700Bike GALAXY Lite 209(リア9速 5万円台達成!)  「REDDOT Design Award2016」を受賞した折り畳みモデル、日本上陸へ。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 未分類 > 700Bike GALAXY Lite 209(リア9速 5万円台達成!)  「REDDOT Design Award2016」を受賞した折り畳みモデル、日本上陸へ。

700Bike GALAXY Lite 209(リア9速 5万円台達成!)  「REDDOT Design Award2016」を受賞した折り畳みモデル、日本上陸へ。


700bike-Galaxy-hed-v2-796x398.jpg
02-02173-2016-1.jpg
700Bike GALAXY (海外仕様)

ドイツの国際的プロダクトデザイン賞「REDDOT Design Award2016」を受賞した折り畳みモデルです。
中国に本拠を置く700Bike(セブンバイク 7bike)。この度日本上陸する事になりましたが、その前に本家海外仕様モデルをチェックしてみました。

これは、海外仕様の700Bike GALAXYというモデルですが、なかなかデザインがカッコいい。
突起のないフレームジョイントが、フラットなデザインを実現。
最近台湾や中国系折り畳みモデルにおいて、接合部が平坦なのが流行しているのかな?
現在流行しているIoT系機能を搭載した、折り畳み自転車だ。
Galaxy-displayfre.jpg
(´・ω・`)どうもこの海外仕様のギャラクシーというモデルは、最近流行のIoT系機能を満載の様ですね。

海外で流通している700Bikeは、デジタルディスプレイ、トラッカーが内蔵された折り畳み式の軽量自転車GPS、距離、消費カロリーなどを記録する能力を有しているとか。
更には、自己充電型のバッテリーで駆動させる事が可能。

2019年度から、日本国内に本格輸入される事になりましたが。
世界初の、デジタルディスプレー内臓仕様などは省略されている様です。
700bike-Galaxy-hed-1592x796.jpg
中国のシリコンバレーと呼ばれる、中国深圳市。
やはりシェアバイクが普及している都市でもある。

そんな中、自分が自転車を所有している喜びと、より良い乗り心地を楽しんでもらおうと開発されたのがギャラクシーバイクだ。
700Bikeは、都市生活者が街乗りで使い易い様に工夫している。
だからこそカジュアルなデザインであるし、収納性を高めた折り畳み構造。
更にIoT機能を搭載して都市生活での利便性を高めているのだろう。
Folding1.jpg
中国従来の自転車業界や流通業者に依存しない流通形態を取っているという。
どうしてもその流通形態だと消費者との距離が生じてしまうので、顧客と密接につながった電子商取引という手法をとっている。
Folded-bike-at-home.jpg
収納後の美しさにもこだわった折り畳みフレームデザインを採用。
北欧家具と組み合わせても生えるインテリアデザイン性も有するのがポイント。
(´・ω・`)普通玄関先に収納するのが一般的だが、普通にソファなどの横に置いてもインテリアの調和を乱さないデザインになっている。
惜しい事に海外仕様そのままの「700Bike GALAXY」としては、日本上陸してこないようで。
IoT系の機能を省略した仕様になっています。

その代わり日本仕様らしく、スペシャルな? 事になっていまして……



70201-01.jpg
700Bike GALAXY Lite 209(日本販売仕様)
日本国内で販売される700Bike GALAXYは「700Bike GALAXY Lite 209」という名称が与えられているのですが。
デザイン性の高いフラットなフレームデザインはそのままとはいえ、
なんと日本仕様は5万円台リア9速灯台!
更に注目点は、グリップシフターながらリア9速仕様である点ですよ!!!
(SRAM製 X-5 9段変速ギアを搭載)
数少ない、米国SRAM9速グリップシフト仕様のミニベロでもあります!

どちらというとIoTよりも、グリップシフターによる高速性を高めた仕様になっている点がそそられます。
前53T×後11T-28Tとなり、かなりの高速での走行が楽しめる設定に、。
9段変速&ディスクブレーキ仕様で、5万円台と、ユニークな価格設定で勝負してきています。
70201-09.jpg
これが日本仕様のカラーリング。
イエロー、ブラック、ホワイトの3色展開。
70201-03.jpg
ハンドル幅58cm ハンドル高さ98cm
アルミ鋳造ハンドルステム。
頑丈でスマートな形状。
(´・ω・`)SRAMU9s仕様のグリップシフトか……普通トリガーシフトが一般的ですが。
あえて多段グリップシフターに強いSRAMを持ってきたあたり、面白さを感じる。
70201-05jt.jpg
タイヤサイズ:20×1.75(米式バルブ)
70201-06.jpg
フレーム&フォーク アルミ製 全長145cmハンドル(折りたたみサイズ:76.5cm×41cm×高さ72cm) 重量:約13kg
折り畳みフレームには埋め込み式フレームジョイントレバー。
(´・ω・`)本当、最近この埋め込み式が増えてきた印象を受ける。
70201-04.jpg
ブレーキ 前後TEKTRO製ディスクブレーキを搭載
折り畳みモデルながら、強力な制動力を確保。
やはり毎日の生活用ということで、雨の日にも強いブレーキ仕様にこだわった。
70201-08.jpg
日本版ギャラクシーにはSRAM製 X-5 9段変速仕様。
グリップシフターながら、9速仕様を採用。
(´・ω・`)シマノのトリガーシフトではなく、SRAM製グリップシフターでリア9速に挑んでいる。
70201-07.jpg
シートポスト:肉薄で軽量化を図っており、エアロティアドロップ型のシートポストを採用。
空気の流れの剥離を防ぎ、整流効果も狙った形状に。
これにより後輪にかけての空気の流れが連続する事になり、空気抵抗を低減。
また穴空け加工は軽量化にも一役買っている。

スポンサードリンク

2018年04月25日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する