2019 Bianchi ZURIGO SRAM APEX やはりシクロクロスモデルは「担ぐ」事も重要なバイクなんですね。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2019 Bianchi ZURIGO SRAM APEX やはりシクロクロスモデルは「担ぐ」事も重要なバイクなんですね。

2019 Bianchi ZURIGO SRAM APEX やはりシクロクロスモデルは「担ぐ」事も重要なバイクなんですね。


ci-760267_2.jpg
2019 Bianchi ZURIGO SRAM APEX 価格183,600円 (税込)
2018年モデルより、1X11化した名アルミシクロクロスモデル「ZURIGO」。
クラシカルなシクロクロスモデルから、最新の仕様に変更され斬新なモデルチェンジを果たしたわけですが。
(´・ω・`)今年は、マットブラックカラーで行くのか……渋いな。
でもZURIGOって、ブラック系カラーが多かった訳で。
ある意味、今までのZURIGO伝統のカラーリングを引き継いだ形になるな。



ci-512205_1yet.jpg
2019 Bianchi IMPULSO ALLROAD105 DISC 価格246,240円 (税込)
(´・ω・`)カラーリングに関しては、IMPULSO DISKとコラボした形になっています。
105仕様グラベルロードのスペックを有した IMPULSO ALLROAD105 DISCも、なんとマットブラックカラー仕様。
2019年モデルから新型シマノ105 7000系を採用し、油圧ディスク仕様。
文字通り悪路を、長距離走る為の仕様になっています。


ci-760267_2.jpg
2019 Bianchi ZURIGO SRAM APEX
(´・ω・`) シクロクロスモデルZURIGOの場合は、急坂やシケインなどを突破する為に、肩でバイクを担ぐ為の仕様になっています。
トップチューブ下部はフラット形状になっているし、メカニカルディスクやカーボンフォークで軽量化も視野に入れている。
ある意味、乗り降りの激しいシクロクロス競技の為のバイクですね。
シクロクロスって、短時間の間に障害物を突破しなくてはならない激しい競技じゃないですか?
更には舗装路を走る為の走行性能も必要な訳で。

だから長時間悪路を走破する為のグラベルロードと、「担ぐ」事前提のシクロクロスモデルとは性格が異なる乗り物というか。
やはりZURIGOは「担ぐ」事も重要なバイクなんですね。
ZURIGOはワイヤー類も身体に干渉されないよう配置されていたりします。

もちろんZURIGO SRAM APEXは、長距離ツーリングに対応する為のダボ穴を用意してくれているのが嬉しい点なんですよね。
キャリアを積載し、荷物の運搬も可能。
ビアンキは以前からシクロクロス競技だけを視野に入れていない、万能型シクロクロスモデルを毎年世に送り出している。
ci-760267_15.jpg
クランクセット Sram Apex1 40T、170mm
CHAIN  Shimano 105
ci-760267_11.jpg
スプロケット  Sram Apex1 11sp 11/42T
前Sram Apex1 40T、後 Sram Apex1 11sp 11/42Tのスーパーワイドスプロケット仕様!!
やはりシクロクロスモデルという事で、急勾配にも対応可能なギア比設定になっている。
ci-760267_3.jpg
ci-760267_4.jpg
ステム JD JD-ST182A、90/90/100mm
ハンドルバー JD JD-RA35A 31.8mm、420/420/440mm
グリップ MHL ST-S100-A2

ci-760267_20.jpg
フレーム  Full Alloy PF30
シクロクロス競技中、フレームを担ぎやすい様にケーブルをトップチューブ上部に配置。
(´・ω・`)ところで、 IMPULSO ALLROADにも、謎のバーコードみたいなデザインがあしらわれている。
デザイン的には義兄弟みたいな感じ?
ci-760267_5.jpg
ci-760267_8.jpg
シフター Sram Apex1
ci-760267_10.jpg
ヘッドセット  Fsa Orbit C-40-ACB
ci-760267_12.jpg
フォーク Carbon with Alloy Seerer 1.1/8"-1.5"
ci-760267_13.jpg
ブレーキ Sram BB7
カーボンフォークに、軽量メカニカルブレーキSram BB7を採用。
エントリーモデルといえど可能な限り担ぐ為の、軽量化を行っています。
ci-760267_19.jpg
ci-760267_7.jpg
フロントハブ Formula RX-25
リアハブ Formula RX-2611
リム Alex AT470 32H

ci-760267_17.jpg
BB  Sram BB-PF30-B2
ci-760267_16.jpg
リアディレーラー Sram Apex1
ci-760267_14.jpg
ci-760267_18.jpg
タイヤ Kendo Happy Medium 700x35C
タイヤセンターは、舗装路での走行に適したパターン。
コーナリング時、サイドのブロックのグリップ力に期待できる。
ci-760267_9.jpg
シートポスト JD JD-SP02.1 31.6×350mm
シートクランプ  Promax MX-112C 35mm
サドル Fizi:k Aliante R5 Versus Evo

【先行予約受付中】【ボトルプレゼント】Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル ZURIGO SRAM APEX (ズリーゴスラム エイペックス)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年08月12日 トラックバック(-) コメント(-)