2019 TERN VERGE N8 カーボンバトンクリンチャーホイールカスタム例 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > TERN(DAHONブランド) > 2019 TERN VERGE N8 カーボンバトンクリンチャーホイールカスタム例

2019 TERN VERGE N8 カーボンバトンクリンチャーホイールカスタム例

cc-tern-vergen8_11dcas (2)
2019 TERN VERGE N8
(´・ω・`)2019年モデルの TERN VERGE N8は、2018年モデルから継続になるそうで。
ドロップハンドル仕様&カーボンバトンホィールのカスタムを見た事がなかったので、興味をそそられる。

cc-tern-vergen8_11dcas (3)

小径車専用カーボンバトンクリンチャーホイール「TERN(ターン) Kitt design CarbonTri-spoke Wheelをフロントとリアに装着すると、こうなる。
よくよく見て見ると、Wレバーをブレーキレバーの上に配置したSTI型ブレーキレバー仕様ではないですか?
(´・ω・`)カーボンバトンクリンチャーホイールを履かせた、最新仕様なのにレトロ感があっていいな。

Kitt design CarbonTri-spoke Wheelは、多様な規格をフォローするため、ETRTO406/451の両規格やDisc仕様など幅広いサイズと種類をラインナップ。
リアホイールは11速まで対応可能で、9 ~10速用スペーサーも付属している。

かといってスピードミニベロ化だけではなく、ツーリングミニベロにもTERN VERGE N8は対応可能。
フェンダーを装着しCargo Rackを用意してあげれば、パニアバック等を取り付けツーリング仕様にもいける。
DSCN9925gr.jpg
TERNドロップハンドルモデルVERGE X18とか、復活しないかな。
軽やかに、スピードに乗せる事が得意なドロップハンドルミニベロモデルだったけど。
なんだかんだでVERGEフレームって、フラットバーバンドルよりもドロップハンドルの方が相性がいいと思う。
つまり、潜在的にVERGEフレームの実力は、スピードミニベロ化出来る能力を有している訳ですよ。
cc-tern-vergen8_18.jpg
標準でTERN VERGE N8はフロントシングル仕様。
台座があるため、参考例の様に後付けでフロントダブルに変更が可能。
旧VERGE X18は確か、旧SORAスペックだったけど。
(´・ω・`)ドロップハンドル仕様のVERGEが欲しければ、現状ではカスタマイズすればOK。
その為のベースが、 VERGE N8には用意されている。
cc-tern-vergen8_11dcas (1)
560mmのハンドルバーと350mmのハンドルポストを搭載する事で、よりスポーティに。日本人の体格に合わせたセッティングが魅力。
VERGE N8は、実に良く走るフォールディングモデル。
小径車というよりはクロスバイクに近い走行性能だ。
cc-tern-vergen8_13.jpg
シフター  Shimano SL-M310, Altus, Rapidfire, 8spd.
カジュアルスポーツライディング用のベーシックコンポーネントでもあるアルタスを採用。
スポーツバイクビギナーの方にも使いやすく、中短距離のスポーツ走行を楽しむのに最適。

旧クラリス2400系時代に、アルタススペックのシフターで、クラリスリアディレーラーを変速操作したことがあったけど。
相性は実に良かったですよ。
現在のR2000系クラリスリアディレーラーとの相性は、どうなんだろう?
cc-tern-vergen8_20.jpg
リアディレーラー Shimano, RD-R2000, Claris, 8spd.
カセット Shimano, CS-HG41, 11-32T, 8spd
リアディレーラーにはShimano Claris, RD-R2000 8spd. 最新版を採用。軽快で確実な変速フィーリングを実現。
シンプルなフロントシングルで、必要最低限な8Spd。確実なシフティングと、郊外のサイクリングまでカバーできるギア比を提供します。

(´・ω・`)MTB系コンポーネントAltus,Rapidfireで、ロード系コンポ Shimano Clarisをリア変速する形。
最近コーダーブルームのスピードミニベロRail20もAltus,Rapidfireで、ロード系コンポ Shimano SORAをリア変速するスタイルをとっています。
変速段数も簡単に確認出来るし、フラットバー変速操作そのものは誰にでも扱えます。
フラットバーで、スピードの出るVERGE系フレームを気軽に楽しめる。
cc-tern-vergen8_14.jpg
ハンドルポスト Physis 3D QR, aluminum, 350mm, 12deg. / sand black
ハンドルポストは取得して5つの特許を利用して製造されており、3D鍛造と呼ばれる特別な製造プロセスにより今までになかった強固さを実現。

ラゲッジソケットにラゲッジトラスを装着することで、より手荷物などを運ぶのに便利な自転車となります。
cc-tern-vergen8_16.jpg
フレーム  Hydroformed aluminum, OCL joint
cc-tern-vergen8_24.jpg
フォーク Integrated, Hi-tensile steel
フロントホィール  Mini, aluminum, doublewall, QR, 74mm, 20H / all black
ストレートでスチールながらエアロ効果を発揮するフォーク。リムは三角形状のダブルウォールリムを採用し見た目と強度が向上。
車体を折りたたんだ際、簡単に開かれないようマグネットが付属。
cc-tern-vergen8_17.jpg
cc-tern-vergen8_15.jpg
cc-tern-vergen8_19.jpg
走行中のねじれなどを計算し新たに作られたTernを代表する3Dフレーム。フレーム自体の強度化と後輪へのパワー伝達など、ライダーのパフォーマンスを最大限に引き出すことが出来る最新技術を用いて作られた。
cc-tern-vergen8_25.jpg
クランク  Cold-forged 6061 aluminum, 52T
cc-tern-vergen8_26.jpg
cc-tern-vergen8_22.jpg
cc-tern-vergen8_21.jpg
リアホィール  Formula, doublewall, QR, 130mm, 28H / all black
タイヤ  Schwalbe Kojak, 406, 20×1.35 F/V
シュワルベ社製のKojacタイヤは転がり抵抗が少なく路面を非常に快適に走ることが可能です。エアボリュームも十分にあり、レーシーすぎないタイヤに仕上がりました。
cc-tern-vergen8_23.jpg
シートポスト SuperOversize, 6061-AL, micro-adjust clamp
cc-tern-vergen8_12.jpg
折り畳みサイズ W79×H72×D38cm
8速
重量 11.0kg

TERN(ターン) 2019年モデル VERGE N8 (ヴァージュN8)[スポーティー][折畳み]

スポンサードリンク

2018年08月06日 トラックバック(-) コメント(-)