2019 Bianchi IMPULSO ALLROAD105 DISC 年を追うごとに、仕様が最新になっていく恐ろしい機体 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2019 Bianchi IMPULSO ALLROAD105 DISC 年を追うごとに、仕様が最新になっていく恐ろしい機体

2019 Bianchi IMPULSO ALLROAD105 DISC 年を追うごとに、仕様が最新になっていく恐ろしい機体

ci-512205_1.jpg
2019 Bianchi IMPULSO ALLROAD105 DISC
IMPULSO DISKはビアンキ伝統のモデルではなく、最新のグラベルロードのスペックを有した新型と言えます。
(´・ω・`)どういう訳か、IMPULSOはビアンキのディスク化における試作機?実験機? みたいな役割を担う事になる。
XR3 DISKやARIA DISKに先駆けて、色々な最新のスペックや流行を取り入れる事に積極的な機体でして。
毎回斬新な仕様変更に驚かされます。

(簡単な IMPULSOディスクモデルのここ最近の流れ)
2017年モデルのBIANCHI IMPULSO105 DISCは、ビアンキアルミディスクロードとして登場。(長距離ロングライド用)
2018年モデル「BIANCHI IMPULSO105 DISC」がグラベルロード化。(文字通りの万能対応のグラベルロード)
「Bianchi IMPULSO ALLROAD105 DISC」と名称を変更。
いきなり機械式ディスクを油圧化(フラットマウント仕様)した、豪華絢爛の仕様。
2019年モデルよりフラットマウント仕様の105新型油圧ディスクブレーキを採用。

2016年モデル辺りからディスク化が。2017年モデルからはグラベルロードが一気に流行したじゃないですか?
本来アルミロードだったBIANCHI IMPULSOは、正にビアンキモデルの斬り込み隊長として試作機の様に形態を変えていきます。
(´・ω・`)海外では、更にその傾向が強い様でして……
20180513101231547hr.jpg
20180513101234eechrt.jpg
海外モデルBIANCI Impulso e-Road
( ;゚ω゚)……海外ではIMPULSOは電動アシスト化までしているという……
ある意味ビアンキの歴史を背負っていないアルミモデルなので、色々自由が利くという事か?

正にIMPULSOはビアンキにおける、アルミロード試作機ですね。
恐らく、日本国内においてビアンキ初のe-Roadが発売されるとしたら、IMPULSOモデルに白羽の矢は立つのでは?
ci-512205_2.jpg
2019年モデルのビアンキグラベルロード「IMPULSO ALLROAD105 DISC」も、2018年モデルに引き続き油圧ディスクブレーキを採用。
(´・ω・`)とはいえこの2019年モデルから新型シマノ105 7000系を一気にインストールですよ!
ディスクブレーキ専用フレームということでワイヤーは内装式に変更。
フロントフォークもフルカーボン化して更にパワーUPしていますね。
年を追うごとに、仕様が最新になっていく恐ろしい機体だ。
ci-512205_4.jpg
ハンドルバー JD JD-68A 31.8mm Flare HandleBar
ci-512205_5.jpg
シフター シマノ105 ST-R7020
ci-512205_6.jpg
やっぱり注目は、IMPULSO がビアンキアルミモデルにおいて唯一「トリプルハイドロフォームドテクノロジー」を採用しているという事ですね。
見ての通り溶接面が無く、見た目カーボンフレームの様ではないですか?
トップチューブをヘッドチューブに溶接しているんですが。
溶接後わざわざ金型に入れ再度一体成型しているんですよ。
そして再度別の金型へ流し込み一体成型の工程を再び行うことで、モノコックなフレームの完成。
「トリプルハイドロフォームドテクノロジー」のおかげで、ヘッド周辺の剛性も高まるのでグラベルロードにうってつけという訳。
ci-512205_13.jpg
フォーク Carbon 1.1/8"
ci-512205_12.jpg
フロントハブ Formula CL-712
前後スルーアクスル方式を採用。
ディスク化当初は、フロントのみスルーアクスルを採用していましたが。
現在では、完璧に前後スルーアクスルですよ。
ci-512205_20.jpg
ブレーキ シマノ105 BR-R7020
ci-512205_14.jpg
フレーム ALLOY
IMPULSO DISCのアルミフレームは快適性を重視しつつ、確実な加速性を提供する為に、特大のダウンチューブやチェーンステーが用意されている!
ci-512205_11.jpg
(´・ω・`)最近のアルミ成型技術って、凄いな。
マジで溶接部が分からないし、見た目まるでカーボンに見える。
ci-512205_17.jpg
(クランクの仕様が現時点で不明。後日判明次第追記します)
ci-512205_16.jpg
フロントディレイラー シマノ105
ci-512205_10.jpg
ci-512205_9.jpg
ci-512205_7.jpg
ci-512205_8.jpg
サドル San Era Open-fit Wide Start-Up
シートクランプ Promax MX-112C 35mm

リアハブ Formula RXC-142S

ci-512205_18.jpg
リアディレイラー シマノ105
スプロケット シマノ105 11sp. 11/32T

ci-512205_15.jpg
タイヤ Kenda Flintridge 700×35C
【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル IMPULSO ALLROAD105 DISC (インプルーソ105ディスクブレーキ)オールロード[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年07月13日 トラックバック(-) コメント(-)