは日本ブランドということで、その辺も重視。

またロングライド用としての基本設定を持つRL3は、後上部のシートステーをベントさせ振動吸収性を向上。
imgrc0068632886.jpg
シートポスト ANCHOR Aluminium φ27.2X300L
サドル ANCHOR COMFORT

トップチューブ、シートチューブ、シートステーが交わる溶接部を磨き上げ、チューブ同士の一体感を高めている。
imgrc0068632885.jpg
ホイール
リムMRX30 28H
ハブ SHIMANO SORA RS300

タイヤ BRIDGESTONE DISTANZA 700×25C
完成車重量
10.0kg(490mm)ペダル付き
9.7kg(490mm)ペダルなし

(´・ω・`)ぶっちゃけ、真面目に作ったロングライド系アルミロードモデルを、そのままクロスバイク化しちゃった訳だから長距離にめっぽう強いクロスバイクに仕上がっちゃいましたね。
アンカーは以前からエントリーモデル程、性能的に美味しい場合が多い。
2018モデルRL3 FLAT EXANCHOR(アンカー)ブリヂストンアンカーフラットバーロードバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

スポンサードリンク

2018年04月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する