2018 BRIDGESTONE MARKROSA F (マークローザF)  リサーチに基づいて設計された、人気折り畳み自転車 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BRIDGESTONE ブリヂストン > 2018 BRIDGESTONE MARKROSA F (マークローザF)  リサーチに基づいて設計された、人気折り畳み自転車

2018 BRIDGESTONE MARKROSA F (マークローザF)  リサーチに基づいて設計された、人気折り畳み自転車

img_markrosa23_zoom@2x (1)
2018 BRIDGESTONE MARKROSA F (マークローザF) 「MRF86」 外装6段変速 18インチ
(´・ω・`)2015年10月にお披露目され、今やブリヂストン系フォールディングモデルモデルの顔になった感があります。
実は2013年度におけるブリヂストンの自転車市場調査から生まれた、折り畳みモデルなんですね。
(「自転車に関する調査」調査概要 調査期間:2013年8月21日(水)〜22(木)より)

2013年当時は折り畳み自転車の購入意欲が一位。
保有率もママチャリに次ぐ2位だった頃から、折り畳み自転車の拡大を当時においてシュミレーション。
マニアックなミニベロというよりは、都市生活における日常性を徹底的に追及した結果誕生したのが「MARKROSA F」。

結局自転車調査をベースにしたマーケティング戦略が当たり、現在でも折り畳み売り上げランキングでも上位に食い込む人気を誇ります。
img_point_01@2x.jpg
直線パイプ「折りたたみパラレルフレーム」
日常性を追求した結果、シンプル極まりない折り畳み機構が採用された
MARKROSA F 折り畳み機構最大の武器は、フレームを単純に折りたためること。
(´・ω・`)ここだけの話、複雑極まりない折り畳み自転車を、徹底的に単純な折り畳み機構を持ちこんだことが勝因にあげられます。
ハンドルを縮めて、フレームを二つ折りにするという単純さ。(単純さ故に、折り畳み時間短縮にも成功)

この>直線パイプ「折りたたみパラレルフレーム」デザインを採用した理由も、リサーチによるもの。
リサーチによると、スポーティーさよりも可愛さ、お洒落さを重視する声が多かった。
それ故に細身の直線丸パイプフレームという、折り畳みモデルには一風変わったデザインがマークローザFへ採用された経緯がある。
折りたたみモデルにしては実に珍しい、細みでシンプルな丸パイプフレームと言える。
フレームを折り畳むだけの単純な折り畳み機構とはいえ、車に積載、電車への持ち込みが可能。
とはいえ、このサイズなら家での保管に適しているだろう。


ちなみにこの「グリーンアッシュカラー」についてですが、どことなく英国風なカラーデザインを採用。
ちなみにブリヂストンは英国モールトンと共同開発していた時期があり、その頃からカラーデザインが飛躍的に向上した経緯がある。
泥除けなども、フレームと同一のカラーリングを施すなど実にかゆい所にまで気を使ったモデルだ。
img_point_03@2x.jpg
折りたたみ時寸法:幅910mmx高さ880mmx奥行420mm
特に重視した点はマンションでの駐輪スペースが確保できないユーザーが、部屋に保管できるサイズに徹した事だ。
盗難のリスクを低減指せることを重要視。
家の中に保管する事を想定し、自立出来る様に設計されている。

(スポーツモデルにはない、日常用途を最重要視)
(´・ω・`)スポーツ性ではなく、日常性を最重要視しているために「実用機能パーツを」充実させている。
スタッガード(泥除け)、マークローザシリーズの象徴的デザインとも言える網目デザインのワイヤードチェーンケース。
クッションサドル、錆対策を打ったステンレス製チェーン。
更にLEDライトを初期採用している点など。
img_markrosa25_zoom@2x.jpg
(スポーツ系ミニベロの逆を行く、フレーム設計)
MARKROSA Fのフレーム設計において、最重要テーマになった点はママチャリの様にアップライドポジションを採用した点です。
やはり日常性(デイリーユース)性を徹底した為に、実現したリラックスなポジションを最重要視したフレーム設計。
サビに強いステンガードチェーンを採用。
ブリヂストン系電動自転車に良く使用されるこのチェーンは、伸びに強く高耐久。
(´・ω・`)実は、ワンランク上のチェーンを、MARKROSA Fへ持ってきているんですね。

img_point_02@2x.jpg
ランプフロント バッテリーライト1000
LEDバッテリーランプが初期搭載されている。
img_markrosa24_zoom@2x.jpg
タイヤ BRIDGESTONE アメサイドタイヤ 18×1.5HE(標準空気圧 4気圧)幅50mm
ライトブラウンのサドルとハンドルグリップ、アメサイドタイヤをコーディネート。
(´・ω・`)タイヤサイズは、実用性を重視しているので18インチを採用。
小径モデルながら、走行性能を重視している点が特徴。

フロントのギアクランクは大き目の52T。
18インチミニベロモデルながら、ペダルの一漕ぎで進む距離は、26インチクラスのクロスバイクと同等のギア比設定だ。
外装6段変速、グリップシフターで変速操作が可能。
img_markrosa22_zoom@2x.jpg
フロントバスケットを設置したまま、折り畳める。
MARKROSA Fの日常性へのこだわりが、そんな所からも分かります。
「ブリヂストン」2018 MARKROSA F (マークローザF) 「MRF81」 シングル 18インチ 折りたたみ自転車

スポンサードリンク

2018年06月01日 トラックバック(-) コメント(-)