2019 TERN GLEAM F1 クロモリで、あえてエアロミニベロフレームに挑んでくる所がターンですね。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > TERN(DAHONブランド) > 2019 TERN GLEAM F1 クロモリで、あえてエアロミニベロフレームに挑んでくる所がターンですね。

2019 TERN GLEAM F1 クロモリで、あえてエアロミニベロフレームに挑んでくる所がターンですね。

ci-760366_1.jpg
2019 TERN GLEAM F1
クロモリクロスバイクモデル「TERN GLEAM」が、ミニベロロードとして再登場!!
(´・ω・`)これはちょっと凄いミニベロかも……フィン加工したクロモリフレームにスムースウェルディングですよ。
逆スローピングフレームに、メカニカルディスク仕様。挙句の果てにカーボンフォークまで実装!
コンポも、新型105 7000系をいち早くミニベロに取り入れた、最新鋭仕様のクロモリミニベロです。

ci-760366_7.jpg
フレーム Tern x Kitt Design, chromoly, smooth-weld, Fin finish
80年代のエアロスチールモデルCinelli Laserを彷彿とさせる、エアロフィン形状。
クロモリフレームにエアロフィン形状を導入すると、高いフレーム強度を獲得し、ねじれ剛性も高くなる。

( ;゚ω゚)……くっ、クロモリで、エアロ形状に挑んだ驚異のエアロミニベロということになります。
普通クロモリ系ミニベロというと、レトロデザインを売りにするのですが。
TERN GLEAMの場合、逆に時代の先を行き過ぎた仕様になっていますよ。
うわわわ……ケーブルもインターナル仕様ですか。
ci-760369_2.jpg
2019 TERN SURGE PRO DELTA
( ;゚ω゚)……このサージュプロは、アルミフレームでエアロ形状に挑んだミニベロモデルではないですか?
2019年モデルのTERNは、エアロミニベロのラインアップを増やしてきていませんか?
普通カーボンフレームでエアロミニベロを挑んできそうですが。
アルミとクロモリで、あえてエアロフレームに挑んでくる所がターンですね。
ci-760366_2.jpg
これ程ド派手なスペック構成で、エアロフィンクロモリフレームながら、デザイン的にはまとまっています。
(´・ω・`)……しかも逆スローピングフレーム……
クロモリフレームにフィン加工と溶接跡をなめらかにするスムースウェルディングを施した、80年代における最速仕様です。
あの当時は最速を出す為にいかにクロモリフレームをエアロ化するか?
ということに知恵を絞りましたが。
現在では、むしろそのデザインを楽しむ時代に。
ci-760366_5.jpg
ブレーキレバー Shimano, ST-R7000, 105, STI
2016年モデルの TERN GLEAMはWレバー変速仕様だったのですが。
今回はSTI仕様で行くのか……しかもいきなり新型105ですよ?
クロモリ系ミニベロ最速を狙っているかのような仕様ですね。
ci-760366_4.jpg
ハンドル  Kitt Custom, drop bar, 31.8Ø, 400mm
グリップ/バーテープ Kitt Custom, Black, Pinhole
ci-760366_3.jpg
ステム  Quill Stem, Alloy, 28.6Ø, 100mm
通常の ミニベロよりもステアリングのヘッド位置が高くなるため、 ミニベロ特有のハンドリング時のふらつきを軽減し、より安定したコーナーリングを行うことができる。
ci-760366_11.jpg
Die Cutting Head Badge
Anodized仕上げを施したアルミヘッドバッジが繊細な上質感を演出。
ci-760366_8.jpg
ci-760366_16.jpg
フォーク Tern x Kitt Design, Carbon blade fork
ブレ―キ TRP Mechanical Disc Brake
フォーク部はTERN GLEAM F1の為に、カーボンブレードフォークを専用設計。
しかもケーブルがインターナル仕様というこだわりだ。
クロモリ系エアロロードとしては、細部までエアロ形状を取りこんでいる。
ci-760366_9.jpg
ci-760366_19.jpg
フロントディレーラー Shimano, FD-R7000, 105
クランク Kitt Custom Alloy Crank, 44T, W/Alloy CNC Chain Guard, 170mm
ci-760366_18.jpg
ci-760366_17.jpg
ci-760366_15.jpg
タイヤ Schwalbe Durano, 451, 20×1-1/8 F/V
1.95の太いブロックタイヤを装着。見た目の男らしさだけでなく、クッション性の高い乗り味も魅力。
ci-760366_14.jpg
ホィール Wheels: Kitt Custom, Crow 3.5 for Disc Wheel Set, 35mm Height, F:24H, R:28H
ci-760366_13.jpg
ci-760366_22.jpg
ci-760366_21.jpg
リアディレーラー  Shimano, RD-R7000, 105
ci-760366_20.jpg
シートポスト Forged Alloy, ø27.2×300mm
サドル Kitt Custom, Comp Black

ci-760366_10.jpg
(´・ω・`)うーん。ターンはどちらかというとレトロ系ミニベロだった2016年モデルTERN GLEAMから、一気にスピードミニベロ路線に舵を切った訳ですね。
最近超軽量フォールディングモデルが流行していますが。
逆にターンは、スピードミニベロの路線で勝負を挑んでいる所が凄まじい。
しかもデザインが洗練されているので、ストリートでの使用を視野に入れている所がいいですね。
【先行予約受付中】TERN(ターン) 2019年モデル GLEAM F1 (グリームF1)[スポーティー][ミニベロ/折りたたみ自転車]

スポンサードリンク

2018年07月27日 トラックバック(-) コメント(-)