2018 FUJI TRACK ARCV (フジ トラックアーカイブ) SIXTH Components XENON FRONT WHEELでカスタマイズ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2018 FUJI TRACK ARCV (フジ トラックアーカイブ) SIXTH Components XENON FRONT WHEELでカスタマイズ

2018 FUJI TRACK ARCV (フジ トラックアーカイブ) SIXTH Components XENON FRONT WHEELでカスタマイズ


cc-241110_5.jpg
2018 FUJI TRACK ARCV (フジ トラックアーカイブ)カスタマイズモデル

FUJIのアルミ版TRACKシリーズTRACK ARCV(トラックアーカイブ)。
そのTRACK ARCVに、SIXTH Componentsのカーボンエアロホィール「ゼノンフロントホイール」でカスタマイズしたモデルですね。
(´・ω・`)前下がりなパシュートスタイルの、太目アルミフレーム。
あえて、アルミフレームの太さを強調したデザインを採用し、2017年度に人気を博したフジの新型シングルスピード「FUJI TRACK ARCV」。
そこにフロントのカーボンエアロホィールカスタムってかっこいい……


パシュートジオメトリーを採用したストリート仕様のシングルスピード。
元々FUJI TRACK ARCVには軽量A2-SLアルミニウムを採用し、超軽量8kgという数字を叩き出しています。

トップチューブが前下がりになるようなフレームジオメトリや、高い速度域に対応するべく落差を出せる水平になったステム。
フェザーよりも高いギア比設定など、全体的に戦闘的なシングルスピードバイクでもあります。
cc-241110_11.jpg
SIXTH Components XENON FRONT WHEEL (ゼノンホイールフロントホイール)

TRACK ARCVのコンポーネントはすべてブラック。漆黒のSIXTH Componentsとの相性もいい訳だ。
エアロホィールを履くとスピードを維持する能力が上がるけど。フロントにゼノンホイールを持ってきたことで、どの程度平均速度速度が上がるか楽しみだな。

cc-241109_6htr.jpg
2018 BALLAD Ω OMEGA (バラッドオメガ)カスタマイズモデル
先日紹介しちたBALLAD Ω OMEGAカスタマイズモデル。
こちらも、シックスコンポーネンツのゼノンホイールでカスタマイズしたんですね。
なんでもこのカスタマイズモデル、現在即に完売になってしまった……相変わらずの人気者だ。

(´・ω・`)クロモリフォーク&フレームと、SIXTH Componentsの愛称もいいな。
こっちだとフレームが細くなる分、よりエアロホィールの存在感が強烈になっている。
うーん。アルミシングルスピードFUJI TRACK ARCVのほうが、デザイン的にはよりストリート感があるかな?

cc-241110_6.jpg
ヘッドセット FSA, 1 1/8" integrated
ハンドルバー Fuji Classic alloy track, 25.4mm

クランクセット Sugino MC pista crank, 48T
カセット 16T Cog w/lock ring
チェーン KMC Z510


FUJI TRACK ARCVのドライブトレインのギア比は48Tと16T。
参考にFUJIの元祖シングルスピードモデル「FEATHER」は46Tと16T。
なので、FEATHERよりTRACK ARCVの方が脚力を必要とする仕様です。
タフな仕様ですがカーボンエアロホィールでドレスアップしたシングルスピード「TRACK ARCV」はビジュアル的にもなかなか魅力的ですね。
(´・ω・`)またクランクのブランドは国内系Suginoを採用ですよ。
cc-241110_4.jpg
メインフレーム  A2-SL custom-butted alloy w/ integrated head tube
リアトライアングル  A2-SL alloy aero seatstays w/ ride tuned chainstays forged Track dropout w/

軽量A2-SLアルミニウムの快速感に期待。
スムースウェルドされているので、溶接跡も美麗ですよ。
cc-241110_7.jpg
cc-241110_8.jpg
フォーク FC-770 Fuji straight blade integrated carbon w/ 1 1/8" alloy steerer
元々TRACK ARCVにはC-5のハイモデュラス カーボン フォークブレードを採用。
エアロホィールとのビジュアル的な相性がいい。
BALLAD Ωのベントしたクロモリフォークとは違い、カーボン フォークブレードだとエアロ感が強調されてくるのね。
cc-241110_10.jpg
cc-241110_9.jpg
cc-241110_12.jpg
BALLAD Ωもクロモリながらストリートや街乗りに強い走行性能ですし。アルミフレームのTRACK ARCVも、最初からストリート仕様。
(´・ω・`)BALLAD Ωの人気ぶりは、流石ですが。
特にTRACK ARCVも、2017年度から高い人気を誇るシングルスピードです。
やっぱりシングルスピードモデルを、いち早く市場で開拓してきたフジは、こっち方面の展開がが実に上手いな。
FUJI(フジ) 2018年モデル TRACK ARCV (トラックアーカイブ)カスタマイズモデル[シングルスピード][ピストバイク]

スポンサードリンク

2018年04月17日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する