2019 Bianchi VIA NIRONE7 PRO105  105スペックのVIANIRONEが復活! 新型ケーブル内臓フレーム仕様!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2019 Bianchi VIA NIRONE7 PRO105  105スペックのVIANIRONEが復活! 新型ケーブル内臓フレーム仕様!!

2019 Bianchi VIA NIRONE7 PRO105  105スペックのVIANIRONEが復活! 新型ケーブル内臓フレーム仕様!!

cc-bianchi-via-nirone7-al-105_1.jpg
2019 Bianchi VIA NIRONE7 PRO105 Matt Black/Black
2019年モデルに105スペックのVIANIRONEが復活!
しかも新型ケーブル内臓フレーム仕様だ!!

2019年モデル仕様は新型7000系105、SORA、クラリスの3機種になる様ですね。
(´・ω・`)ん? ティアグラ仕様が消滅したか……まあ、今回は新型105 7000系が登場しましたし。
個人的にも、新型105仕様のVIANIRONEのデザインに興味が……
反則技クラスのイケメンマットブラックが用意されている!!

cc-bianchi-via-nirone7-al-105_4.jpg
確か5800系105スペック仕様の2015ニローネモデルが登場した時も、当時人気が沸騰した事がある。
男性&女性ユーザ共に、当時の5800系105スペック仕様のNIRONE試乗車は超大人気争奪戦状態だった。
やっぱり新型105が搭載されると、気になりますよね?
多分今回の新型7000系を搭載したVIANIRONEは、2019年モデル中一番人気になるのでは?
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_5.jpg
(*´Д`)ハァハァ いまだかつて、ここまでレーシーなデザインのNIRONEが存在しただろうか?? いや、ない!!

フレームがリニューアルされ、ケーブル類が一部内装式に変更。基本的なジオメトリーが従来のモデル通り。
あとちょっと嬉しいことに、小柄な方にも対応出来るフレームサイズをビアンキ側は用意していますよ?
従来のサイズに加えて、なんと2019年モデルから41サイズが追加する模様。

2018年モデルにおける最小44サイズを下回るジオメトリーを、2019年モデルに用意してきた点がいいですね。
小柄な方にも楽しめるサイズ展開になっている。
(´・ω・`)欲しいサイズが手に入らず、諦めていた方にとってはかなりの朗報ですよね。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_3.jpg
2019 Bianchi VIA NIRONE7 PRO105 CK16
ビアンキアルミ新型7000系仕様のエンデュランスアルミロードバイク
お手頃価格のロード完成車VIANIRONEはC2Cシリーズの、快適性を重視したアルミロードバイクではありますが。
(´・ω・`)画像からは分かりにくいですが、ダウンチューブやトップチューブなどがカーボンフレームに近づけた成型をしている点がポイント。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_9.jpg
アルミフレームながら石畳のある路面なら吸収して走り抜ける能力があるし、衝撃に強く、安定度の高い走りが得意。
(´・ω・`)ケーブルが内臓されたことで、よりカーボンみたいなシルエットになったもんだ……
チェレステCK16カラーも、なんかいいな。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_2.jpg
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_6.jpg
FRONT DERAILLEUR Shimano105 ST-R7000(ブラック)
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_12.jpg
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_8.jpg
(´・ω・`)流石に105スペックのアルミフレーム溶接個所が、実にスムーズ。
乗り易さ重視&走行安定性が高いアルミモデルながら、ビジュアルがまるでレーシングモデルの様だ。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_16.jpg
FORK Carbon Blade w/kevler, Alloy Steerer 1.1/8″
カーボンフォークに一部ケブラーを使用。2019年モデルも、衝撃吸収と路面との接地感を高めてある。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_11.jpg
FRAME Alloy
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_10.jpg
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_8.jpg
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_19.jpg
FRONT DERAILLEUR Shimano105 FD-R7000(ブラック)
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_18.jpg
CRANKSET Shimano FC-RS5510 50×34T
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_17.jpg
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_14.jpg
BRAKES Shimano105 BR-R7000(ブラック)
最近のビアンキカーボンモデルは力の伝導を弱めることなく、シートステイチのスリム化やエアロ化を進めていますが。
ニローネの場合は、アルミシートステーに曲げ加工を施して振動吸収性を確保する方式を継続。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_13.jpg
RIMS Alex AT470 32H
TIRE Vittoria Zaffiro 700Cx25C
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_20.jpg
REAR DERAILLEUR Shimano105 RD-R7000(ブラック)
SPROCKET Shimano105 11-32T
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_7.jpg
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_15.jpg
(´・ω・`)新型フレームこそはインターナルになったけど、快適性の高さに特化した性能なのは間違いない。
しかし新型105の恩恵で、どこまでも攻撃的&レーシーなルックスになってしまってなんか羨ましい。
やはりこのマットブラックは、新型105を購入してくれた方だけが手に入れる事が出来るプレミア的なカラーなんでしょうね。
新型コンポの性能が手に入る上に、それとコラボしたマットブラックが手に入る訳で。
Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル VIA NIRONE7 PRO105 (ヴィアニローネ7プロ105)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年07月03日 トラックバック(-) コメント(-)