アルミモデル2019 Bianchi IMPULSO105とカーボンモデルINTENSO105のフレーム形状比較 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > アルミモデル2019 Bianchi IMPULSO105とカーボンモデルINTENSO105のフレーム形状比較

アルミモデル2019 Bianchi IMPULSO105とカーボンモデルINTENSO105のフレーム形状比較

cc-bianchi-impulso-105_1.jpg
2019 Bianchi IMPULSO105
ビアンキのレーシング性能を有したアルミビアンキモデル「IMPULSO」。
エンデュランスジオメトリーということで、ロングライドを楽しむ為のアルミロードモデルとなっていますが。
(´・ω・`)とはいえ、アルミビアンキモデルの中でレーシング性や剛性、加速性を高めた戦闘力本位のモデルである事は確か。
フルカーボンモデル「BIANCHI INTENSO」を、アルミモデル化したのが「Bianchi IMPULSO」なのですが。
いかに、両モデルが似ているのか改めてフレーム形状を確認してみたいと思います。
cc-bianchi-intenso-105_1vsdsd.jpg
2019 BIANCHI INTENSO105
で、これがフルカーボンモデル「BIANCHI INTENSO」なのですが……
(´・ω・`)ぱっと見、まるで見分けがつかない。
もちろん、よくよく見てみるとケーブル配置がインターナル仕様だったりしますが。
フレーム形状はほとんど、似通っている事が良く分かります。

巡行中スピードが上がってからの、速度の伸びが持ち味。
時速30km辺りからの、速度の伸びや、突進力はエントリーカーボンにしてはなかなか美味しい。
ゼロ加速性能はおっとりしているけど、衝撃吸収性にはあまり依存していないエントリーレーシングモデル。



では、ヘッド部を比較してみます。

cc-bianchi-intenso-105_9yhd.jpg
カーボンモデル 2019 BIANCHI INTENSO105 ヘッド周辺
見ての通り、実に長めに設定されたトップチューブ。
(´・ω・`)カーボンなので、ヘッドチューブ周辺は滑らかそのものです。
この長いトップチューブのお蔭で上半身上向き気味になり、実に楽な姿勢で走行可能。
やはりロングライドを視野に入れたエンデュランスレーシングモデルという事が分かりますね。
更にテーパードコラムにより剛性を確保しているので、巡行時速度を伸ばす際において抜群の安定感があります。

cc-bianchi-impulso-105_7.jpg
アルミモデル 2019 Bianchi IMPULSO105 ヘッド周辺
( ;゚ω゚)……似ている……というか、どこまでもカーボンモデルINTENSOのヘッド形状に、IMPULSOが近づけてあるというのが良く分かります。
しかも、意図的にヘッド周辺の接合部も目立たない様に処理されていますね。
アルミモデルIMPULSOには、ビアンキアルミモデルにおいて唯一「TRIPLE HYDRO FORMED TECHNOLOGY」を採用した、アルミモデルであります。

TRIPLE HYDRO FORMED TECHNOLOGY
トップチューブをヘッドチューブに溶接した後,金型に入れ再度一体成型(ハイドロフォーミング法)
- その後,さらに別の金型へ流し込み、一体成型の工程を再び行い形を整えることで 剛性を上げ,さらに美しいモノコックデザインが生まれます。

(´・ω・`)このハイドロフォーミング法が上手い具合に作用して? アルミモデルIMPULSOならではの加速性能を獲得。
カーボンフレームの形状を、アルミフレームで再現。
カーボンモデルのアルミ化に、成功したモデルといっていいです。
ゼロ加速時における加速も軽いし、スピードコントロール性能も優秀。
下手なカーボンフレームよりも、加速性が優秀。
衝撃吸収性は標準クラスとはいえ、石畳で走行しても速度や加速を殺さない、実にいい走りをするフレームです。


フォーク部を比較してみます。
cc-bianchi-impulso-105_14.jpg
アルミモデル 2019 Bianchi IMPULSO105 フォーク部
フォーク  Carbon Blade w/kevler,Alloy Steerer 1.1/8"
cc-bianchi-intenso-105_14jy.jpg
カーボンモデル 2019 BIANCHI INTENSO105 フォーク部
フォーク  Carbon with Kevlar 1.1/8"-1.5"


(´・ω・`)実はアルミモデルIMPULSOやINTENSOもカーボンフォークにケブラーを挿入した仕様になっています。
「KEVLAR VIBRATION ISOLATING DEVICE」
とは、カーボン素材にケブラーを挿入することで、路面からの振動を吸収するとともに、路面との接地感を向上させます。(K-VID)

石畳を走行しても衝撃を受けにくく、両モデル共に速度が逃げにくいのもこういうポイントからきているのでは。
やはりフレーム素材は違えど、姉妹モデルなんだと感じさせます。


ダウンチューブを比較してみます。
cc-bianchi-impulso-105_8.jpg
アルミモデル 2019 BIANCHI IMPULSO105 ダウンチューブ部
cc-bianchi-intenso-105_13cs.jpg
カーボンモデル 2019 BIANCHI INTENSO105 ダウンチューブ部

オーバーサイズのダウンチューブとチェーンステイからの確実な加速を提供するように最大化。
Infinitoと共有されているジオメトリを使用すると、自信を持ってスピードで操縦し、リラックスしながらより速く、より遠くに快適に滞在できます。


BB部
cc-bianchi-impulso-105_16.jpg
アルミモデル 2019 BIANCHI IMPULSO105 BB部
BB  Shimano BB-RS500
cc-bianchi-intenso-105_17gtdeg.jpg
カーボンモデル 2019 BIANCHI INTENSO105 BB部
BB  Shimano BB-RS500

アルミモデル IMPULSOもカーボンモデルINTENSO両モデル共に、チェーンステー部に多角形な断面形状「BIANCHI ACTIVE TECHNOLOGY」を採用。

Bianchi Active Technology
ペダリングパワーを無駄なく伝達しながらも、多方向の様々な挙動変化に対応する剛性バランスを実現。(BAT)

速度域は違えど、両モデル共に速度を伸ばせる性能は、このチェーンステーの断面形状を採用しているからだと推測。
BBはShimano BB-RS500を両モデル共に採用。
(´・ω・`)ただ、ビジュアル的にはアルミモデル IMPULSOの方が溶接箇所が目立ちます。


シートステー部を比較。
cc-bianchi-impulso-105_3.jpg
アルミモデル 2019 Bianchi IMPULSO105  シートステー部
cc-bianchi-intenso-105_4ty.jpg
カーボンモデル 2019 BIANCHI INTENSO105 シートステー部

( ;゚ω゚)……アルミモデル IMPULSOもカーボンモデルINTENSOも、シートステー部の見た目まるで変わらない……

ただし、カーボンモデルINTENSOはフォーク部と同じく、シートステー部にケブラーを挿入。
INTENSOが長距離に強いポイントにはなっていますが。

(´・ω・`)ただ、アルミモデル IMPULSOはシートステーがアルミなので剛性面でアドバンテージがあると思う。
だからこそ、あのIMPULSOらしい加速性性能を獲得出来たのでは。
フレーム形状こそ近いですが、採用する素材によって走行性能が異なる典型みたいなモデルだと思う。
Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル IMPULSO105 (インプルーソ105)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年08月03日 トラックバック(-) コメント(-)