2019 Bianchi SPECIALISSIMA DURA ACE  スペシャリッシマとXR4の性能を比較する スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2019 Bianchi SPECIALISSIMA DURA ACE  スペシャリッシマとXR4の性能を比較する

2019 Bianchi SPECIALISSIMA DURA ACE  スペシャリッシマとXR4の性能を比較する

ci-341817_1.jpg

2019 Bianchi SPECIALISSIMA DURA ACE
軽量クライミングモデル「SPECIALISSIMA」
プレミアムディーラーのレパルトコルサモデルですが。新型エアロロードOLTRE XR4 との比較をしてみました。
(´・ω・`)比較とは言っても、両モデル共に感動レベルの性能だったのでどっちが上か下かもないのですが。
20150714095532132fce.jpg
SPECIALISSIMA試乗時の画像(2017年モデル)

ヒルクライムモデルSPECIALISSIMAの特徴
①走りに抵抗感がない(「軽量性」「剛性」「衝撃吸収性」がミックス) 浮遊感すらある。
②強力な剛性を生かした加速性能 ヒルクラムモデルとは思えないパワー。まるでフルオートの様だ。
③衝撃吸収システムCountervail®(カウンターヴェイル)を搭載。
④異様な軽さを体感できるビアンキモデル。軽量感と、抵抗感の無さはビアンキ最強クラス。
⑤脚力への負荷は少ない。が、走りは脚力に依存する部分が大きいと思う。



ci-341820_4cws.jpg
2019 Bianchi OLTRE XR4 DURA ACE
DSCN5778kyfr.jpg
OLTRE XR4試乗時の画像(2018年モデル)

エアロレーシングモデルOLTRE XR4の特徴
①フレーム剛性が前に出ているエアロフレーム。大出力で推進力を発動。局面においても、無敵クラスの剛性を発揮。(恐らく歴代ビアンキモデル最強クラス) ある意味フレームで走るモデルだ。
②路面状態や体力面などのコンディションが悪化する程、真価を発揮する規格外の力を持つ。
③衝撃吸収システムCountervail®(カウンターヴェイル)カウンターベイルを搭載。
 悪路を舗装路に変換しながら滑空してしまう、反則的なレーシングモデル。
④豪脚に対応出来る高剛性フレーム。脚力次第で、抜群の登板性能を発揮するはず。



ci-341817_2.jpg
(´;ω;`)こんなスーパーモデルを比較だなんて、贅沢過ぎる……
ただ剛性は、間違いなくOLTRE XR4 の方が上。元々XRシリーズを、レーシング用途に究極レベルまで戦闘性能を高めたモデルがXR4なんですが。レース用の機体そのもののパワーですね。
ツールでも山岳ステージを制した性能は有名。

軽量感というか抵抗の無さ、万能性はSPECIALISSIMAかな。
どちらかというと、体への負荷を限界まで減らした走行感がある。
間違いなく登板性能はSPECIALISSIMAの方が、楽出来そうな気がする。

(では悪路なら、どちらの方が上?)
両モデル共に衝撃吸収システムCountervail®を搭載しているので、差はない。
OLTRE XR4は多少小石の混じった悪路を、SPECIALISSIMAは石畳を舗装路の様な走行感に変換してしまう機能を持つ。
多少の荒れた路面など、両モデルの敵ではない
ci-341817_3.jpg
(´・ω・`)やはりSPECIALISSIMAは重量を抑えつつ、Countervail®を搭載する事に成功した画期的なヒルクライムモデルだと思うのですよ。
あと平地でも使える剛性やパワーも有してる、一挙両得なモデル。
扱い易さは、やはりSPECIALISSIMAの長所と言えます。
OLTRE XR4 は「勝利」の為のエアロロード。スピード性能やレースに特化した怪物ですね。
玄人が勝利の為に乗る、エアロロードこそがOLTRE XR4。

贅沢だが初めて扱うならSPECIALISSIMA。ある意味、ゆっくり走る事にも向いているな贅沢なモデルです。
起伏の激しい路面や、趣味でその辺を走るのに使用するにもってこい。
ci-341817_18.jpg
フレーム Super light carbon w/Countervail
ci-341817_4.jpg
多角形状のダウンチューブ。画像よりも現物の方がかなりボリュームがあると感じる。
フレームの形状で剛性を高める工夫を施してある。
XR4はフレームで走るモデルですが、どちらかというとSPECIALISSIMAは脚で走るモデル。
脚力への依存度はSPECIALISSIMAの方が高いかな。
もちろんSPECIALISSIMAは、脚力への負荷は限界まで減らしてあります。
ci-341817_9.jpg
トツプチューブに貫通したケーブルの流れは、エアロロードXR4に近い形状。
ci-341817_11.jpg
ci-341817_5.jpg
フォーク Carbon w/Counervail 1.1/8″-1.4″
ci-341817_13.jpg
ホイール  Fulcrum Racing Zero Nite C17
アルミホイールの中でもトップクラスの性能を誇るフルクラムレーシングゼロナイト
ci-341817_8.jpg
(´・ω・`)一見大型の丸形ダウンチューブに見えますが。
剛性をコントロールする為に、角が入っているのですよ。
ci-341817_15.jpg
ci-341817_16.jpg
ci-341817_17.jpg
BB PressFit 86,5×41
ci-341817_10.jpg
ci-341817_6.jpg
ci-341817_7.jpg
ci-341817_14.jpg
ci-341817_12.jpg
(´・ω・`)衝撃吸収システムCountervail®(カウンターヴェイル)を搭載したモデルといえば、旧インフィニートCVやXR3などがありますが。

フラグシップモデルのSPECIALISSIMAやXR4の恐ろしい所は、Countervail®(カウンターヴェイル)を搭載しつつも、同時に剛性&エアロ性能や、ヒルクライム性能を高めてきた点にあるんですよね。
【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル SPECIALISSIMA DURA ACE (スペシャリッシマデュラエース)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル OLTRE XR4 DURA ACE (オルトレXR4デュラエース)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年07月15日 トラックバック(-) コメント(-)