2019 GT GRADE CARBON EXPERT (グレードカーボンエキスパート) 悪路に強いグラベルロードであると同時に、悪路でいかにロードの走りを再現するかにこだわった機体でもある。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GT > 2019 GT GRADE CARBON EXPERT (グレードカーボンエキスパート) 悪路に強いグラベルロードであると同時に、悪路でいかにロードの走りを再現するかにこだわった機体でもある。

2019 GT GRADE CARBON EXPERT (グレードカーボンエキスパート) 悪路に強いグラベルロードであると同時に、悪路でいかにロードの走りを再現するかにこだわった機体でもある。


cc-gt-gradeall105_3.jpg
2019 GT GRADE CARBON EXPERT (グレードカーボンエキスパート)

GTの105スペックフルカーボングラベルロード「GT GRADE CARBON EXPERT」
2018年モデルは「GT GRADE CARBON 105」という名称でしたが。
2019年モデルからは「GRADE CARBON EXPERT」と名称が変更。

砂利道を走破する為の万能ロード!!! ということで、今年で4代目でしたっけ? 
今回の2019年モデルからは、105初の油圧ディスクブレーキR7000系を一気に採用。

GT GRADEシリーズは、「自走するMTB」の異名を持つグラベルロードだ。
(´・ω・`)それを、カーボンフレームで試みたのがこのGRADE CARBON EXPERT。
いかにMTBの走りを、ロードで再現するかというGTならではの試みがなされている。

フレーム全体がサスペンションの様な物で、正に自走するMTBと言ってもいい。
もちろん、優れた振動吸収力は都市部・トレイルともに快適さを提供。
cc-gt-gradeall105_19.jpg
デュアルファイバーダイナミクス
Gradeシリーズにはカーボンモデルとアルミフレームに分かれますが。
「GRADE CARBON EXPERT」はもちろんカーボンモデルだが、最大の特徴はカーボンシートステーにグラスファイバーのコアが内臓されている事ですね。

2つの軽量&頑丈な素材によってGRADE CARBON EXPERTのシートステーは、構成されている。
①グラスファイバーコアが驚異的な剛性を獲得。
②カーボンによるアウターレイヤーが振動吸収性を確保。

要するにグラスファイバーコアが強度面を、アウターカーボンが衝撃吸収性を確保している訳ですね。
グラスファイバーは頑丈な素材で、本来伸び縮みしない。だからこそ、カーボンがグラスファイバーの伸縮を補っているということか。
(´・ω・`)グラベルロードにMTB並みの強度を獲得する為に、2種の素材によるハイブリット構造のお蔭で

cc-gt-gradeall105_2.jpg
cc-gt-gradeall105_4.jpg
ハンドル GT ドロップチューン、 ダブルバテッド 6061 アルミニウムバー
グリップ Velo コルク、 3mm
ステム GT デザイン3D鍛造6061アルミニウム、 4 ボルト フェイスプレート、31.8mmクランプ、 7°ライズ

ヘッドセット インテグレーテッドTHシールドベアリング
シフター Shimano 105、 2×11
GTオリジナルのドロップハンドル「フレアドロップバー」。
ドロップハンドル株をハの字に広げて、荒れたダートであっても荷重をコントロールしながらライディングを続けることが可能
MTB並みのダートでのバイクコントロールをこなせる。
cc-gt-gradeall105_6.jpg
オールデイジオメトリー
わずかに寝かしたヘッドアングル、長いホイールベースと低いBB位置、長めのヘッドチューブ。これらのフレーム設計により、道を選ばず、一日中ライディングを楽しみ尽くすことができる
cc-gt-gradeall105_8.jpg
フォーク  GTカーボンテーパード1-1/8to1-1/4スレッドレスカーボンコラム、ディスク仕様、15mmスルーアクスル
リム Stan’s NoTubes Grail S1、28h
スポーク ステンレス、14g
タイヤ WTB Exposure Race、700 x 32c、Distance compound

チューブレスレディの第一人者でもあるStan’s NoTubes社のチューブレスレディタイヤ対応リム。490gの軽さでバイクと走りの軽さへの貢献は大きい。クリンチャータイヤにも対応。
タイヤは、クレメントからWTBへ変更。

Clement Strada Ush 700x32C(2018)→WTB Exposure Race、700 x 32C(2019)
(´・ω・`)悪路走破性を維持しながらも、ロード感を残す為に32Cサイズのタイヤを毎年採用。
浅いブロックタイヤが採用。乗り心地が良く、長距離走行も難なくこなすことができる。
フレームそのものが実に軽快に走るので、タイヤサイズを太くして軽快さを奪わないための配慮も。
最大35Cサイズまで対応可能。
cc-gt-gradeall105_7.jpg
ハブ (フロント)フォーミュラCL-71 15×100、 CL-2611 QR リア
ブレーキ Shimano油圧式ディスク、160/160mm
フロントフォークも先端を細くすることにより、路面からの衝撃吸収性を高めている。
フロントフォーク、チェーンステー、シートステーにそれぞれ衝撃吸収対策を打っている所が興味深い。
いかに悪路で、快適に走行できるか考え抜かれたグラベルロードだ。
gt-grade-homepage-600x400vs.jpg
(´・ω・`)ぶっちゃけ、このディスクブレーキのお蔭で林道においてMTBクラスの走りが可能。
ホイール中心に装着したローターを制動するディスクブレーキ。油圧式は機械式よりさらに制動力が高く、確実なコントロールを可能に。
更にはホイールベースとヘッドチューブも長めにして、長距離ロングライドにも使えるジオメトリーだ。
cc-gt-gradeall105_10.jpg
cc-gt-gradeall105_11.jpg
ボトムブラケット Shimano Hollowtech
cc-gt-gradeall105_23.jpg
cc-gt-gradeall105_22.jpg
フレーム GT エンデュロード カーボン フレーム 、 ディスク仕様トリプルトライアングルフレーム(※) PFBB31 ボトム ブラケット、 取り外し式フェンダー ブリッジ
cc-gt-gradeall105_14.jpg
フロントディレーラー Shimano 105、 直付式
クランク Shimano 105、 52/36
cc-gt-gradeall105_20.jpg
cc-gt-gradeall105_12.jpg
cc-gt-gradeall105_21.jpg
サドル WTB Silverado Pro
シートポスト GTカーボン、20mmオフセット、27.2x350mm

cc-gt-gradeall105_18.jpg
cc-gt-gradeall105_16.jpg
チェーンステーは路面からの衝撃に対応させるために、ベント形状を採用。
しなりを持たせた。
デュアルファイバーダイナミクスを施した、極細シートステーとの相乗効果も期待できる。
cc-gt-gradeall105_15.jpg
リアディレーラー Shimano 105 GS
スプロケット Shimano 105、 11-32、 11-speed

モスグリーンカラーって、古き良きアメリカ的なカラーリングで素敵ですね。
(´・ω・`)とはいえ、ジオメトリーやパーツ構成は最新鋭。
悪路に強いグラベルロードであると同時に、悪路でいかにロードの走りを再現するかにこだわった機体でもある。
【先行予約受付中】GT(ジーティー) 2019年モデル GRADE CARBON EXPERT (グレードカーボンエキスパート)[グラベルロード][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年07月12日 トラックバック(-) コメント(-)