2019 Bianchi OLTRE XR3 DISC105 今回のディスク化でXR3のレーシング性能を、高めてきている可能性も……?? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2019 Bianchi OLTRE XR3 DISC105 今回のディスク化でXR3のレーシング性能を、高めてきている可能性も……??

2019 Bianchi OLTRE XR3 DISC105 今回のディスク化でXR3のレーシング性能を、高めてきている可能性も……??

ci-341826_2.jpg
2019 Bianchi OLTRE XR3 DISC105 Matt Black
これは凄いな。
エアロ系オールラウンドモデルのOLTRE XR3が遂にディスク化した訳ですが。
ディスク化に合わせて、フレーム箇所の補強&パーツのエアロ化が行われていますね。

OLTRE XR3って性能的には、カウンターヴェイルの衝撃吸収システムが前面に出た走りをするモデルでして。
石畳や凸凹などの路面に対する処理能力が、異常に高い点が特徴。
フレーム全体がサスペンションの様なオルトレなので、悪路や凹凸のある路面にすこぶる強いです。

(´・ω・`)基本的に何にでも使える万能タイプですけど。どうもディスク化したことで、フォークがエアロ化したり、エンド部が補強されたりと。
全体的に、XR3をベースにパワーUPしたかのような印象。

通常のキャリパーブレーキ版XR3はスプリント性能や、快適性、剛性、パワーなどにおいてはミドルグレード以上の性能を誇りますが。
(特に、悪路でこいつと勝負しない方がいい)
今回のディスク化で、XR3のレーシング性能を高めてきている可能性も……ある??
ci-341826_9.jpg
例えばシートステー部だけでも、かなり形状が改修されています。
モノステー部分に、ディスク化に合わせた補強がされている……なんかベンツマークみたいだ。
キャリパーブレーキが消滅したのに、逆に補強されている点が凄いですね。



DSCN3471vsdu64u5.jpg
DSCN3479vsd (1)
2018 Bianchi Oltre XR3 シートステー部
(´・ω・`)参考までに。
これはキャリパーブレーキ版2018年モデルの Oltre XR3ですけど。
見ての通り、ブリッジの入ったモノステー形状。
ディスク版のステーの方が、更に強度が補強されている点が興味深い。
20180509101435bc4hryhyr.jpg
BIANCHI OLTRE XR4
オルトレ最強モデル「BIANCHI OLTRE XR4」。
オルトレを完全エアロ形状にリニューアル、なおかつ剛性をパワーUPさせたレーシング専門マシン。
もちろんあの、振動除去機能Countervail®(カウンターヴェイル)を搭載。
(´・ω・`)XR4は、純粋無垢のエアロレーシングオルトレモデル。
XR3は本来、万能タイプのオルトレ。

同じオルトレでもXR4とXR3は、完全に別物。
XR4はビアンキ最強の戦闘性能を誇るが、XR3はシチュエーションを選ばない万能の天才。
しかしながら、2019年モデルにおいてディスク化は見送られた模様。


ci-341826_4.jpg
ci-341826_7.jpg
( ;゚ω゚)にしても……なぜOLTRE XR3 DISC105の、フォーク部をエアロ化したんだ!!!??
しかもなんと、XR4に近いエアロ形状を、この新型XR3 DISKは取り入れているのだろう!!!

ち、ちょっと待てよ?
もしかして新型XR3はディスク化した上に、レーシング性能も強化している訳?
今回の新型OLTRE XR3 DISCって、 XR3よりも剛性面やエアロ面でパワーUPしていないか??
ci-341826_3.jpg
ホイール  Shimano WH-RS170
エントリーグレードロードディスク用ホイールShimano WH-RS170。
むむ……もう完全にキャリパー仕様とは決別した、ホイール構成。
ci-341826_1.jpg
XR4は完全無欠のレーシングエアロ形状ですが(見た目がエイリアンみたいで、実にカッコいい)。
XR3 DISKはセミエアロ形状といった所か。
新型105 7000系の登場に合わせて、人気が出そうだ。
(´・ω・`)ただちょっとXR3 DISKの走行性能は、キャリパーブレーキ版XR3とは異なる可能性もありそう。
ci-341826_15.jpg
ci-341826_12.jpg
フォーク Carbon w/Counervail 1.1/8″-1.5″
ci-341826_20.jpg
(´・ω・`)海外では文字通りレースなどにおいて競争力のあるOltreエアロロードバイクに、ディスクブレーキの優れたブレーキパワーを加えることが目的と歌われている。

つまり新型XR3 DISKははスピードを維持しつつ、全体的にスピードの速いレースタイムを維持する為の、信頼性の高い制動手段としてディスクを取り入れたという発想だ。
となるとキャリパーブレーキ版のXR3よりも、XR3 DISKの方がレーシング性能を向上させていそうな感じがする。
なんだかんだで、フォークやチェーンステーなどもエアロ化していますし。
これは実際乗ってみないと、分からない部分も多そうだ。
ちょっと楽しみ。
ci-341826_17.jpg
ci-341826_14.jpg
ci-341826_16.jpg
フレーム Carbon w/Countervail Disc BB PressFit 86,5×4
ci-341826_13.jpg
ci-341826_10.jpg
ci-341826_11.jpg
Countervail®(カウンターヴェイル)とは?
独自のカーボン繊維構造と粘弾性を持ち、 フレームとフォークの剛性と強度を向上させながらも最大80%の振動を除去するシステム。

錦織圭のWilson テニスラケットにも使われている、スポーツ系衝撃吸収システム。
(´・ω・`)確かにこのシステムを導入すると、エアロロードだろがMTBだろうが「剛性を殺さない衝撃吸収システム」を手に入れることが出来る。
ありとあらゆるフレーム形状に対応出来てしまう上に、スポーティーな性能も維持可能。
ci-341826_19.jpg
ci-341826_18.jpg
おお、チェーンステーがなんとエアロ形状になっている!
新型XR3 DISKはディスク化に合わせて、エンド部分が補強されているが。
フォークやチェーンステーなど、ポイントごとにエアロ形状を積極的に取り入れていますね。
ci-341826_21.jpg
( ;゚ω゚)……これは……実に面白そうなビアンキディスクモデルだ。
新型XR3 DISKは、単純にキャリパーブレーキ版XR3をディスク化した……という訳でもなさそう。
【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル OLTRE XR3 DISC105 (オルトレXR3ディスク105))[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年07月05日 トラックバック(-) コメント(-)